記事一覧

2017年3/6~3/10までの動き~リスクイベくるね(人◕ω◕)

2017年3/6~3/10までの動き

指標関連

【WTI原油、金先物価格、日経、ダウ、CME日経先物複合】
2017年3/6~3/10までの動き
7D
キャプチャ


【日経平均、ドル円】
2017/3/10 19,604.61(先週金曜19,469.17 +135.44 先週比+0.70%) 
日足
キャプチャ

キャプチャ






【ダウ、米国国債10年】
2017/3/10  20,902.98(先週金曜21,005.71 -102.73 先週比-0.49%) 
日足
キャプチャ





2.574(先週金曜2.482 +0.09 先週比+3.71%) 
キャプチャ



【上海総合指数】
2017/3/10  3,212.42(先週金曜3,219.18 -6.76 先週比-0.21%) 
日足
キャプチャ






【日経外資系売買動向】
2017/3/10
キャプチャ


キャプチャ



【Gold、Copper、WTI原油先物】
日足
2017/3/10
キャプチャ

キャプチャ

キャプチャ




週間動きまとめ
OIL 53.34(月8:00)→53.23(土6:58)
GOLD 1,233(月8:00)→1,235(土6:58)
USDJPY 114.09(月8:00)→114.01(土6:58)

日経平均株価 19,379.14(月終値)→19,604.61(先週金曜19,469.17 +135.44 先週比+0.70%) 
日経平均先物CME 19,465(月8:00)→19,445(土6:55) (先週追えた最後値19,475 -30.00 先週比-0.15%)
NYダウ 20,954.34(月終値)→20,902.98(先週金曜21,005.71 -102.73 先週比-0.49%)


週間主なニュース

水道事業広域化
厚労省
市町村などが手掛ける水道事業の広域化を促進
都道府県ごとに再編計画の策定を求め助成制度を検討
今通常国会に提出する水道法改正案に盛り込み2018年度の施行をめざす
水道は人口減で需要の減少が続き老朽化した設備更新負担も
経営規模を拡大しライフラインである水道網を維持する


安倍首相
待機児童の解消に向けた新プランを6月に策定する方針
政府は2017年度末に待機児童をゼロにする目標を掲げていたが達成は困難な見通し
保育施設の拡充策を打ち出し働く女性を後押しする政府の姿勢を示す狙い

ドイツ
ドイツ銀行
約80億ユーロ(約9700億円)の資本増強を柱とした新しい経営計画を決定
グループ会社のポストバンクの売却は取りやめ
増資で財務基盤を強化しつつ、リテール業務の拡充を図る
信用力と収益力の双方を高めることを狙っているが経営再生が軌道に乗るかは予断を許さない

フランス
大統領選共和党
フィヨン元首相
選挙戦から撤退するよう求める圧力が強まる
家族への不正給与疑惑が拡大しているため
5日までに選対事務局長や広報担当者らが相次ぎ辞任
共和党は6日に臨時会合を開き対応を協議
フィヨン氏は選挙戦を続行する構え
党内では予備選で争ったジュペ元首相の擁立をめざす動き
(その後党内で認めることが決まったがこれでは戦えないと不満は燻ってるもよう)

セメント国内需要の低迷が続く
高層ビルの工法が鉄骨にシフトしているのが逆風
2020年の東京五輪や再開発関連工事の本格化による需要増を打ち消しかねない
都心で進む再開発プロジェクトは建物が高層・大規模化する傾向にあり
「18、19年度にピークを迎える」のがゼネコンの一致した見方


米国発アジア向けのコンテナ輸送量
2016年
前年比6.7%増
前年比でプラスになったのは13年以来
主要輸送先の中国向けが底堅い景気を背景に増
中国の金属スクラップや木材の輸入が拡大
製造拠点の進出が目立つベトナム向けは4割以上増

鉄鋼・機械株
景気に敏感な業種への強気の見方が増
鉄鋼・機械株に「強気」とする回答(QUICK月次調査)が2007年10月以来
9年5カ月ぶりの多さ
商品市況の改善で業績が上向くとの見方が広がる

中国
鉄鋼と石炭の能力削減を徹底するため
来週から全国一斉査察を始める
査察チームを各地に派遣し本当に設備を廃棄しているかなどを確認
取り組みが遅れた地域は責任を追及する
中国では地域間で経済状況の格差が開いており
地域ごとに改革への温度差が大きいため強硬策で対応

9509 北海道電力
風力発電の電気の買い取りを今後10年ほどで4倍に増
風力事業者と北電が電気をためる蓄電池を共同で設置
風の吹き方による稼働率の変動をならせるようにする
発電時に電気をため需要に応じて放出
北海道は国内有数の風力発電の適地本格的に導入が増えれば再生可能エネルギーの普及に弾み

宅配ビジネス
成長を続けてきた宅配ビジネスが構造転換を迫られる
インターネット通販の拡大と人手不足で荷物が増えるほど人件費が膨らむ「利益なき繁忙」に宅配各社は苦しむ
細かい時間帯配送や送料無料といったサービス競争はもはや限界に
ヤマト運輸に続いて値上げに踏み切る動きが広がる可能性
(その後国も支えに動き出す)

