記事一覧

2017/6/8 朝までの動き

米ドル/円 17/06/08 05:30 109.80

NYダウ
2017/6/7
21,173.69 +37.46 (+0.18%)
キャプチャ
米株式相場は3営業日ぶりに反発
ダウ工業株30種平均は、前日比37ドル46セント(0.2%)高の
2万1173ドル69セントで終えた
8日にあるコミーFBI前長官の議会証言の冒頭部分の草稿が公開
内容が過去の報道の範囲内だったとの見方から買い安心感が広がった
原油先物相場の下落に加え証言の質疑応答や英総選挙などを見極めたいとの雰囲気も残り
上値は重かった
米上院情報特別委員会が公表した草稿によると、コミー氏はロシア疑惑に絡んで更迭されたフ
リン前大統領補佐官の捜査から手を引くようトランプ大統領から要請された
ほぼ米メディアの報道通り
新たな事実はなかった
目先の不透明感が後退したとの見方が広がり
草稿が公表されると米株式相場は上げ幅を拡大


ニュース


英国総選挙 6/8投開票
過半数は326議席
日本時間
15:00 投票開始
06:00 投票終了~出口調査発表
08:00 結果発表(最初の選挙区)
11:00 勝利陣営ほぼ確定

インターネット関連の起業家らを集めた国内最大級のイベント
「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS)」が7日までの3日間
神戸市で開かれた
VRなどを使った多彩な若者のアイデアが高い評価を得る一方
事業にグローバルな視点が足りないといった課題も指摘され
起業家育成を目指す神戸市にも示唆に富むイベントになった

オーストラリア産牛肉の価格が米国産を上回る逆転現象が起きている
干ばつの影響で飼育頭数が減少
現地価格の上昇が続いている
飼養頭数の減少に伴い輸出余力も低下しており
豪州産のシェアも低下している

国産牛肉も高値が続いている
畜産農家の減少に歯止めがかからず生産余力が低下
取扱量が最も多い和牛A4去勢の取引価格
平年(過去5年間の平均)比18%高い水準

画像センサー
スマホなどのカメラに用いる電子部品CMOS(相補性金属酸化膜半導体)
イメージセンサーの大口価格が下げ止まってきた
代表品の価格は1~3月期から横ばいで推移
スマホにカメラを複数積む「デュアルカメラ」の普及で需要が拡大している

レギュラーガソリン店頭価格
5日時点
前週から変わらず1リットル131.7円
過去の卸価格の引き下げ分を転嫁する動きと先週の引き上げを反映する
動きが重なって全体では横ばいとなり
7週ぶりに値下がりが止まった

段ボール
値上げ交渉が動かない
古紙価格の上昇を背景に段ボール原料となる
原紙メーカーは値上げを表明したが
大手の王子マテリアとレンゴーは沈黙を続ける
2強が動かないと交渉が進まないため
先に値上げを打ち出したメーカーは困惑
「原紙だけ値上げしても収益改善の効果は薄い」
王子ホールディングスの矢嶋進社長の言葉が段ボール値上げの難しさを象徴

ニューヨーク金先物相場
4営業日ぶりに反落
ニューヨーク商品取引所
取引の中心である8月物
前日比4.3ドル安の1トロイオンス1293.2ドルで終えた
前日までのリスク回避ムードが後退
実物資産の裏付けがあり安全資産とされる金への資金流入が一服
米株式相場が小幅に上げるなど投資家のリスク回避姿勢がやや後退
金相場は前日におよそ7カ月ぶりの高値を付けており
目先の利益を確定する目的の売りが出た

原料炭
シンガポール取引所
原料炭のデリバティブ取引が膨らんでいる
5月のスワップと先物の売買高は前月比3割増
過去最高となった
原料炭の価格が乱高下するなか
生産業者や製鉄所の間で価格変動を回避する動きが広がっている
市場の規模を示す建玉(未決済残高)も1月比3倍となった
3月末にオーストラリアを襲ったサイクロンの影響で石炭の供給が滞ったため
原料炭のスポット価格は4月に一時1トン300ドルを上回った
その後に供給が回復すると下げに転じ
5月には150ドル前後まで急落した
価格が大きく振れるなか
スポット市場で取引する生産業者や製鉄所は対応を迫られる
一部の生産業者が高値のうちに販売価格を固定する取引を増やしているとの見方も
米国やロシアの生産業者に加え、欧州の製鉄所も取引を始めたという

