記事一覧

2017/4/4 動きだお

NYダウ
(2017/4/3)
20,650.21
キャプチャ

米国国債10年
2.326 -0.023 (--%)
キャプチャ



国土交通省
空港内への侵入者を発見しやすくするため国管理空港のうち
敷地周囲に監視カメラが置かれていない新千歳や福岡、那覇など15程度の空港で
新たに設置を進める方針を決めた
東京五輪・パラリンピックがある2020年までの導入を目指す

段ボール原紙
原料となる段ボール原紙の出荷価格を20%以上引き上げ
古紙や石炭重油の値上がりが理由
インターネット通販やモノの輸送に欠かせない段ボールの原料が値上がりすれば
様々なモノやサービスの料金に影響しそうだ

サウジ産原油
長期契約で輸入する原油の価格が4カ月ぶりに下がった
3月積みのサウジ産代表油種は前月に比べて6%安い
米国の原油在庫と石油掘削装置(リグ)の稼働数が増え供給過剰が意識

ALCパネル
建物の外壁や床に使うALC(軽量気泡コンクリート)パネル大手の住友金属鉱山シポレックス
8月1日出荷分からの値上げを決めた
引き上げ幅は5%
原料や燃料の値上がりを製品価格に転嫁する取引先の建材商社や販売店と交渉に入る

薄鋼板在庫
自動車や家電製品、建材に使う薄鋼板の在庫が減
主要3品種(熱延、冷延、表面処理)
2月末在庫前月比1万トン(0.3%)減(387万8千トン)
減少は2カ月ぶり
自動車向けの需要が好調で適正とされる400万トンを6カ月連続で下回った

ベンゼン価格
合成樹脂の基礎原料ベンゼンのアジア向け大口価格が2カ月連続で下落
中国の在庫調整が影響したとの見方がある
原料となる原油、ナフサの価格下落も反映

インジウム
液晶パネルの透明電極材に使うレアメタルであるインジウム
4月の国内建値を3月と同値で据え置き
3月の国債価格が横ばいで推移したのを反映

2017/4/3
東証空売り比率
39.9%

2181 テンプHD
業務経験のない人を対象に契約期限のない無期雇用の派遣サービスを始めた
中堅のネオキャリアも4月から無期雇用派遣を開始
2015年9月末施行の改正労働者派遣法で派遣期間の制限が強化されたのを受け
無期雇用型のサービスが広がっている

JXHDと東燃ゼネラル石油が1日に経営統合し、JXTGホールディングスが発足
木村康会長は今後3年間の設備投資について「JXHD時代の1兆3千億円から2~3割減らす」
海外での原油など資源開発分を圧縮
一方で強みを持つ石油精製・販売事業でアジア市場への進出を加速

ユーロ圏失業率
1月から0.1ポイント低下
9.5%
2009年5月以来7年9カ月ぶりの低水準を更新
内需中心の緩やかな景気回復を背景に圏内の雇用情勢は全体として底堅さを保っている
ユーロ圏で最も低いのはドイツの3.9%
16年12月分が最新データのギリシャは23.1%と高止まり
域内格差が目立つ

東南アジア
3月製造業PMI
50.9と前月の50.3から改善
(目安は50)

財務省
2月一般会計ベースの税収は4兆4790億円
前年同月に比べ1.5%増
昨年2月は前年に納め過ぎた税金を払い戻す大口の還付金が発生し
税収が落ち込んだ
今年2月はその反動で前年より法人税収が伸びた

上場企業倒産
16年度は26年ぶりゼロ
官民ファンドが企業への支援体制を充実させたことなどが減少に寄与
倒産件数は08年度リーマン・ショックの影響で調査開始以降最多の45件を記録
それ以降は1桁台で推移

ロシア
爆破テロ
ロシアの古都サンクトペテルブルクの地下鉄で起きた爆発
テロ対策に長年取り組んできた元治安当局者は国営テレビに
「これは事故ではない。爆発と聞いて、すぐにテロだと思った」と語った

日経平均株価
18,810.25 -172.98 (-0.91%)
キャプチャ

東証2部指数 5,939.43 -79.59 -1.32%

マザーズ指数 1,029.06 -34.22 -3.22%


金、銅、WTI原油先物
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ

政府
首相官邸で東京五輪・パラリンピック推進本部を開き大会期間中の警備に関する
「セキュリティ基本戦略」を決めた
内閣官房に情報集約を担う24時間態勢の
「セキュリティ調整センター」を設けることなどが柱
国際テロ組織の動きをいち早く察知しテロの発生や被害の拡大を防ぐ

米国
ニューヨーク州司法省
トランプ政権が空調機器などの環境規制の適用を
先延ばしにしているのは違法であるとして法的措置も辞さない構えを示す
カリフォルニア、オレゴン、ワシントンなど各州もニューヨークと共同歩調を取り
温暖化対策を全面的に見直すトランプ政権に圧力をかける構え

南アフリカ
米格付け会社S&Pグローバル
南アフリカの外貨建て長期債務格付けを従来より1段階低い「ダブルBプラス」に引き下げ
S&Pによる格付けが投機的等級に転落するのは2000年2月以来
17年ぶり
ズマ大統領が3月31日に発表した内閣改造で、緊縮財政路線に不透明感が高まったと判断

政府
カジノを含む統合型リゾート(IR)導入に向けた推進本部の初会合を首相官邸で開いた
安倍晋三首相
「世界最高水準のカジノ規制を導入する」
政府はカジノの運営方法や入場規制について本格的な検討を進め
秋の臨時国会にIR実施法案の提出を目指す
ギャンブル依存症対策なども議論し、詳細なルール作りを急ぐ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』