記事一覧

2017/6/19 動き 

米ドル/円 17/06/19 05:59 110.85
米ドル/円 17/06/19 19:40 110.99
NYダウ
2017/6/16
キャプチャ

ニュース
原油動向
OPEC諸国はこれまでになく全会一致の合意により
予定されていた6ヵ月間の減産延長を9カ月にまで延ばした
ところがその最中から原油価格は下落を始め
5月25日は5月以来の価格の天井となっている
総会までの間にサウジアラビアやイラン、ロシアの石油大臣が、7月以降も減産をするということを繰り返し発言し
市場はそれを織り込んで上昇していたから、いざ実際に減産決議をしたときは
それまで買っていた投資家が売り閉じる動きが多くなった
原油価格のキナ臭い動きの要因は中東情勢
注目されるのはカタールを巡るサウジアラビアとイランの対立の行方

・何らかの対立がどこかで激化するというシナリオ
その場合は地政学的リスクの発生により原油価格が上昇

・イランがサウジアラビアに対抗してアジア諸国での
原油シェアを伸ばそうと原油生産を増やす場合
イランは減産対象国からはずれておりリビアやナイジェリアと並んで
今後原油を大手を振って増産できる国である
サウジアラビアの主要市場であるインドや中国向けにイラン産原油が大量に輸出されて
世界の原油需給を再び供給過剰に戻す可能性


今後の行方
地政学的リスク
1つは7月17日に最初の返済が予定されるギリシャ国債の償還資金の問題
これは6月15日の欧州財務相会議で資金支援が決定されれば、リスクは解消する

欧州共同体のリスクは、オランダやフランスの選挙がEU支持派の勝利により
懸念されていたポピュリズムによるBREXITに続くEU離脱国の出現は当面なさそう
イタリアでは五つ星運動がEU離脱を主張しているが総選挙で過半数を握ることはないと想定されている
9月のメルケル首相の総選挙
EUをけん引してきた彼女が舞台から降りるようなことがあればEUの屋台骨は揺らぐ可能性
スペインのカタルーニャの独立運動
今すぐ独立することはなさそうであるがスペイン政府にとっては頭の痛い問題であり続ける
英国は、アイルランドの少数政党と連立を組まざるを得なくなったことで
保守党の交渉力が弱まり、EUからの離脱がかなり英国に不利な条件となる可能性がある
EUへの支払い問題、FTP交渉の遅延など、EUは第2の脱EU国が出ないように英国に
厳しく当たるだろう
これは一層のポンド安を招く

全国企業倒産状況
キャプチャ
キャプチャ

地方銀行の不良債権が減っている
金融庁がまとめた2017年3月末時点の全国106行の不良債権残高は
4兆8000億円で前年同月より4000億円減
同じ基準で比較可能な1999年以降で最も少なくなった

保育所の半数超で保育士のメンタルヘルスを巡るサポート体制が整っていないことが
厚生労働省研究班の調査で分かった
特に民営の保育所で未整備が目立った
待機児童対策では保育士の人材難や離職が問題化しており
研究班は「サポート体制整備や、業務の負担軽減策が必要」と指摘

海外投資家の日本国債への投資が加速
世界的に金利低下が進み、相対的に日本国債の魅力が上がったことなどが背景に
残高約1000兆円のうち、2016年末の国債保有比率で海外勢は1割となり
およそ2割となっている日本の銀行の保有比率に迫る
買い手を国別でみると、米国が1位だが中国と中欧の存在感が目を引く

JFEホールディングス
2019年3月期から始まる次期中期経営計画で
CFなど「稼ぐ力」を示す経営指標を目標に加える
これまで財務内容の改善を優先してきたが、収益性の向上も打ち出す
中長期的な成長力を示し、格付けの引き上げを目指す

イラン内務省高官
ペルシャ湾で操業していた同国の漁船が高波によって
進路から外れた際、対岸のサウジアラビアの沿岸警備隊から銃撃を受け
乗っていた漁師1人が死亡したと明かし
サウジ側の対応を「人道上の原則と相いれない」と非難
イラン国営テレビが報じた欧米メディアは16日の発生としている
緊張激化も