9064 ヤマトホールディングス
一時、前日比99円(4.1%)高の2540円まで上昇
7日付の日本経済新聞朝刊が傘下のヤマト運輸が「9月末までに宅配便の基本運賃を引き上げる方針を固めた」
主力の宅配便の収益が改善するとの見方から買いが入った
3/3終値:2,441.0
3/6
終値:2,452
始値2,540
高値2,540
安値2,443

メキシコ
国内自動車生産台数
17年2月
前年同月比11.1%増
2月の生産台数としては過去最高を更新
米国向けが大半を占めている輸出が9.7%増の24万909台と好調全体をけん引

政府
「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」の改正法案閣議決定
19年度液晶パネルや蓄電池などの原料に使う化学物質の生産規制を緩める
比較的新しく開発された化学物質について現行法で設定している生産量の上限
算定方法の変更によって実質的に引き上げる
原料供給を円滑にして有望分野の製品の生産拡大に

※比較的新しい化学物質について国内メーカーの生産・輸出量が全企業合計で10トンを超えると
生産を止めて安全性のデータをそろえて検証しなければならなくなる
検証には1年以上かかるため上限を超えると原料供給が滞り製品をつくれなくなる
これが海外への工場移転の一因になっているとの見方

中国
17年に3500億元(約5兆8千億円)規模の企業減税を実施
製造業や中小企業を対象にする
個人を対象にした所得減税も検討する
景気対策の軸足を副作用が目立つ金融緩和から
減税を柱とした財政出動に移す
一部の企業が重い負担を懸念し海外に工場を移す動きにも歯止め

南アフリカ
2016年10~12月期GDP
前期比年率0.3%減
同7~9月期の0.4%増から3四半期ぶりにマイナス成長に
資源需要の回復が一服し鉱業・採石業の生産が11.5%減と大きく落ち込んだことが要因



建設機械レンタル
2016年度建機レンタル市場規模は約1兆3500億円
前年度比8.9%拡大
東京都心の再開発プロジェクトや熊本地震の復興事業向けにレンタル建機の需要が高まった

半導体用シリコン
2017年国内生産量
16年比2%増
4年連続で増加
過去最高だった10年に次ぐ量
IoT機器の普及に加えてデータセンター用メモリーの需要拡大が寄与

東南アジア
新車販売台数
主要6カ国
17年1月
前年同月比5%増
ベトナムを除5市場で販売が伸びた
域内第2の市場のタイが昨年の減少の反動で大幅増
景気拡大が続くフィリピンも大幅に伸び東南ア全体の新車販売を押し上げた

米国
モノの貿易
対日赤字は54億7300万ドル
前年同月比12%増
国別では中国に次ぐ2位
対日貿易赤字は自動車関連が44億ドルと全体の大半を占める
トランプ米政権は2国間の貿易赤字を問題視しており
4月に予定する日米経済対話でも貿易不均衡が議題となりそう

財務省
国際収支統計
前年同月比経常黒字88%減
原油価格の上昇が経常黒字の押し下げ要因
原油高で貿易収支が赤字になったのが主因
2016年は原油安が経常黒字の拡大を支えたが
17年は一転して原油高が経常収支を押し下げる構図に

閣府
2016年10~12月期GDP改定値
物価変動を除いた実質で年率1.2%増
速報値(1.0%増)から上方修正
民間設備投資が前期比2.0%増(速報値は0.9%増)に上振れしたことが主な背景

中国
17年2月
貿易統計
ドル建て輸出から輸入を差し引いた貿易収支91.5億ドル(約1兆400億円)の赤字
赤字は3年ぶり
輸出が低迷する一方、原油や石炭など資源価格の上昇で輸入が膨らんだ
2月は春節の大型連休の影響で中国の統計は振れやすく
単月で貿易の先行きを判断するのは難しい
輸出は前年同月比1.3%減
2カ月ぶりに前年水準を下回る
米国、欧州、日本と主要輸出先が前年割れ
携帯電話や集積回路は好調
衣類など軽工業が減

【訪問関連】
サウジアラビア
サルマン国王アジア歴訪の一環で12~15日訪日
サウジ国王の来日は1971年のファイサル国王以来46年ぶり
石油だけに頼らない国を目指す経済構造改革の実現に向けた協力拡大を確認

タブレット
国内出荷
2016年初めてマイナスに転る
前年比6.9%減
大画面化や高機能化が進むスマートフォンが市場を侵食していることが背景に
2010年の調査開始以来出荷台数が減少したのは初めて
タブレットは米アップルが同年に発売したiPadが市場をけん引
市場の約8割家庭向けの出荷台数は前年比0.7%増
ほぼ伸びが止まった
ビジネス向けは25.5%減の178万台と大幅に落ち込んだ
iPadに続く画期的な製品が登場していないことがマイナス成長につながっている

金価格
国内外で下げ基調鮮明に
3月中の米利上げ観測の急浮上で保有しても金利の付かない金に売り圧力が強まった
3月に入って米連邦準備理事会(FRB)イエレン議長が3月利上げに意欲的な発言を示し
市場では「3月利上げを織り込み始めた」
2月下旬の年初来高値比約4%安

