記事一覧

2017/4/27 動き もうすぐでGWだよぉぉぉぉぉぉぉぉ

米ドル/円  17/04/27 06:30 111.08
米ドル/円  17/04/27 21:20 111.43

NYダウ
2017/4/26
キャプチャ

米国国債10年
2.305 -0.006 (--%)
キャプチャ



バルチック海運指数
2017/4/26
Baltic Dry Index (BDI) 1147 -7
BCI(Cape index) 1790 +23
BPI(Panamax index) 1320 -51

個別
6031 サイジニア
AIファッションアプリ「PASHALY パシャリィ」のAndroid版を開発提供を開始
好きなファッションの写真を撮るか、インスタグラムのようなSNS画像のスクリーンショットを撮り
送信するだけでデザインやスタイリングなどが似ている商品の購入ができる
iPhone版は今年2月に開始
本アプリについてこれまで2件の特許を取得したことも公表

6250 やまびこ
7272 ヤマハ発動機
マルチローター型農薬散布ドローンの共同開発と商用化について業務提携合意
発売は2018年予定
やまびこが持つ防除技術や全国に展開する農機販売網と
ヤマハ発が持つ製品開発・品質保証力および販売・サービスネットワークを
相互に活用することで需要が拡大している農業用ドローン市場での販売拡大を目指す

3678 メディアドゥ
発行済み株数の70.52%を所有する出版デジタル機構を株式交換により完全子会社化すると発表

4812 ISID
スマートフォンやWebアプリケーションの開発・運用向けプラットフォーム
「FACERE」の提供を開始したと発表
ログイン認証や会員管理などの基本機能に加え
用途に応じてユーザーが自由にカスタマイズできる「観光案内」や「交通案内」などの
サンプルアプリをグーグル・クラウド・プラットフォーム上で提供し
スピーディーで効率的なアプリ開発を支援するバックエンドサービス

4875 メディシノバ・インク
MN-166のALSを適応とする臨床治験の中間解析結果を発表
中間解析では、治験登録された呼吸器サポートを受けていないALS患者47名において
プロトコールによる治験を完了した31名とオープンレーベル期間開始前に治験を終了した16名における
オープンレーベル期間終了後の生存率を比較したところ
プロトコール完了群の生存率が有意に高いことが示された

5218 オハラ
耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックス「ナノセラム」
ソフトバンク コマース&サービスの「ナノセラム高強度液晶保護ガラスfor iPhone7」に採用
スマートフォンアクセサリーのトータルブランド「SoftBank SELECTION」から28日に発売されると発表

3690 ロックオン
ウェブサイトの企画制作などを手掛けるラジカルオプティと資本業務提携
ラジカルオプティが実施する第三者割当増資を引き受け持分法適用関連会社化


ニュース

IoTの産業分野での普及を巡り
日本の推進団体「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ(IVI)」と
米国に拠点を置く「インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)」は提携の覚書を交わしたと発表
相互の事例の交換やセキュリティー対策などで連携を深める
お互いにIoT関連ビジネスを円滑に進められるようにする

中国
自動車の生産合弁会社に対する外資の出資規制を緩和する背景には2つの狙い
米国との貿易不均衡是正を目指す「100日計画」を視野に入れた米国のけん制
外資の技術移転を促し電気自動車(EV)など新エネルギー車の普及につなげる思惑

財務省
4月の経済情勢報告
全体の景気判断を「緩やかに回復している」
7四半期連続で据え置き
全11地域のうち、九州の判断を上方修正
熊本地震の影響が一部に残るが復旧需要の継続を背景に回復しつつあるとみる
先行きについて各地から海外情勢を懸念する意見が広がった

電力会社が発電に使う石炭(一般炭)の指標価格となる
東北電力とスイスの資源大手グレンコアとの長期契約交渉が難航
2016年4月に電力小売りが完全自由化され
コスト抑制やスポットの調達比率を高めたい電力会社の意識が強く働いているため

