記事一覧

2017/4/24 動き

中国
初の国産空母が近く遼寧省大連で進水する
造船所ドックで注水作業が行われた
艦内設備の工事や訓練・試験航海を経て2020年ごろに就役する見通し
中国初の空母「遼寧」はウクライナ製の中古艦を改良したが、新空母は中国独自の設計・技術で進水にこぎつける

政府
待機児童対策の柱に据える「企業主導型保育所」の整備が子供の多い都市部で進まず
待機児童が「ゼロ」の地域にできるミスマッチがおきている
設置が決まった約2万人分のうち待機児童が集中する地域にあるのは4割どまり
逆に3分の1近くが待機児童がゼロの自治体にあった

特許庁
特許や商標、意匠の出願審査などの業務でAIの活用を始める方針
AIを使って出願内容を技術分野ごとに分類したり
過去に同じような技術がないかを文献で調べたりする
2018年度以降に業務に試験導入

今夏ボーナス予測
民間企業の支給総額は前年比2.9%増
2001年夏以来16年ぶりの高水準に
人手不足をうけてパート従業員の正社員への切り替えが進み
ボーナスの支給対象者が増えると見ている
1人あたりの支給額も2年連続で増
伸びは0.5%と小幅にとどまる見通し

100万人割れ10県
地方の人口減止まらず
国立社会保障・人口問題研究所の推計によると30年には13県に広がる見通し

政府
総合科学技術・イノベーション会議
政府の科学技術予算を2020年度に4兆4000億円に引き上げる方針を正式に決定
官民を合わせた20年度の科学技術分野への投資額はGDPの4%にあたる約24兆円に増やす方針

海上自衛隊
護衛艦2隻と朝鮮半島に向かう米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする
打撃群の共同訓練が23日西太平洋で始まった
北朝鮮の新たな挑発への抑止を狙うが効果は不透明
焦点は北朝鮮が6回目の核実験をした場合に米軍が軍事行動に踏み切るかどうか

外航コンテナ
海運会社向けリース料上昇
指標となる20フィートコンテナは5年の長期契約
年初と比べて5割程度高く
1年前の2倍以上に達している
昨夏の韓国大手・韓進海運の経営破綻による混乱が尾を引き
アジア全体でコンテナ不足が続いている

米国鉄鋼
大手ニューコアが20日発表した1―3月決算
純利益は3億5690万ドル(397億円)と昨年10―12月比123・6%増
出荷量、鋼材価格ともに2ケタの伸びを示し
単価上昇が原料コストの上げ幅を上回りマージンも改善
4―6月はさらに収益が改善すると見ている

豪州
原料炭供給の復旧が想定より早まる可能性
豪クイーンズランド州で原料炭輸送を手掛けるオライゾン
主要な鉄道路線、グニエラ線の再開日を4月26日に改めた
深刻な被害を受けて5月8日以降としていた従来から10日以上早めた
運行速度を制限するなどフル稼働とはいかないようだ
日本の高炉はまだ楽観できないと慎重にみている

米国
マティス国防長官
中東5カ国の歴訪を終了
「イスラム国」など過激派掃討で各国と協力することで合意
中東で影響力を高めるイランの脅威に連携して立ち向かうことも確認
オバマ前政権時代に低下した中東での存在感回復に努めた

米国
国際通貨基金(IMF)助言機関
国際通貨金融委員会(IMFC)共同声明を採択して閉幕
声明
従来明記していた「反保護主義」の記述が削除され
IMFによる為替相場の監視強化を求める表現が加わった
保護主義的な政策を掲げ、貿易赤字の解消に向けてドル高を牽制する
米トランプ政権の意向が反映された形

米国
ライアン米下院議長
「週末の政府閉鎖を回避し省庁が9月末まで業務を継続するために
歳出法案が時間内に準備される」

米国
政府機関閉鎖の可能性で省庁に準備を命令
トランプ米大統領は29日以降の政府機関の業務継続に必要な予算を求めている
大統領や側近は議会が歳出法案で合意し
政府閉鎖はないと自信を示している
米政府当局は命令について通常の危機対応策であり
前政権も暫定予算の期限切れが近づいた際に同じ手続きを実行したと強調

米国
ムニューシン米財務長官
トランプ政権の目標が3%以上の経済成長だとあらためて表明
国際通貨基金(IMF)の米国の成長予想について「若干控えめだ」


フランス
仏大統領選、決戦投票へ マクロン氏とルペン氏が優勢
エマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相と極右政党、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首の
2氏が得票率で優勢
いずれの候補も過半数に届かず5月7日に実施する第2回の決選投票に上位2氏が進出する見通し

アジア・オセアニア時間早朝の外国為替市場
ユーロが主要通貨に対して急伸
対ドルでは一時1ユーロ=1.09ドル台に上昇
昨年11月以来5カ月半ぶりの高値をつけた
23日投開票のフランス大統領選の第1回投票で
独立系中道候補のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相が首位で決選投票に進む見通しとなり
投資家の不安心理が後退した

日経平均株価
18,875.88 +255.13 (+1.37%)
キャプチャ

東証2部指数 5,688.85 -13.45 -0.24%

マザーズ指数 988.29 -20.35 -2.02%


米ドル/円
17/04/24 21:09
110.28


北朝鮮
当局がガソリンスタンドの販売量を制限し
運転者たちが燃料を手に入れるため必死になっている
AP通信が23日付で報じた
中国の北朝鮮向け原油の供給中断説が流れている状況であり注目される

中国紙
「北朝鮮の核、米国は中国にどれだけ頼らなければならないのか」社説
米国の北朝鮮に対する軍事行動に中国がどのように対応するのかに関する「限界線」を示した
同紙は「米国が北朝鮮の核施設に対し、『外科手術的な攻撃』をするならば
外交的手段で抑制することになるが、軍事的介入は不必要だ」と指摘
これは北朝鮮が追加的な核実験や大陸間弾道ミサイルによる挑発を行った場合
米国の先制攻撃を容認する姿勢を示したと言える

ロシア
軍事費世界第3位に浮上
原油価格の低迷と経済制裁下にもかかわらず
2016年の世界の軍事支出に関する報告書で明らかになった
世界の軍事支出は2年連続で増加

サウジアラビア
トワイジリ経済企画副相
第1・四半期財政赤字が想定の半分以下に縮小したと明らかに
「第1・四半期の財政赤字は540億リヤルになると見込まれていたが
実際は260億リヤル(69億3000万ドル)だった。これは、理にかなった歳出に向けた非常に素晴らしい一歩だ」

フランス
大統領選の第1回投票
投票前から世論調査で上位2名となっていたマクロン、ルペンの両候補が
1位、2位で5月7日の決戦投票に進むことになった
しかし決戦投票に関してはマクロン氏の圧勝で終わるとの予想が出ており
EU離脱を政策に掲げるルペン大統領誕生への懸念は後退
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』