記事一覧

2017/5/30 朝までの動き

米ドル/円 17/05/30 05:50 111.25
おらぁ


個別

2296 伊藤ハム米久ホールディングス
発行済み株式数の0.67%にあたる200万株(金額で20億円)を上限に
自社株買いを実施
買い付け期間は5月30日から18年3月31日

6718 アイホン
既存株主による47万9000株の売り出しと、オーバーアロットメントによる上限7万1000株の売り出しを実施
売り出し株数は最大55万株で発行済み株式総数の3%に相当する。売出価格は6月6日から9日までの期間に決定される

2492 インフォマート
企業間における請求書業務を電子化する「BtoBプラットフォーム請求書」の利用企業が14万社を突破

2681 ゲオホールディングス
発行済み株式数の0.93%にあたる45万株(金額で5億5000万円)を上限に自社株買いを実施
買い付け期間は6月8日から7月31日

3694 オプティム
佐賀県と第4次産業革命実現に向けたAI・IoT活用推進の包括連携協定を締結

3727 アプリックス
IoTセキュリティスキャナー「Gumwheel(ガムホイール)」を「AWS Summit Tokyo 2017」に出展
ガムホイールはIoT機器をまとめてスキャンし、セキュリティリスクがある機器を検出するソフト

4779 ソフトブレーン
不動産事業などを手掛けるユーミーホールディングスに
営業支援システム「eセールスマネージャーRemix Cloud」を導入

4974 タカラバイオ
悪性黒色腫を対象とした腫瘍溶解性ウイルス「HF10」の
国内第2相臨床試験で第1例目被験者への薬剤投与を開始

5801 古河電気工業
「超軽量カーボンナノチューブ(CNT)電線の開発」テーマが
NEDOが実施する「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」に採択
実験や試作を劇的に効率化することでCNT電線の実用化に向けた開発を大幅に加速する

6038 イード
配信中のアイドルVRコンテンツ「トキメキメテオ」を新たに全国のネットカフェなどで配信開始

7162 アストマックス
子会社アストマックス投信投資顧問が運用するファンド
「Yjam投信シリーズ」を新たに伊予銀行など4社が取扱開始

7844 マーベラス
スマートフォン向けゲーム「戦刻ナイトブラッド」の正式サービスを開始
同タイトルはアイディアファクトリー、KADOKAWAとの共同企画「『戦ブラ』プロジェクト」の第1弾
4月14日から開始した事前登録者数は60万人を突破

7859 アルメディオ
グローバルサーチ社から不動産総合比較サイト「イエカレ」事業を譲受。取得価額は4億5000万円
および6月1日からの1年間における業績に応じた追加代金(4000万円~4億2000万円)の合計額
同事業の17年1月期売上高は4.6億円、経常利益は1.5億円だった。これを踏まえ、今期売上高を7%上方修正

8789 フィンテック グローバル
「メッツァビレッジ」「ムーミンバレーパーク」の着工に向け
建設予定地の地元自治体である飯能市から開発許可を取得

9045 京阪ホールディングス
京都市の不動産会社、ゼロ・コーポレーションの全株式を取得し子会社化

9788 ナック
昨年8月に業務提携に向けて基本合意したアクアクララと折半出資の宅配水事業会社を設立

9790 福井コンピュータホールディングス
建設ICT普及を睨み、土木施工現場向け建設VRシステム
「TOREND-CORE VR」を8月22日に発売
「TREND-CORE Ver.4」、3D点群処理システム「TREND-POINT Ver.5」も同時にリリース

ニュース

政府
成長戦略の柱に人材投資を据え
「IT(情報技術)力強化集中緊急プラン」を盛り込む
IT人材の不足に対応するため今後2~3年の重点施策を盛り込む
社会人が学び直す際の助成率を7割に上げ、民間企業の講座も対象に
小中学校や大学には企業から講師を派遣
AIなどで働き方がかわり、新たに生まれる雇用機会に対応できる人材を育成

日銀
2017年3月期決算
企業の最終損益にあたる当期剰余金は前の期比23%増の5066億円
増益は2年ぶり
中間決算は円高の影響で赤字転落したが
トランプ米大統領の誕生で円安に振れたため通期では黒字を確保