都市ガス販売実績
2016年度
前年度比3.4%増
過去最高を更新
全体のうち5割以上を占める工業用販売が伸びた
全国的に冬の平均気温が低かったため家庭向けでも暖房や給湯の需要が高かった

【訪問関連】
オーストラリアのターンブル首相
5月4日に米ニューヨークでトランプ米大統領と会談すると発表
米豪の首脳会談はトランプ政権発足後で初めて
緊迫する北朝鮮情勢をにらみ強固な同盟関係を確認する見通し

C重油
JXTGエネルギー
火力発電などに使うC重油の4~6月の大口取引価格
前期比4~5%引き下げると表明
値下げは5四半期ぶり
為替が円高・ドル安に振れ円建ての原油調達コストが下がることを反映

インド
3月の国別粗鋼生産量でインドが初めて日本を上回り
月間生産量で中国に次ぐ世界2位に浮上
インドでは国内経済の回復傾向を背景に
インフラ関連を中心に鉄鋼需要が好調に推移
昨年来、鉄鋼生産の増加スピードが早まっていた
一方、輸入鋼材に対してはセーフガードをはじめとする保護主義策を相次ぎ実施
これも国内生産を押し上げる一因となった可能性もある

政府
大地震と原子力発電所の重大事故が同時に起きた際
住民の避難路探索にドローンを活用するシステムを導入する
素早く避難路の被災状況を把握し、避難路の安全性や代替ルートなどの情報を住民に提供
まず四国電力伊方原発がある愛媛県で今夏から実証試験を始め
2019年度以降にほかの原発でも導入を目指す

浜松市
ドローンを使って災害時などに中山間地域に医薬品を届ける実証実験を始める
5月16日に浜松医科大学とドローンの開発研究を手掛けるエンルートラボと
協定を結び実用化に向けた実験を始める

東北電力
ドローンの活用に乗り出す
送電線や鉄塔の点検にドローンを飛ばしたり
送電線の敷設工事の際に工具の運搬に使ったりする
修繕にかかるコストや時間を削減して効率化するほか
作業員の安全性向上や、検査のために電気を止める時間を
なくすことによるサービス向上につなげる

ガソリン店頭価格
9週間ぶりに下落に転じた
24日時点の価格(レギュラー、全国平均)
前週比0.1円安い1リットル133.9円
需要が盛り上がりを欠くなかでスポット市場のガソリン安が波及

居住用賃貸物件成約数
3月首都圏
前年同月比0.5%減
減少は13カ月連続
賃料が相対的に高い東京23区や都内23区以外で
マンションの成約数が減少したのが響いた

2017/4/26
東証空売り比率
35.8%

空売り比率
26日に前日比1ポイント低い35.8%
約1カ月ぶりの低水準
株式相場の先安観が後退し空売りしづらい雰囲気が強まっている
4月に入ってから空売り比率は高水準が続いていた

電子部品受注額
村田製作所やTDKなど大手6社
2017年1~3月期の受注総額
前年同期比約12%増
16年10~12月期に続き増
2ケタ増は6四半期ぶり
自動車向けに加え中国のスマホ向けの出荷が下支え
アルプス電気や京セラは増産投資に着手しており
国内景気に好影響を及ぼしそうだ

6305 日立建機
3月期決算
純利益2.2倍(になりそうだと発表)
新興国で販売回復
資源価格の安定や新興国の旺盛なインフラ・建設需要を背景に
インドや中国で油圧ショベルの販売が伸びる
17年3月期に相次いで買収した鉱山機械向けの部品・サービス関連2社も収益に貢献

米国
トランプ政権が発表した北朝鮮問題に関する声明の骨子
北朝鮮の核開発は安全保障の差し迫った脅威で、外交政策で最優先事項
核開発の計画を断念させ、対話の道に戻るよう圧力。同盟国などとともに経済制裁の強化や外交努力などを推進
米国は朝鮮半島の非核化をめざす。この目標に向けた対話にはオープンな姿勢

