記事一覧

2017/3/7 動き

NYダウ
20,954.34 -51.37 (-0.24%)
キャプチャ

米国国債10年
2.500 +0.007 (--%)
キャプチャ


「フランク・ミュラー」を連想させる腕時計「フランク三浦」の商標が有効かどうかが
争われた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷
フランク・ミュラー側の上告を退ける決定をした
フランク三浦の製造販売会社が勝訴した知的財産高裁判決が確定

セメント国内需要の低迷が続く
高層ビルの工法が鉄骨にシフトしているのが逆風
2020年の東京五輪や再開発関連工事の本格化による需要増を打ち消しかねない
都心で進む再開発プロジェクトは建物が高層・大規模化する傾向にあり
「18、19年度にピークを迎える」のがゼネコンの一致した見方

米国発アジア向けのコンテナ輸送量
2016年
前年比6.7%増
前年比でプラスになったのは13年以来
主要輸送先の中国向けが底堅い景気を背景に増
中国の金属スクラップや木材の輸入が拡大
製造拠点の進出が目立つベトナム向けは4割以上増

鉄鋼・機械株
景気に敏感な業種への強気の見方が増
鉄鋼・機械株に「強気」とする回答(QUICK月次調査)が2007年10月以来
9年5カ月ぶりの多さ
商品市況の改善で業績が上向くとの見方が広がる

7832 バンダイナムコホールディングス
東京新宿にVR大型施設を開業する
VR施設としては国内最大となる見通し
アニメや漫画のキャラクターを活用するなどして幅広いVRコンテンツをそろえ
VR時代のエンターテインメント事業の確立を目指す

9861 吉野家ホールディングス
既存店売上高は3カ月連続で減
マイナス基調が鮮明に
牛丼チェーンの競合店や外食大手が新メニューを相次ぎ
開発し集客数を増やすなか牛丼を軸とするビジネスモデルに限界が見えつつある

4004 昭和電工
2002年12月期以来14期ぶりに「無配」に転落
上場子会社の昭光通商の決算取りまとめが遅れて前期の計算書類が確定できないため
定時株主総会に配当議案を提出できなくなった

中国
鉄鋼と石炭の能力削減を徹底するため
来週から全国一斉査察を始める
査察チームを各地に派遣し本当に設備を廃棄しているかなどを確認
取り組みが遅れた地域は責任を追及する
中国では地域間で経済状況の格差が開いており
地域ごとに改革への温度差が大きいため強硬策で対応

9509 北海道電力
風力発電の電気の買い取りを今後10年ほどで4倍に増
風力事業者と北電が電気をためる蓄電池を共同で設置
風の吹き方による稼働率の変動をならせるようにする
発電時に電気をため需要に応じて放出
北海道は国内有数の風力発電の適地本格的に導入が増えれば再生可能エネルギーの普及に弾み


宅配ビジネス
成長を続けてきた宅配ビジネスが構造転換を迫られる
インターネット通販の拡大と人手不足で荷物が増えるほど人件費が膨らむ「利益なき繁忙」に宅配各社は苦しむ
細かい時間帯配送や送料無料といったサービス競争はもはや限界に
ヤマト運輸に続いて値上げに踏み切る動きが広がる可能性


日経平均株価
19,344.15 -34.99 (-0.18%)
キャプチャ

東証2部指数 5,812.15 +46.32 +0.80%

マザーズ指数 1,071.12 -9.33 -0.86%


金先物
1,223.20  -2.30 (-0.19%)
キャプチャ

銅先物
2.63 -0.01 (-0.53%)
キャプチャ

WTI原油先物
53.26  +0.06 (+0.11%)
キャプチャ

台湾
台湾ドル上昇基調一服
急ピッチで年初から約5%上昇
約2年ぶりの高値を付けたが3月に入って下落に
景気回復や海外の投資資金流入で上昇基調は今後も続くとの見方が多い
ただ米国のトランプ新政権の貿易政策への警戒感もくすぶる

政府
市町村などが手掛ける水道事業の統合・広域化を促進する水道法改正案を閣議決定
都道府県に再編計画の策定を求め経営規模の拡大によって設備更新などに対応できるようにする
今国会での成立2018年度の施行を目指す
市町村が主に担う水道事業は人口減などを背景に赤字体質のところが多い
都道府県を広域連携の推進役とし、経営基盤の強化を通じて水道網の維持につなげる

メキシコ
国内自動車生産台数
17年2月
国内自動車生産台数
前年同月比11.1%増
2月の生産台数としては過去最高を更新
米国向けが大半を占めている輸出が9.7%増の24万909台と好調全体をけん引

フランス
共和党
フィヨン元首相大統領選候補
家族への不正給与疑惑が拡大への対応を協議
党幹部のラルシェール氏は会合後「フィヨン氏支持を全員一致で再確認した」と表明
引き続きフィヨン氏は大統領選候補にとどまる
だが党内には「フィヨン氏では勝てない」との不満がくすぶっている


9064 ヤマトホールディングス
一時、前日比99円(4.1%)高の2540円まで上昇
7日付の日本経済新聞朝刊が傘下のヤマト運輸が「9月末までに宅配便の基本運賃を引き上げる方針を固めた」
主力の宅配便の収益が改善するとの見方から買いが入った
3/3終値:2,441.0
3/6
終値:2,452
始値2,540
高値2,540
安値2,443

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』