記事一覧

2017/6/6 動き 束の間の日経20,000円でおま

米ドル/円 17/06/06 06:00 110.45

NYダウ

2017/6/6
21,184.04 -22.25 (-0.10%)
キャプチャ

個別
7747 朝日インテック
自己株処分による69万9100株の売り出しと、オーバーアロットメントによる
上限21万0900株の売り出しを実施するほか
既存株主による70万7200株の売り出しを行う
売り出し株数は最大161万7200株で発行済み株式総数の約2.5%に相当す
売出価格は13日から16日までの期間に決定

3160 大光
6月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施
最低投資金額は現在の2分の1に低下する

3908 ココカラファイン
東京都で調剤薬局・介護事業を展開するシニアコスモスの全株式を取得し子会社化

3678 メディアドゥ
毎日新聞社、3776 ブロードバンドタワー とベンチャーの起業支援で協業
合弁会社「毎日みらい創造ラボ」を7月に設立

3727 アプリックス
米Amazonが提供する音声認識機能「Alexa」に対応する家電向けの
トータルIoTソリューションを発売
音声で操作できる家電の開発を支援

4583 カイオム・バイオサイエンス
「ヒト化TROP-2抗体」に関する中国特許を取得
同特許はヒトTROP-2を標的としたヒト化モノクローナル抗体に関するもの

6083 ERIホールディングス
静岡県から自治体初のドローンを活用した既存建築物の外壁調査を受注

6666 リバーエレテック
世界最小サイズの音叉型水晶振動子「TFX-05」を開発
スマートフォンやウェアラブル端末、IoT関連機器への採用が期待される
下期に量産対応を予定している

6769 ザインエレクトロニクス
次世代高速インターフェース規格「V-by-One US」向け伝送路の開発について
国際電子回路産業展「JPCA Show 2017」の東レ・デュポンブースで成果の一部が展示紹介される

7190 マーキュリアインベストメント
月内にも100億円規模の航空機ファンドを立ち上げる
世界の航空会社に中古の中型機をリースすることで得られる収入を
投資家に配当として支払う
運用利回りは6~8%を想定
低金利の運用難に直面する国内の年金基金や地銀の出資を見込む



ニュース
金国際価格が上昇し
約1カ月半ぶりの高値圏にある
ニューヨークの先物価格は日本時間5日の時間外取引で
1トロイオンス1280ドル台で推移
5月上旬につけた直近の安値と比べて6%程度高い
米国の利上げペースが鈍化するとの見方から買いが優勢

サウジアラビア
サウジアラムコ
7月積みのアジア向け原油の調整金を全油種で引き上げ
代表油種の「アラビアンライト」の引き上げは4カ月ぶり
指標価格に対し1バレルあたり0.25ドルの割引とし
6月積みに比べて0.60ドル上げ

コンテナ船
活発な荷動きに沸き
ばら積み船も中国の旺盛な資源輸入で回復基調だったが
ここにきて相場は踊り場を迎えている
上昇持続を見込む声は多いものの海運各社の競争体質と中国頼みの需要構造という
マイナス要素が先行きを見通しにくくしている
昨年は3月にスポット運賃が史上最安値をつけ
年間運賃も前年比2~4割下落
韓国大手の韓進海運が経営破綻
国内3社も生き残りを懸けてコンテナ事業の統合に踏み切った
値上げ交渉の切り札は過去最高ペースで増える欧米向けコンテナ輸送
堅調な住宅着工や個人消費に支えられ、春先から各社の船は満杯に近い
しかし、年間運賃は採算ラインにも届かなかった
「相当な高値を提示してきたが、終わってみれば口ほどにもない交渉態度だった」
 「市場への影響力が強くない我々の規模では相場観に合わせざるを得ない」(商船三井)
商船三井の今年1~4月のアジア発米国向け輸送量シェアは5%で12位
川崎汽船が7位
日本郵船も11位と存在感の希薄な日本勢に値上げを引っ張る馬力はなかった

ドローン
大分県内の事業者や個人が集まり、ドローンを活用したビジネスチャンス発掘を狙った
「大分県ドローン協議会」が発足
参加を表明しているのは移動体通信事業のモバイルクリエイト
半導体製造装置などを手掛けるデンケン、大分大学など約120社(個人も含む)
13日に設立総会を行う