ステンレス鋼板
新日鉄住金ステンレス
6月契約分のステンレス鋼板の国内販売価格を1年ぶりに引き下げると発表
住宅設備機器などに使うニッケル系薄鋼板
前月比で1トンあたり5000円(1~2%)
業務用厨房などに使うクロム系も同5000円(2%)引き下げ
原料となるクロムやニッケル価格の下落が値下げの主因
最近の円高・ドル安傾向も価格下落の一因

家畜の飼料原料となる大豆かす(大豆ミール)国際価格が軟調に推移
指標のシカゴ市場の先物価格
日本時間7日夕の時点
1米トン(約910キロ)303ドル台で推移
2月中旬につけた直近の高値から13%下落
原料の大豆相場の下げが波及

東証空売り比率
2017/6/7
36.4%

4751 サイバーエージェント
6月中にも総額30億円の投資ファンドを設立
運用期間は7年間
アニメの製作委員会に特化して投資
アニメをネット上で配信する権利やゲーム化する権利などを取得する考え
アニメコンテンツの充実で自社のメディア事業やゲーム事業の拡大につなげる

9086 日立物流
2018年3月期に資本提携する佐川急便との協業などにより
50億円規模の税引き前利益(国際会計基準)を捻出する見込み
提携初年度の前期は40億円弱だった
深夜に使っていないトレーラーで佐川急便の貨物を運ぶなど
新たな取り組みで効率化を進め、利益を積み増

海運
商船三井や日本郵船など海運会社と造船会社
海難事故を減らせる自動運航船を共同開発
AIが安全な最短航路などを導き出す自動運航システムを構築し
2025年までに国内で建造する約250隻に搭載する
少なくとも数百億円の開発費用が見込まれるなか
海運と造船会社が知見を持ち寄ることで各社のコスト負担低減につなげる

1963 日揮
アルジェリア国営炭化水素公社(ソナトラック)から
原油の集積・処理設備を約700億円で受注
設計や資材調達、建設工事を一括で請け負い
2020年に納入
14年半ばからの原油価格の下落で産油国の国営石油会社は
設備投資を絞り込んできたが
生産量を維持するための投資は少しずつ回復しつつある
プラント会社の受注増につながる可能性も

4月の景気動向指数(CI、2010年=100)
景気の現状を示す一致指数は前月比3.3ポイント高い117.7と2カ月ぶりに上昇
2008年2月以来9年2カ月ぶりの高水準
自動車関連の生産や出荷が堅調
上昇幅は消費税導入前の1989年3月以来
28年1カ月ぶり
前月と比べられる7つの指標のうち
6つが押し上げ要因
自動車や自動車向け部品、中国でのスマホ関連部品が堅調
生産や出荷が上向いた
押し下げ要因となったのは商業販売額

米国
4月の消費者信用残高3兆8210億ドル(約420兆円)
年率換算で前月比2.6%増にとどまり
2011年8月以来5年8カ月ぶりに低い伸び
同指標はローンなどの借り入れによる個人消費の動向を示す
4月は、クレジットカードなど「リボルビング払い」ローンが1.8%増
自動車ローンや教育ローンなど「非リボルビング払い」ローンは2.9%増

インド
インド準備銀行
政策金利を6.25%のまま据え置き
据え置きは2016年12月から4会合連続
インフレ率は中期目標である4%以下にとどまっている
原材料や賃金、輸入コストなどの動向を見極めるとしている
インド経済は堅調
民間投資の回復や銀行の不良債権処理などが必要で
金融政策の変更はこれらの課題が改善された上で打ち出した方が効果的と指摘

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』