ステンレス鋼板
3月契約分のステンレス鋼板の国内販売価格を
全品種で引き上げ(新日鉄住金ステンレス)
全品種を対象とした値上げ表明は4カ月連続
主に住宅設備機器に使うニッケル系薄鋼板
前月比で3%
業務用厨房に使うクロム系は7%それぞれ引き上げ
原料クロム価格の上昇が値上げ理由
最近の円安・ドル高傾向も原料価格上昇の一因

フェノール(合成樹脂や接着剤などの原料)
国内大口取引価格下げに転じた
前月比べ1.5%安い
原料ベンゼンの値下がりをフェノールの出荷価格に反映した形
指標価格の下落は5カ月ぶり


内航貨物船輸送量
2016年度上半期(4~9月)
前年同期比3.3%減
熊本地震で自動車の輸送量が減ったほか建設工事の
進捗の遅れを背景に鋼材の荷動きも低迷

パラキシレン(合成繊維、ポリエステルの原料)
アジア向け輸出価格が小幅に上昇
前月比べ0.6%高
上昇は3.カ月連続
世界最大の需要国である中国の合繊生産が活発なことが原料価格を押し上げている。
中国では春節(旧正月)休み後の合繊メーカーの生産が回復現在の稼働率は80%

介護現場でVR機器、ウエアラブル端末を使うサービスが広がる
認知症の感覚を追体験
患者の健康状態を効率的に管理
2025年には介護士など約40万人の人材が不足するとの試算も
最新のIT機器を取り入れ現場の負担を軽くし担い手不足を補う

金融庁
インターネットで取引する仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を使った金融取引について
海外の金融当局などと連携して国際的な実証実験に乗り出すと発表
日本政府がブロックチェーンの国際実験に携わるのは初めて
同技術の活用について研究し国内外での金融取引の利便性向上につなげる

「客貨混載」
政府
規制改革推進会議
宅配便の荷物を旅客用バスで輸送する「客貨混載」について規制を緩和する検討を始める
あいまいな積載基準を見直し積める荷物の量や種類を広げる
バスによる宅配物の輸送を増
宅配ドライバーらの負担軽減
地方では人口減少で路線バスの存続が課題になっているためバス路線の維持にもつながる

宅配各社がインターネット通販会社やコンビニエンスストアと連携して再配達の削減に
9064 ヤマトホールディングスは今春にもネット通販で駅や商業施設にヤマトが設けた宅配ロッカーを
再配達だけでなく初回の配達から使えるように
佐川急便と日本郵便はコンビニで商品の受け取りをしやすくする考え
作業者の負担を増している再配達を減らし物流網の維持を目指す

欧州中央銀行(ECB)
ドラギ総裁
同スタッフによる最新の経済予測を発表
インフレ率の見通しについては2017年を1.7%
前回16年12月時点の1.3%から大幅に引き上げ
18年は1.6%と前回(1.5%)から小幅に引き上げ
また、金融政策の現状維持を決めた
ユーロ圏の物価は急回復しているものの
持続力に欠けると判断
選挙ラッシュの欧州で政治リスクなどを見極めるため
現時点で大きな政策変更は避けたいとの思惑も

鋼材価格
店売り市場での上昇が一服
店売り向けの多い建築用鋼材で値上がりを見越した
早めの調達が一巡しているため
原料高などを理由に鉄鋼メーカーは販価の追加引き上げを進めるが
流通段階での需要家への転嫁が遅れている
流通市場で上値の重い状態が続けばメーカーの値上げ戦略に影響を与える可能性も

ナイロン
原料となるカプロラクタム値上がり
2月分の契約価格
前月比11%高
上昇は4カ月連続中国の供給減少が影響

鉄スクラップ(電炉の製鋼原料)
輸出価格が反発
3月契約分の輸出入札の落札価格
前月比2割高(1トン3万1168円)
2年半ぶりに3万円台に
米国でアジア向け鉄スクラップの輸出価格が急上昇
日本にも波及

オフィスビル空室率
東京都心5区
2月末3.70%と前月比0.04ポイント下がった
新築ビルを中心に成約が進む

アジア
アジア企業の業績足踏みは銀行経営にも影を
主な33金融機関の2016年度純利益は1731億ドル(約19兆7千億円)
前年度比9%減
減益は2年連続
下落幅は「Asia300」企業全体(5%)より大
中国や資源関連の貸出先で損失引当金を積み増したことなどが響いた

米国原油
米シェールオイルの増産で原油在庫が記録的な水準に積み上がる
米シェール企業が生産を強化しているため
エクソンモービルなど石油メジャーも本格的にシェール事業に取り組み始め
当面、シェールの増勢が続く可能性が高い
OPECの減産効果を薄めかねないとしてサウジアラビアは警戒感を強めている

中古車競売価格
17年2月4.8%下落
10カ月連続マイナス
(業者向けオークションの平均落札価格)
輸出減少による需要低迷が続いている
スリランカやアフリカ諸国に加えシンガポール向けの失速が鮮明に

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』