記事一覧

2017/4/12 動きだお

NYダウ
2017/4/11
20,651.30
キャプチャ

米国国債10年
2.303 -0.012 (--%)
キャプチャ



携帯電話端末国内出荷台数
17年2月
前年同月比5.1%減(150万7千台)
総務省は端末の過剰な値引き「実質ゼロ円」を規制しているが
4月の入学・入社シーズンを前に大手携帯3社が端末の買い替えキャンペーンを実施
5カ月連続で端末の出荷台数は100万台を超えた

7752 リコー
2017年3月期
連結純利益が前期比97%減の20億円になったと発表
従来予想は100億円

「2017年本屋大賞」の発表会
恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)が大賞に選ばれた

原油を運ぶタンカーの運賃が反発
運賃指数のワールドスケール(WS、基準運賃=100)
指標となる大型オイルタンカーで3月下旬から3割以上高い
西アフリカの産油国からの荷動きが活発になり下落傾向に歯止めがかかった

電炉
製鋼に使う原料や資材の値上がりが相次いつぐ
電気代のほか電極や合金鉄などの調達コストが4月以降軒並み上昇
原油や石炭など原燃料の値上がりが背景に
主原料の鉄スクラップ価格も高止まりしている
電炉各社は利益確保のため追加値上げを迫られそう
前期業績の予想を下方修正するのは4回目
苦戦していたデジタルカメラ事業で計上する減損損失が響く
年間配当は従来の記念配含む35円で据え置く

中国
遼寧省大連市で建造中の中国初の国産空母が
中国海軍の創設記念日の23日に進水する見通しだと伝えた
既に船体には海軍艦船の特徴である灰色の塗装が施されているという

中国
新車販売台数
17年3月
前年同月比4.0%増
多目的スポーツ車(SUV)ブームが市場全体をけん引し堅調な伸びが続いている

政府
水素や再生可能エネルギーに関する関係閣僚会議を開き
「水素社会」の実現に向けた基本計画を年内に策定することを決めた
2020年の東京五輪で水素が燃料として広く使われることを目指し
次世代エコカーに燃料を供給する水素ステーションの保安規制の緩和も検討する

H形鋼在庫量
3月末時点約1年ぶりに20万トンを上回った
期末に鉄鋼メーカーの出荷が増え流通各社の在庫を押し上げた
不需要期が一巡し、夏に向けて在庫は減少に転じるとの見方が多い

中古車競売価格
3月
前年同月比7.4%下落
11カ月連続前年割れ
落札価格の前年我が続き出品者の売り控えで契約が成立しにくくなっている

鉄スクラップ
輸出価格
4月契約は2カ月ぶりに下落
3月契約分に比べ12%安い
海外のスクラップ高が一巡したことが背景

6146 ディスコ(半導体製造装置を手掛ける)
2017年3月期連結営業利益
前期比4%増の315億円前後と
従来予想(1%増の307億円)を上回った
3期連続で過去最高
半導体需要の拡大を背景に北米やアジアの半導体メーカーからの受注が好調
利益率の高い交換用の部品の販売も伸びた

工作機械受注額
3月
前年同月比22.6%増(1424億9200万円)
中国の自動車関係の需要回復などで輸出が39.1%増と伸び
過去3番目の高水準に
前年実績は4カ月連続で上回った
好不況の目安とされる1000億円は5カ月連続で上回った

6723 ルネサスエレクトロニクス
ソフトウエア開発会社など200社超のパートナー企業と組み
自動運転の車体制御に必要な半導体やソフトを一括提供する体制を築いた
経営危機を脱した同社は周辺情報を把握して走る・曲がる・止まるといった
自動運転技術に再成長を託す
先端技術でリードし続けるため同分野に参入する米インテルや米クアルコムなど
「半導体の巨人」に共同体を築いて対抗する戦略

インド
新車販売台数
2016年度
15年度比8%増
前年度実績を上回るのは3年連続
昨年11~12月は高額2紙幣廃止の影響で販売が落ち込んだが
今年に入って持ち直しつつあり通年では前年並みの伸び率を確保

2017/4/11
東証空売り比率
40.8%

ベトナム
インフラ整備に外資活用
高速道路や空港など同国の大型インフラ整備に海外の
民間企業の資金やノウハウを活用する仕組みを導入する
すでに関連法規制の整備に着手したことを明らかに

日経平均株価
18,552.61 -195.26 (-1.04%)
キャプチャ

東証2部指数 5,502.36 -32.54 -0.59%

マザーズ指数 978.76 -34.98 -3.45%


金、銅、WTI原油先物
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ

内閣府
17年2月機械受注統計
民間企業の設備投資の先行きを示す「船舶・電力を除く民需」の受注額
前月比1.5%増
2カ月ぶりに増加
基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」として5カ月連続で据え置き
事前予想よりは弱い結果で、1~3月の見通し達成は厳しくなった

日露
ロシア外務次官
安倍首相が27~28日にモスクワを訪問し
プーチン大統領と会談すると述べた
シリア情勢は日露関係に大きな影響は与えていないとの認識も示した

中国
3月卸売物価指数
前年同月比7.6%上昇
7カ月連続で前年同月の水準を上回った
上昇幅は前月(7.8%)よりやや縮小
石油・天然ガスや鉄鋼の値上がり幅が縮まった

日米
日本政府が米側に対し軍事行動に踏み切る場合の事前協議を要請していることが分かった
米側も応じる意向を示したという
外交的な解決が不調に終わった場合でも米側が直ちに軍事行動に踏み切ることなく
日米協議を経て最終判断するのが狙い
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』