記事一覧

2017/3/22 朝刊Ver

韓国
造船会社
韓国の現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋の3大造船会社に
業績回復の兆しが出てきた
液化天然ガス(LNG)運搬船の需要増加を背景に長い低迷から回復に向かう見通し

特許庁
商品のデザインなどの意匠権を海外に出願する際に数年後をめどに電子申請ができるように
現在は書類での提出が必要で申請書類の取り寄せや現地の代理人への依頼などで登録に時間がかかり
その間に登録した他国の企業に権利を取られてしまう可能性がある
手続きの円滑化で知的財産保護につなげ、日本製品の模倣品対策を強化

米国
商務省
2016年通年の米経常赤字は4812億600万ドル(約54兆1800億円)
15年比で3.9%増
3年連続で増
08年以来8年ぶりの高水準
経常赤字が国内総生産(GDP)に占める比率は2.6%で15年から横ばい

宅配便サービス問題
自民党
働き方改革特命委員会
長時間労働の是正に向けた提言案をまとめた
宅配便サービスで問題となっている過重労働解消のため通販会社を含む協議体をつくり
宅配事業者の取引条件の改善策を検討することなどを盛り込んだ
政府が月内にまとめる働き方改革実行計画に反映させたい考え

鋼材販売価格(電炉大手の東京製鉄)
4月契約分の鋼材販売価格を前月から据え置くと発表
販価の現状維持は2カ月連続
同社は昨年秋から値上げを進めてきたが
流通(店売り)市場での転嫁は遅れている市中で鋼材の需要は一服しており追加値上げの時期を見極める考え

アルバイトやパートの平均時給が一段と上昇
求人情報大手がまとめた2月の平均時給は軒並み1000円を上回り値上がり傾向が鮮明
例年2月は高時給の募集が一服し上昇ペースは緩やかになりがち
今年は人手不足を背景に外食店の店員や一般事務員などの賃金が高まり全体の水準を押し上げた

原料炭
製鉄原料の原料炭で値下がりが一服
中国が石炭の生産調整を継続する方針を示し供給過剰はひとまず回避されるとの見方が出た
世界的な鋼材価格の反発も下支えする
原料炭は昨年から中国の政策で価格が乱高下し
高炉の調達戦略を揺さぶる今後も中国での生産調整の実効性は不透明

7011三菱重工業
国産ジェット機「MRJ」の追加費用の発生などが懸念材料で足元の株価は昨年末に比べて1割安い
IHIなど同業他社に比べて出遅れが目立つ
構造改革で販管費の削減などに取り組むが
2018年3月期で3000億円台半ばとしている連結営業利益の目標についても達成は難しいとの見方が多い

コンビニ
来店客数(全店ベース)
前年同月比1.3%減
2011年3月以来71カ月ぶりにマイナス
前年がうるう年で日数が1日多かった反動が大きい
全店売上高は48カ月連続のプラスだが伸び率は0.2%にとどまる
コンビニ間の顧客獲得競争は激しさを増している

食品スーパー
2月食品スーパーの全店売上高
既存店の販売実績は前年同月比2.5%の減収
5カ月ぶりの前年割れ
うるう年の翌年で営業日が1日少なかったことが響いた

8058 三菱商事
オーストラリアにある発電用石炭鉱山の権益を売却する検討
同社が世界に持つ全権益の3割に当たる規模
売却額は数百億円の見通し
同事業を縮小する一方鉄鋼用石炭など有望な資源は新たな権益取得を目指す
競争力のある資源分野への絞り込みを加速

粗鋼生産量
2月
前年同月比0.1%減
うるう年の2016年2月より日数が少なかったため3カ月ぶりに前年同月実績を下回った
1日あたりの粗鋼生産量は3.5%増
自動車や建築などの需要が底堅く回復基調が続いている

公示地価
2017年
全国平均が2年続けて上昇
緩やかな回復基調が鮮明になった
けん引したのは旺盛な訪日客需要とまちの中心部への回帰
短期的な値上がり益に期待した投資マネーが不動産に殺到したバブル期とは異なるものの
都心部などでは過熱感を警戒する声も
地価回復の動きは地方へと裾野を広げている
商業地では宮城県が4.7%上昇福岡県は2.7%上昇と前年より上昇率が拡大
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』