記事一覧

2017/4/6 動きだお

NYダウ
2017/4/5
20,648.15 -41.09 (-0.20%)
キャプチャ

米国国債10年
2.353 -0.004 (--%)
キャプチャ



日本とEU
経済連携協定(EPA」)の締結を目指し3日に東京で始めた首席交渉官会合を終えた
サービス貿易や政府調達などのルールづくりで一定の進展があったが
最難関の関税交渉は双方の隔たりが大きく次回以降に持ち越した

日本
スペイン政府との経済政策対話を初めて開き
自動車やエネルギー、電力などの分野で協力することで合意
両国の企業が互いに投資しやすい環境を整えるほかスペインと関係の深い南米の市場開拓で連携する

米国・中国
北朝鮮による5日の弾道ミサイル発射を受け
6~7日に米中首脳会談で北朝鮮の核・ミサイル問題への対応が最大の焦点に浮上
トランプ米大統領は北朝鮮への強硬姿勢を強める
中国の習近平国家主席に対し経済制裁などを通じて北朝鮮へさらなる圧力をかけるよう求める見通し

ドイツ
3月国内新車販売台数
前年同月比11.4%増
2カ月ぶりに前年同月実績を上回った
16年3月より営業日が2日多かったことが増加の大きな要因だが
17年1~3月累計でも6.7%増となっており回復基調が続いている

ナフサ(粗製ガソリン)
アジア地域でのスポット価格が上昇基調に
4月上旬時点で1トンあたり488ドル前後
直近底値だった3月中旬に比べ8%高
原油相場の上昇傾向を映した
昨年11月末のOPECの減産合意を契機に原油相場は水準を切り上げている

新日鉄住金ステンレス
一般流通(店売り)向けステンレス鋼板の
4月契約価格を前月から据え置くと発表
原料となるニッケルやフェロクロム価格の変動がほとんどなかったため
同社は原料価格の上昇を理由に3月まで4カ月連続で
住宅設備機器に使うニッケル系薄鋼板と業務用厨房に使うクロム系の両品種を値上げしていた

ガソリン店頭価格
上昇が一服
3日時点の価格(全国平均)は1リットル133.9円と前週から変わらず
6週ぶりに値上がりが止まった
3月の原油相場が下落に転じたのを反映

マグネシウム国内需要
アルミニウム合金の添加剤や電化製品の外装材に使うマグネシウム
国内需要3年ぶりに減少
需要増加が期待されている自動車部品向けの落ち込みが影響
2016年の需要(輸出含む)は15年比1.5%減
需要の約7割を占める添加材向けは1.9%増とほぼ横ばい
車部材、家電6%減
自動車軽量化(Mgは軽い)の高まりで注目
しかしアルミに比べて割高かつ燃えやすいため採用が期待ほど進んでいない

レアメタル セレン
国際価格急騰
(ガラスの着色剤や製鋼原料に使)
指標となるロンドン市場のスポット(随時契約)価格は現在、1ポンド19ドル前後
直近安値をつけた2016年11月と比べて2.3倍以上の高値となっている。
価格は昨年12月から上昇基調に
製鋼原料となるマンガン価格が上昇し
添加剤に使われるセレンも連れ高となった

東証空売り比率
2017/4/5
42.9%

住友ゴム工業
国内市販用タイヤの出荷価格を6月から引き上げると発表
値上げは6年ぶり
上げ幅の平均は夏向けの乗用車用で6%
天然ゴムなどの原材料価格が高騰しているた
ブリヂストンなど国内タイヤ大手4社すべてが値上げすることになる

東海道新幹線利用者数
2016年度
乗客数
前年度比2%増
過去最高を更新した見通し
7年連続で前年度実績を上回った
ビジネス客の利用が中心の平日が好調だった

3678 メディアドゥ
電子書籍取次大手のメディアドゥはインターネット閲覧ソフトを開発するルナスケープを買収する
4億円弱を投じて子会社に
両社が組み電子書籍が読みやすいブラウザーやAIを活用した文書の要約機能を共同開発する

米国
3月の米ISM非製造業景況感指数
2.4ポイント低下
市場予測下回る

米国
米主要企業の2017年1~3月期
最終利益
前年同期比で約10%増へ
原油安の一巡でエネルギー業界の収益が急回復
10%の増益率はおよそ2年半ぶりの高い伸び
米大統領選後の市場環境の改善を追い風に金融業界も利益を伸ばすほか
ハイテク業種も好調で全業種が増益を確保する見通し

日経平均株価
18,597.06 -264.21 (-1.40%)
キャプチャ

東証2部指数 5,785.37 -146.61 -2.47%

マザーズ指数 1,011.63 -24.37 -2.35%


金、銅、WTI原油先物
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ

日経平均株価が反落
1月24日に付けた年初来安値(1万8787円)を一時下回った
下げ幅は一時300円を超え取引時間中の年初来安値(1万8650円)を下回る場面もあった

米国
トランプ米大統領
ヨルダンのアブドラ国王との共同記者会見
シリアで起きたサリンなど化学兵器の使用が疑われる空爆について
「いくつもの一線を越えた」と強く非難
「子供への攻撃は大きな衝撃だった」
「アサド政権による凶悪行為は許されない」と強調したが具体的な行動については明かさなかった

米国
米連邦準備理事会(FRB)
3カ月ぶりの利上げを決めた3月14~15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を公表
2008年以降の量的緩和で買い入れた保有資産の縮小について初めて本格議論し
参加者の大半が「年内の縮小開始が適切だ」と判断
米国の株価動向には数人の参加者が過熱感を指摘したことも分かった

ロシア
ウクライナ危機をめぐる制裁、原油価格の低迷による経済の疲弊により
昨年のロシアの貧困人口は過去10年で最高の2000万人近くに達した

チェコ
国立銀行
通貨コルナの相場上昇を制限する政策を廃止を決定
同中銀はデフレ回避に向けて2013年にコルナ上限を導入
中スイス中銀にならって導入したこの政策によってコルナ相場は3年余りの間1ユーロ=27コルナまでに抑えられてきた

インド
インド準備銀行
金融政策を決める会合で去年行った高額紙幣の廃止による経済への影響は限定的で
今後も高い経済成長が続くと見込まれることから政策金利を据え置きを決定
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』