記事一覧

2017/5/9 動き

米ドル/円 17/05/09 05:49 113.21
米ドル/円 17/05/09 19:39 113.78


NYダウ
21,012.28 +5.34 (+0.03%)
キャプチャ

米国国債10年
2.396 +0.020 (--%)
キャプチャ



個別
4183 三井化学
2017年3月期
連結営業利益
前期比4割増の1000億円超となった
石油化学製品の市況上昇を受け
年度後半に採算が大幅に改善
970億円としていた従来予想を数十億円上回り
07年3月期に記録した最高益を10年ぶりに更新した
緩衝材などに使用されるウレタン原料「TDI」の価格
ドイツの競合メーカーの生産トラブルなどが影響し前期初から上昇基調にある

6976 太陽誘電
電気を蓄えられる容量が世界最大の積層セラミックコンデンサーを開発
これまで最大だった同社のMLCCと比べ
大きさは同じだが容量は2倍
あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で市場拡大が見込める通信機器やサーバーの需要を開拓

9861 吉野家ホールディングス
牛丼大手3社の4月の既存店売上高
吉野家ホールディングスの「吉野家」は前年同月比8.4%減と2カ月ぶりに減収に転じた
金・土曜日限定の値下げキャンペーンなどでテコ入れしたが苦戦が続いている
吉野家は4月に4週連続で金・土曜日に牛丼並盛りなどを値下げ
ただ客数は前年同月比12.2%減と前年よりも大きく下回った
ゼンショーホールディングスの「すき家」は5.2%増
松屋フーズは3%増と伸びた
すき家は牛丼を中心とした定番商品の好調が続く
吉野家は昨年12月から3カ月連続で前年を下回っている

2158 FRONTEO
愛知医科大学らと複雑な慢性痛の診療を支援する
「疼痛診療支援AIシステム」の開発に向けて共同研究を開始

3692 FFRI
自動車ソフトウェア標準化団体「JASPAR」に加盟
自動車のサイバーセキュリティ分野で将来的に起こり得る脅威と対策技術の研究を推進する

4239 ポラテクノ
有機ELディスプレー用ブルー光高透過偏光板を開発
ブルー光の透過性能を大幅に向上させ、低消費電力や長寿命化に貢献

3922 PR TIMES
8369 京都銀行と業務提携
京都銀の法人顧客に向けたPR支援サービスを始める

4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
緑内障治療剤として開発中の「H-1129」について
滲出型加齢黄斑変性症と増殖型糖尿病網膜症に対する作用効果を米学会「ARVO2017」で発表

4591 リボミック
大塚製薬と昨年12月末まで共同研究していた
アプタマー「RBM001」と関連核酸に関するライセンス契約を結んだ

9790 福井コンピュータホールディングス
衛星測位システムGNSS関連の機能を強化した
新たな建設現場端末システム「TREND-FIELD」を販売開始


ニュース

国交省
宿泊施設のバリアフリー推進に向け全客室を対象にした設計指針を改定
高齢者や障害者が快適に過ごせるよう浴室やトイレの入り口では段差をなくした上
幅を80センチ以上確保することや字幕放送対応テレビの導入などを記載
2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、運営側に新築や増改築時の参考にしてもらう

発電用石炭
東北電力とスイスのグレンコア
2017年度の発電用石炭の長期契約価格
前年度比4割近く引き上げることで合意
両社の合意価格が指標となり
他の電力会社も同水準の価格で交渉がまとまる見通し
今後の電気料金の引き上げ要因となりそう

薄鋼板在庫
自動車や家電製品、建材に使う薄鋼板の在庫が減少
3月末
前月末比2%減
3年9カ月ぶりの低水準
減少は2カ月連続
自動車向け需要が好調
品種によって不足感が強まっている
高炉各社は店売り市場向けの供給を抑制し鋼板の値上げにつなげる構え
流通市場では追加の値上げは厳しいとの見方が多い。「1~2月が注文のピークで、3月以降は踊り場となっている」
製鉄原料である鉄鉱石や鉄スクラップが下落し
中国でも鋼材価格は下げに転じている
「流通市場での値上げに天井感があり、これからが正念場」

OPEC
原油価格
約半年ぶりの安値圏まで下げたのを受け相場下支えへ「口先介入」を強めている
サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相
OPECが6月までとした協調減産について延長を「確信している」と表明
供給過剰解消への期待感を維持する思惑

東証空売り比率
2017/5/8
35.2%

6758 ソニー
有機ELテレビを6月10日に国内で発売すると発表
2010年に販売終了して以来7年ぶりの再参入となる
基幹部品のパネルを韓国LGディスプレーから調達
スマホや動画配信サービスの普及でテレビの役割は変化している
自前主義から脱し17年の薄型テレビ世界市場で金額シェア10%と再起を狙う