G20や経済協力開発機構
グローバル企業による課税逃れを防ぐため新たな多国間協定を始動させる
日英仏など約60カ国が7日に署名し
2国間で租税条約を改正しなくても対策の統一ルールを適用できるようになる
米国は協定に参加せず2国間の条約で対応する
ルールで足並みをそろえるが、国際的な連携に課題が残る

安倍晋三首相
第23回国際交流会議「アジアの未来」の晩さん会で演説
中国の広域経済圏構想「一帯一路」について「協力をしていきたいと考える」との姿勢
同時に同構想下でのインフラ整備への協力には「透明で公正な調達」など3つの注文をつけた
1.万人が利用できるよう開かれ、透明で公正な調達がされる
2.プロジェクトに経済性がある
3.借り入れ国が債務を返済可能で財政の健全化が損なわれない

大学の革新的な研究成果をもとにビジネスに参入する大学発ベンチャー(VB)が成長
2015年の業績が判明した817社の売上高合計は1847億9300万円で
比較できる07年以降で最高

高炉メーカー
厚板事業での収益回復に向けマージン改善に傾注する
厚板でも大きく変動する原料コストの製品価格への転嫁遅れなどで収益が悪化し
造船、建機など2017年度上期のひも付き価格交渉では
韓国造船メーカーも含め、トン当たり5000円から1万円の値上げを目指し販価是正に本腰を入れる

米国
5月ISM非製造業景況指数
前回:57.5 予想:57.1 結果:56.9
4月製造業新規受注(前月比)
前回:+0.2%(改訂:+1.0%) 予想:-0.2% 結果:-0.2%

レアメタル
海洋研究開発機構・高知大学
レアメタルを多く含む鉱床が千葉県房総半島の沖合約
350キロメートルの海底に広がっていることを確かめたと発表
れまで見つかった鉱床より陸地に近く、掘削や運搬などのコストを抑えられるという
厚みが10センチメートルを超える岩石も見つかっており希少資源が豊富に眠っている可能性がある

国土交通省
空き地対策を強化
市町村に空き地対策の担当部署を設けるよう求め
長期間放置された空き地の所有者に雑草の除去や樹木の伐採などを促す
有識者検討会が月内にも報告書をまとめ、国交省は法改正も視野に検討

警察庁
海外で相次ぐテロ事件に触れ「我が国に対するテロの脅威はまさに現実のものと言える」
2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え
競技場など不特定多数が集まる「ソフトターゲット」を狙ったテロ対策の推進を指示

9413 テレビ東京
5月29日から6月4日のゴールデンタイム
週間平均視聴率で8.6%を記録
1964年の開局以来、初の民放キー局3位に輝いたことが5日分かった

食肉在庫の減少が続いている
4月末の在庫量は前年同月比6%減
7カ月連続で前年実績を下回った
天候不順や鳥インフルエンザの影響でオーストラリアや米国からの輸入が滞った

生コン出荷量
5月
前年同月比18.4%
前年比プラスは3カ月連続
大手町や日本橋などでの大型の再開発案件向けの出荷が進んだほか
五輪施設工事の需要が下支え

天然ゴム国際価格
下げ基調を強めている
先物価格は5日、シート状ゴムの期先物(2017年11月物)清算値が
前週の直近高値に比べ10%下がった
主産地タイでの生産回復見通しを理由に投資家の間で利益確定の売りが膨らんだ

無電柱化
国土交通省
推進に向けた取り組みを加速させる
「道路の無電柱化 低コスト手法導入の手引き」を策定して関係者に対し発出
電線地中化推進に向け、浅層埋設・小型ボックス活用埋設方式の全国展開を進めていく
さらに、一層の低コストが期待される直接埋設方式についても今年度にモデル施工を予定している

東証空売り比率
2017/6/5
36.1%

車載半導体市場
主導権を握るプレーヤーが大きく変わろうとしている
自動運転技術の進展により、主戦場がエンジンを制御するマイコンなどから
車の周辺を把握して操縦する「車の頭脳」に移りつつある
車載分野に本格参入したインテルとクアルコムに、急成長するエヌビディア
米系3社の競争が激しくなっている

