記事一覧

2017/4/26 動き リスクはどこへ??!!!!!!

米ドル/円 111.05 17/04/26 06:09
米ドル/円 111.37  17/04/26 21:29

NYダウ
2017/4/25
20,996.12 +232.23 (+1.12%)
キャプチャ

米国国債10年
2.323 -0.006 (--%)
キャプチャ


バルチック海運指数
2017/4/25
Baltic Dry Index (BDI) 1154 -16
BCI(Cape index) 1767 -13
BPI(Panamax index) 1371 -58



個別
9867 ソレキア
6343 フリージア・マクロスの佐々木ベジ会長が同社に対するTOB価格を1株5300円から5450円に引き上げ
4月28日までとしていた買い付け期間も5月12日まで延長

4341 西菱電機
LTE対応の車載型業務用IP無線機 「SoftBank 601SJ」を発売

4337 ぴあ
運営を受託するチケット販売サイトからクレジットカード番号などの
個人情報が流出していたことが25日判明
企業で広く使われるサイト構築用ソフトの欠陥を狙ったサイバー攻撃を受けていたという
カードが不正に使われる被害も確認され、同社は警視庁に相談している
前日比154円(約5%)安2830円



ニュース



福岡入国管理局
ゴールデンウイーク福岡空港と博多港の出入国者数見通し
18万7110人と前年実績から57%増
去年4月の熊本地震の影響による旅行需要の落ち込みからの反動増に加え
福岡空港を利用する外国人の個人旅行客が増加しているため

日銀
金融政策決定会合
26~27日
会合では短期金利をマイナス0.1%、長期金利を0%程度に誘導する現在の
金融緩和策(長短金利操作付き量的・質的金融緩和)の維持を決める見通し
物価上昇率は足元で力強さを欠いているが
目標の2%へ向かう動きは続いていると判断するもよう

日銀
黒田東彦総裁
2%の物価安定目標について「達成する時期の予測がずれてきたことは事実」
半面、先行きについては需給バランスの改善と中長期的な予想物価上昇率の上昇を背景に
「2%に向けて上昇率を高めていく」と従来の見解を強調

経済産業省・法務省
ITや医療などの分野で高い技術や知見を持つ外国人に関し在留資格を取りやすくする
日本語試験での加点要件を広げるほか
国内外で所定の大学卒業者を優遇対象に加える
アジアを中心に世界で優秀な人材の争奪戦が激しくなるなか
外国人が日本で働きやすい環境を整える

米国
テスラ
今年中に電気自動車(EV)向けの急速充電器を年初から倍増
世界で1万基以上にすると発表
都市部を中心に充電拠点を大型化し、高速道路沿い以外にも増やす
同社は量産モデルを年内にも投入する計画でインフラ整備を急いでいる
北米地域では設置数を年初比で2.5倍にし
米最大のEV市場であるカリフォルニア州だけでも1000基以上増やす

鉄スクラップ
国内市況下落続く
関東
地区メーカーへの入荷はスムーズ在庫水準は高い
5月で炉休に入るメーカーもあり
さらなる需給緩和を想定する向きもある
東鉄の引き下げで高値が修正されており北関東と南関東メーカーの
炉前購入価格の差は縮小してきている

8078 阪和興業
タイのサイアム・スチール・インターナショナルの関連会社である
サイアム・バイオマス・プロダクトとウッドペレットや木質チップなどバイオマス燃料を
日本に長期供給する業務提携の覚書を交わしたと発表
日本のウッドペレット需要が2020年以降、年間300万―500万トンに成長すると見込み
日本や韓国の発電所向けに安定供へ

5471 大同特殊鋼
SUBARUのグループ企業
富士機械から自動車用ギヤなどの強度を高める
熱処理用設備として真空浸炭炉「モジュールサーモ」を受注したと発表

米国
3月新築住宅販売件数
前回:59.2万件(改訂:58.7万件) 予想:58.4万件 結果:62.1万件
3月新築住宅販売件数(前月比)
前回:+6.1%(改訂:+0.3%) 予想:-1.4% 結果:+5.8%
4月消費者信頼感指数
前回:125.6(改訂:124.9) 予想:122.5 結果:120.3

4月リッチモンド連銀製造業指数
前回:+22 予想:+16 結果:+20

アンチモニー
国際価格
一段高
年初から2割上昇
2年4カ月ぶりの高値
最大生産国の中国で供給が減るとの思惑が広まり生産者が出荷価格を引き上げている
環境規制が基準どおり行われているか調査するとの観測

フェリーでのトラック輸送
2016年度のトラック輸送台数
前年度比6%増の122万7025台
3年ぶりに増加
トラックの運転手不足などで輸送手段を船や鉄道に切り替える
モーダルシフトが普及し長距離トラックをフェリーで運ぶ需要が増えた

ALC製パネル値上げ
旭化成建材
建物の外壁などに使う軽量気泡コンクリート(ALC)製パネルの販売価格
10月1日出荷分から約7%引き上げる
今後、建材商社や販売店などとの交渉に
原燃料の値上がりに加え
人手不足で輸送コストも上昇製品価格に転嫁し採算改善を目指す