メキシコ
経済相
米国、カナダとの間で実施される北米自由貿易協定の再交渉について
8月下旬にも開始されるとの見通しを示した
交渉期間についてはおおむね6カ月で完了するとの見方を明らかに

米国株
26日3営業日ぶりに反落ダウ21ドル安
利益確定売り優勢に
前日比21ドル03セント(0.1%)安の2万0975ドル09セントで終了
前日まで大幅に続伸した反動で取引終了にかけて利益確定を目的とした売りが優勢に
トランプ米政権が税制改革案を発表したが
トランプ氏が大統領選で掲げた公約に沿った内容にとどまったため好感した買いは限られた

日経平均株価
19,251.87  -37.56 (-0.19%)
キャプチャ


東証2部指数 5,802.97 +12.55 +0.22%

マザーズ指数 1,033.30 +12.30 +1.20%


金、銅、WTI原油先物
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ

原油関連
原油供給の抑制に向け産油国は協調減産を継続すべきだとのコンセンサスが形成されつつある中
OPEC加盟国のサウジアラビアとベネズエラのエネルギー相
原油減産の延長について協議するためロシアのエネルギー相との会談を計画している


世界工業用原材料価格事情
世界銀行
エネルギーや金属をはじめとする工業用原材料の価格が2017年と2018年に上昇すると予測
「一次産品市場の見通し」2017年4月版
2017年の原油価格見通しを1バレル当たり55ドルに据え置き
2018年には平均60ドルに上昇すると予測
OPEC加盟国および非加盟国の減産により原油価格は上昇
市場は緩やかなリバランスの兆しを見せる
米国のシェールオイル業界が予測を上回るペースで回復した場合
これらの原油価格見通しは下振れするリスクがある

天然ガス、石炭も含めたエネルギー価格
2017年に26%急騰
2018年にはさらに8%上昇すると見られる
原油価格と同様、2017年の天然ガス価格は米国での価格急騰に
牽引されて15%上昇する見込み
2017年の石炭価格は世界の石炭消費量の半分を占める
中国が行っている生産制限により6%上昇すると見られる

20017年の金属価格
中国での堅調な需要に加え、チリ、インドネシア、ペルーでの鉱山操業停止による
供給制約のため16%急騰すると見込まれる
大規模鉱山での労働者によるストライキや契約紛争が、銅価格上昇の一因
貴金属価格は、ベンチマーク金利の上昇と安全資産としての購入の減退に伴い
2017年は1%
2018年もさらに1%下落すると予測

米国
石油在庫が先週大幅に減少したとの情報にもかかわらず
投資家が世界的な石油の超過在庫を危惧していることから27日原油価格が下落

ベネズエラ
政府が外資系企業への圧力を強めている
米ゼネラル・モーターズ工場差し押さえに続き
スペイン通信大手テレフォニカの現地子会社が反政府デモ支援の疑いで捜査対象となった
デモ弾圧で国際社会からの非難が強まる中反米左派のマドゥロ大統領は
混乱収拾に動き出した国際機関からの脱退を宣言するなど孤立を深めている

麻生太郎副総理・財務相
環太平洋経済連携協定を米国を除く11カ国で発効させる「TPP11」
「(発効は)早い」と述べ
早期発効を目指す考えを明らかに
TPPからの離脱を表明している米国が復帰する可能性にも自信を示した

ECB
単一通貨ユーロの金融政策を決める理事会を開き
今後予定されている政治的なイベントが金融市場や景気に与える影響を
見極める必要があるとして政策金利の水準を据え置くなど
今の金融政策を維持することを決定

米国
新規失業保険申請件数(前週分)
前回:24.4万件(改訂:24.3万件) 予想:24.5万件 結果:25.7万件

ドラギECB
発言要旨
経済への下振れリスクはさらに後退
見通しが悪化すれば量的緩和の規模と期間を拡大する用意がある
景気見通しへのリスク、依然下振れ方向に傾いている
基調的なインフレ指標は依然として弱い
リスクはほぼ均衡へと近付いた
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』