リース事業
2016年度のリース取扱高
5期座主203億円
前年度比0.4%減少
取扱高の減少は2年ぶり
情報通信機器や工作機械が前年度に好調だった反動で落ち込んだ
訪日客需要やインターネット通販などの拡大を受けて
バスやトラックなど輸送用機器が10%増えたが補いきれなかった

愛知県
2017年度に設備投資を行う企業は57.6%
全国平均を5.2ポイント上回ったと
運輸・倉庫や製造業を中心に投資意欲が高い
先行きへの懸念を理由に設備投資を見送る小規模企業も多く
企業規模によって意欲に差がある実態も浮き彫りに

各国がパリ協定で誓約した目標を達成すると想定した場合
二酸化炭素の排出削減にかかる費用が2020年に1トン当たり40~80ドル
2030年に同50~100ドルに急上昇する見通し
世界最大の炭素市場である欧州ETSでは
炭素価格は1トン当たり約5ユーロ
2021~30年の平均見通しは1トン当たり16ユーロ程度

関西経済連合会
総会
副会長を務めていた
住友電気工業の松本正義社長を会長に
新体制は2025年の大阪開催をめざす国際博覧会やカジノを含む
統合型リゾートの誘致などに力を入れる

国際航空貨物
長期契約運賃
欧州向けや米国向けを中心に上昇
2年ぶり運賃上げ
2017年度4~9月期東京―欧州向け直行の混載料金
16年度下半期と比べて約5%高
自動車部品などの輸送量が増える一方、航空会社が減便などでスペースを絞ったことで値上げが浸透

中国
中国の鋼材市況が反転上昇
市中在庫が減少
需給が調整されてきた
とりわけ異形棒鋼が急伸
第4週にトン3867元(約6万3000円、増値税込)と前週比3・5%高
5週連続合計約7800円上がり
冷延鋼板とほぼ並んだ
旺盛なインフラ工事や違法鋼材「地条鋼」排除で需給が引き締まっている

IT技術者求人
エンジニアの中途求人やフリーランス案件数は
2016年度に前の年度から12%増
IoTや人手不足を背景に、人材への引き合いが強い

生コン出荷量
4月出荷量
前年同月比0.6%減少
前年実績を下回るのは2か月ぶり

東証空売り比率
2017/5/29
36.7%

航空機生産額
2016年度
1兆7058億円
前年度比5%減少
減少は5年ぶり
防衛向けは増えたが民間機は日本企業が部品供給に多く
参画する米ボーイング社の大型旅客機「B777」向けが大きく落ち込んだ

3407 旭化成
自動車シートやエアバッグ用の高機能繊維を増産
タイで増産する紙おむつ用の不織布も含め100億円強を投じる
旭化成は汎用品の生産から撤退した後
付加価値の高い繊維事業に経営資源を集めている
品質だけでなく規模も追求し、グローバルな競争力を底上げする

6752 パナソニック
2020年度をめどにアジアのテレビ生産能力を
16年度比1.5倍の300万台に引き上げ
マレーシアとベトナムの拠点を増強
「4K」液晶テレビの一部も含めて低コストで量産
国内の買い替え需要やアジアの市場拡大に対応する
「4K」テレビは設計開発も一部をマレーシアへ
アジアに軸足を移し、縮小傾向にあるテレビ事業の反転を狙う

保育大手
ITで現場の作業効率を高める
こどもの森は登園・退園時刻を専用アプリで記録できるシステムを導入
グローバルキッズは保育士が書く日誌を電子化
保育士の有効求人倍率は3倍近い高水準が続き離職者も多い
中小事業者が多い保育業界はIT投資が遅れていたため職員の負担軽減策を急ぐ

東南アジア主要国
輸出の回復が目立っている
中国の需要増と資源価格の持ち直しが追い風
シンガポールやマレーシアでは主力の電子部品を中心に
1~3月期の輸出額が前年同期比で2桁伸びGDPを押し上げた
消費頼みの経済成長から輸出と消費が
両輪で経済を支える構図が定着するかが東南アジア経済の先行きを左右する

台湾
洋上風力発電に世界大手の投資申請が殺到している
当局の設定した投資枠に対し
デンマークのDONGエナジーなど外資を中心に申請は3倍強の
1.8兆台湾ドル(約6兆7千億円)に
もともと風力が強く、脱・原発政策も進むためだ
中国での参入余地も小さくなっており条件の良い台湾を拠点にアジア展開を探る動きが広がりそう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』