求人広告件数
3月
前年同月より0.1%多い
前年を上回るのは12カ月連続
年度末で業務量が増え幅広い業種で増
インターネット:7.3増
紙媒体は落ち込みが目立つ

伸銅品生産量
3月
前年同月比8.2%増
増加は8カ月連続
自動車やスマートフォン向けの需要がけん引

航空貨物輸出量
2016年度
前年度比11%のプラス
年度ベースでの増加は2ぶり
半導体などの電子部品のアジア向け出荷好調
(全体の2割)

国産針葉樹合板の在庫量
3月末
12.2%増加
2カ月連続増
火災で生産が止まっていたセイホクGの工場が3月に操業を再開した影響がでた

2017/4/25
東証空売り比率:36.8%

フランス
大統領選で極右国民戦線マリーヌ・ルペン党首が極左票の取り込みに
照準を定めて動き始めた
おきまりの厳しい移民批判を抑えたほか弱者救済の政策をアピール
現状は中道系独立候補エマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相に有利
極左票が勝敗を左右する可能性も残っている

米国
連邦政府の2017会計年度(16年10月~17年9月)暫定予算が28日に期限切れとなり
政府機関の一部閉鎖リスクが浮上
連邦議会は29日以降の新予算を可決する必要があるが
トランプ大統領の看板公約であるメキシコ国境の壁の費用計上を巡って
与野党が対立し早期成立のメドが立っていない
トランプ政権は間もなく発足100日を迎える

米国・フィリピン
両政府は合同軍事演習「バリカタン」を5月8日から19日まで実施すると明らかに
比中部の島で災害救助や人道支援などの演習を行う

旧耐震マンション
都が容積率緩和建て替え促す
老朽化した分譲マンションの建て替え促進のため、容積率を緩和
1981年5月までの「旧耐震基準」の建物が対象
建て替え後の戸数を増やせるようにして民間デベロッパーが参画しやすく
分譲マンションは区分所有者が多いため建て替えが難しい

日経平均株価
19,289.43 +210.10 (+1.10%)
キャプチャ


東証2部指数 5,790.42 +63.28 +1.10%

マザーズ指数 1,021.00 +16.73 +1.67%


金、銅、WTI原油先物
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ

国際石油価格
米国石油協会が国内の石油備蓄量が増加したとの発表を受け
26日午前は値下がり傾向

トルコ
中央銀行
後期流動性貸出金利を引き上げ
12.25%とした
他の政策金利は据え置き
引き上げは予想外だったがエルドアン大統領の下で
金融政策の独立が維持されるのかとの懸念は払しょくされない可能性

米国
グーグルから分社化した自動運転車の関連会社「ウェイモ」
自動運転機能付きのミニバンを使った走行実験を一般市民に拡大すると発表
CEOジョン・クラフチック氏
「様々な人に毎日自動運転車を使ってもらってフィードバックを得ることで、早期の実用化を目指したい」
新たに500台の自動運転車を追加
すでに実験に使っていた100台と合わせて計600台の自動運転車を走らせる

中国
国家発展改革委員会
政府が不動産規制を緩和すれば大都市の住宅価格は上昇する可能性が高いとの認識
政府が近く規制を緩和する方針がないことが浮き彫りに

米国
ムニューシン米財務長官 「我々は税制改革の指針を本日後半に発表」
(米国法人税を15%まで引き下げへ ドル円111.51円の本日高値を抜けて111.70円まで上昇)
ライアン米下院議長 「下院共和党、大統領は税制改革案で80%合意」
ドル円反応10分足
キャプチャ

カナダ
2月小売売上高は前月比-0.6%
予想外に1月+2.3%から昨年12月来のマイナスに落ち込んんだ

トヨタ自動車
元町工場で「ハイブリッド発電システム」の実証運転を始めたと発表
燃料電池と小型ガスタービンを組み合わせ、高い発電効率を達成できるのが特徴
実証結果を受けて今後他工場への導入や外販などを検討していく

豪州
クイーンズランドで石炭輸送を手掛けるオライゾンは
先月のサイクロンで被災した幹線鉄道のグニエラ線の運行を現地10時半に再開したと発表
世界最大の原料炭輸出地域のインフラ休止で需給ひっ迫懸念強い
主要幹線の復旧で供給は正常化に向かう見通し
様子見状態で原料炭のスポット価格はトン250ドル(2万7600円)前後とまだ高いが
今後は下がりそうだ

世界鉄鋼協会
3月の鉄鋼生産実績
67カ国の粗鋼生産は1億4495万3000トンと月間最高を更新
前月比13.9%増
2カ月ぶりに増
中国、インドは月間最高を更新

国内鉄スクラップ市況
輸出マーケットの低迷などを受け
需要期となる大型連休を前に続落
連休中は電力料金が通常操業時に比べて安く
電炉メーカー各社は生産コストを下げるため操業を集中させるなど
鉄スクラップ消費が増えるが新規輸出商談の停滞もあり
輸出依存度の高い関東を中心に需給が緩和

鉄スクラップ購入量
国内鉄鋼メーカー全体の年間鉄スクラップ購入量
2年連続で前年実績を下回った
2016年の国内購入量
前年比0.8%減
電炉メーカーの粗鋼生産量の減少が主な要因
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』