中国新車販売
5月
トヨタ自動車
前年同月比9.6%増
日産自動車は5.7%増
ともに4カ月連続で前年実績を上回った
中国市場全体が弱含みで推移する中商品力のテコ入れを行うなどして
日系大手メーカーの中国での健闘が続いている

国内情報セキュリティーサービス市場
2021年
16年比31.2%増の9434億円に達するとの予測
20年の東京五輪に向けて工場や鉄道、金融など重要インフラを中心に
サイバー攻撃を防御する需要が高まると予想
予測ではセキュリティー関連の機器やソフトへの投資も増えると見込む
機器とソフトを合わせた製品市場は21年に16年比22.5%の3477億円に達する
なおサービス市場と製品市場は一部が重複
市場拡大をけん引するのは20年に開かれる東京五輪に関連する需要
政府は世界の注目が集まる東京五輪の期間を狙った
日本に対する大規模なサイバー攻撃に警戒しており
関係業界に防御の強化を促している
また情報漏洩対策の強化を求めるマイナンバー法
改正個人情報保護法が相次いで施行されていることも市場拡大を後押しする


中国
自動車メーカーに一定比率の新エネルギー車の販売を義務付ける規則の導入を
当初予定の2018年から約1年延期する検討に入った
電気自動車(EV)などの開発が間に合わないため
メーカー側から延期を求める声が強かった
世界最大の自動車市場である中国の方針修正は
メーカー側の新エネ車対応に猶予を与える形になりそう

北朝鮮
4月の石炭輸出がゼロとなったことが明らかになった
国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の報告で判明
中国の制裁順守裏付け

サウジアラビア
同じイスラム教スンニ派のアラブ国であるカタールと国交を断絶すると発表
カタールによるイスラム組織への支援や
サウジが急ぐ「イラン包囲網」を巡る立ち位置の違いなどが断交の背景に
中東情勢が不安定になれば日本のエネルギー調達を含め世界経済に悪影響を及ぼす懸念がある

日経平均株価

19,979.90 -190.92 (-0.95%)
キャプチャ


東証2部指数 5,991.84 -24.97 -0.42%

マザーズ指数 1,107.88 -14.76 -1.31%


金、銅、WTI原油先物
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ

政府
防災・減災に向けた対策を話し合う「国土強靱化推進本部」の会合を首相官邸で開き
2017年度の行動計画を正式決定
首都直下地震や南海トラフ地震の発生を念頭に
河川堤防の整備率を20年度に75%に引き上げる




所感
ゲーム株崩壊の中
新興の下げ幅はそこまでひどくなく-1.31%
Twitterで盛んに煽られていた銘柄の大幅下落からの新興連れ安という展開の前場
中身のないゲーム株ではなく本当に良い銘柄が下げ渋る中
後場日経も崩れる-0.95%
20,000円という久し振りの日経平均株価も2日で終了
ドル円も現時点で 17/06/06 19:40 109.50

原油の上げも渋る中金の価格は米国重要イベントへ向けて上昇
日経の上げ渋りは米国のダウ以上に敏感に反応しているということか
元々こんな時期に海外が買いに来ていることが不思議だが
今日のダウも上値限定か売り先行になるという予想です

鉄鋼セクターも中国の住宅規制の強化による鉄鋼需要の下降
国内向けはフル稼働とはいえ頼みの中国が様々な規制で
世界のイニシアチブを握ろうとする中
上値は重い
海運セクターも鉄鉱石の価格下落、鉄鋼需要の下降で上向きはあまり考えられない
唯一の救いはこれ以上の悪化はないであろうという
ネガティブな思惑のみ
今週MSQを控え米国の上院情報特別委員会が8日に予定している
コミー前FBI長官の公聴会証言も控えており
日経の再度の20,000円を試す動きはその後の米国しだいだろう

日本の株は現在割安であるのは確かだが円高ドル安、原油も上値が重く
夏枯れも近づいている
内需を狙う戦法なのか
しかし内需の主だった良企業も上げきっており今後利確に押されるという見方

本日総括終了

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』