4902 コニカミノルタ
医療機器大手のパナソニックヘルスケアから
医療用画像の管理システム事業を手がける子会社を買収すると発表
中小病院を中心に顧客基盤を広げるほか
医療機器とITを組み合わせたサービスの拡充につなげる
事務機事業の成長が鈍る中、医療事業を強化

東南アジア新車販売台数
主要6カ国
3月前年同月比14%増(31万6736台)
2カ月連続の2ケタ増
1~3月の累計でも前年同期比11%増の82万6545台に伸び
暦年ベースで3年ぶりに好転した2016年と比べ増勢は強まっており
域内シェア8割とされる日系メーカーには追い風

インドネシア
IT関連の起業や海外企業の進出が相次ぐ
ITの発展では中国やインドに後れをとる
2億5千万人の人口から世界有数のIT需要が生まれる可能性がある
同国のネット利用者は2014年時点で8370万人
これが18年までに約5割増の1億2300万人となり
日本を上回る見通し
スマホの普及率は5割を超えた
ネット通販も急速に発展

北朝鮮
石炭輸出200分の1に急減
3月中国の輸入停止響く
石炭は北朝鮮が貴重な外貨を獲得する手段となっており
中国の輸入停止が続けば経済的な痛手は大きい

中国
対米黒字
4月の貿易統計(ドルベース)
対米国の輸出は前年同月比11.7%増の329億ドル(約3兆7千億円)
輸入は同1.5%増の115億ドル
貿易黒字は213億ドルで同18.2%増
1~3月対米黒字は496億ドルと前年同期より1.9%減
4月は増加に転じた

内閣府
4月消費動向調査
消費者心理を表す消費者態度指数
前月から0.7ポイント下落
43.2
前月を下回るのは5カ月ぶり
食料品などの値上げが消費者心理の悪化につながった
1年後の物価は「上昇する」とみる消費者が大幅に増えた

中国
上場鉄鋼企業の1―3月期連結純損益が大きく改善
鋼材の販売価格が上がり
前年同期比で主要29社のうち12社が黒字化
13社が利益増
4―6月期は高水準の粗鋼生産が続き
需給が緩和
販価が下がり、収益は再び悪化
能力削減は進むが生産は調整されず
中国の不安定な需給と価格は海外の鉄鋼企業の業績にも影響を及ぼしそう

中国
鋼材輸出量は4月も減り続けた
649万トン
前年同月比28・5%減で9カ月連続減少
違法鋼材「地条鋼」の撤廃や海外諸国との貿易摩擦が要因
過剰能力削減の進展で輸出余力がさらに減る可能性はある
鉄鋼大手の海外市場開拓の意欲は強く
政府の不動産投資抑制方針から需要が下振れする見通しもあり
需給次第で輸出が増加に転じる状況は変わらない

日経平均株価
19,843.00 -52.70 (-0.26%)
キャプチャ

東証2部指数 5,902.23 +7.14 +0.12%

マザーズ指数 1,061.08 +1.22 +0.12%


リビア
OPEC加盟国で政情不安が収束しつつある中
同国の原油生産は回復し2014年10月以来の高水準に達している
同国の増産によりOPEC加盟国など主要産油国への圧力が増している
原油価格の下落を背景に主要産油国は減産を延長する可能性を示唆
リビアの生産回復によって一層困難な状況となりそうだ

大手商社7社
2017年3月期決算
石炭価格の大幅な上昇などにより前年に巨額損失を出した社の業績が回復
赤字だった三菱商事、三井物産が黒字に転じた
伊藤忠商事、豊田通商が過去最高の純利益を計上
石炭価格は中国の生産調整などの影響で、昨年夏以降に急上昇
資源の採掘事業を展開する商社にとって、価格の上昇はそのまま利益の拡大につながる

トウモロコシ
国際価格
今後3カ月間弱基調が続きそう
指標となるシカゴ市場の先物価格は1ブッシェル3.50~3.80ドルの推移を予想
作付けが始まった米国産は5年連続の豊作をうかがう勢い
南米も記録的な豊作となり過剰感が強まる


5019 出光興産
5002 昭和シェル石油
経営統合計画を延期している両社は原油調達などの事業で提携すると発表
統合に先立って原油調達やガソリンなどをつくる精製、物流といった分野で連携を深め
3年以内に年250億円以上の相乗効果を引き出す
会見には出光の丹生谷晋取締役と昭シェルの渡辺宏常務執行役員が出席

アルゼンチン
マクリ大統領
南米の関税同盟とEUとの自由貿易協定(FTA)交渉について
「年内になんらかの形で合意できるだろう」と述べた
仏大統領選のマクロン氏勝利でEUの自由貿易路線が堅持され
交渉が加速するとの見方を示した
18日の来日を前に「農畜産品などの貿易を増やしたい」と対日輸出拡大に意欲を見せた
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』