スマートフォンの普及の本格化・拡大を背景に、スマートフォンのゲーム市場は
2017年度には9,600億円に達すると予想されており、今後も安定成長が続くと予想
こうした状況下で、顧客企業であるエンターテインメントソフトウェア開発会社には
技術力だけでなく企画力がこれまで以上に要求されるようになっている
加えて、スマートフォンの高機能化に合わせて開発費が増大傾向にあるほか
競争激化によりゲームの魅力維持のために運営費
ユーザー確保のために広告宣伝費も従来以上にかさむ格好となっており
1タイトル当たりのコストは大きく増える傾向に
このため、開発過程におけるアウトソーシング需要が増大
さらに、スマートフォンやタブレットの急速な普及を背景に社内システムに
これらのデバイスを組み込むシステム開発の動きが加速しており
こうした開発案件が増加傾向にある
しかし、システムインテグレータにはスマートフォンやタブレットのシステム開発をできる技術者が少ない

日本でもライドシェアが普及する機運が高まってきた
ベンチャー企業(VB)がヒッチハイクをインターネットで仲介するプラットフォームを開発し
タクシー会社が都市部で相乗りタクシー実現を目指す
シェア経済への規制が緩み
米大手のウーバーテクノロジーズも日本で事業本格化を狙う
解禁に向けた動きが高まる中、新たな競争が始まろうとしている

環境省
生ごみを含むごみから作ったガスを発電に使う装置の普及に乗り出す
中小の自治体が持つ小規模なゴミ焼却施設へ取り付け
二酸化炭素の排出量を減らす効果を狙う
17年度からの4年間で22億円程度を投じる
国内の温暖化ガス排出量(CO2換算で年間約13億トン)からするとわずかだが対策の一助に

日清紡ホールディングス
200億円を投資して、中国と米国でブレーキ材の生産を増強
中国に新工場を建設、ガソリン車に加え需要増が見込める
電気自動車(EV)向けに供給する
米国でも生産能力を増強する
環境規制を受けて銅材料を使わないブレーキ材の需要が高まっており対応を急ぐ

中国
ロボット需要が急増している
製造現場の人手不足や自動化ニーズが背景にあり
日系メーカーは増産対応を急いでいる

米国
トランプ米大統領
米国民の渡航制限などを柱にした対キューバ政策の変更を発表
オバマ前大統領はキューバと約半世紀ぶりに国交を回復し
制裁緩和で交流を拡大させた
再び両国関係の改善が足踏みする恐れがあり苦境にあるキューバ経済への打撃は避けられない

米国
米国際貿易委員会(ITC)
日本とトルコがコンクリートの補強に使う鉄筋を不当に安い価格で米国に輸出していると認定
反ダンピングの関税を適用する方針を確定した
トランプ政権下で日本製品への制裁関税が適用されたのはこれで2例目
最高税率は209.46%で、対象となるのは城南製鋼所と共英製鋼(新日鐵資本)
この2社以外には206.43%の関税を課す

日経平均株価
20,067.75 +124.49 (+0.62%)
キャプチャ

東証2部指数 6,027.26 +47.69 +0.80%

マザーズ指数 1,173.13 +25.17 +2.19%



中国
5月の主要70都市新築住宅価格動向によると、全体の8割にあたる56都市で前月より上昇した
上昇は4月より2減った
前月より下落した都市は1増えて9
横ばいは1増えて5だった
大都市では北京、上海は横ばい、深圳は下落、広州は上昇だった

欧州国債市場
19日早朝
ドイツ長期金利の指標となる10年物国債利回りは上昇して始まった
英国時間8時30分時点では前週末16日の同18時時点と比べて
0.01%程度高い0.28%台前半で推移
欧州の主要株価指数が総じて上げて始まるなど投資家のリスク選好意欲は強い

財務省
5月の貿易統計速報
輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2034億円の赤字(前年同月は473億円の赤字)
貿易赤字は4カ月ぶり
民間予測の中央値は730億円の黒字だった

日銀
国際決済銀行(BIS)国際資金取引・与信統計の日本集計分
3月末時点の邦銀の対外与信残高(最終リスクベース)
3兆8363億ドルと2016年末比577億ドル(約2%)増加
堅調な経済を背景にした米国向けの社債投資や貸し出しの増加が寄与

金融庁と財務省、日銀
19日、国際金融市場に関する定例の3者会合を財務省内で開いた
3月の会合以来の開催で今年に入って3回目
為替相場や金融情勢に加え、日米経済対話といった
日本経済をとりまく動向などについて幅広く情報を交換



 輸出額は前年同月比14.9%増の5兆8514億円、輸入額は17.8%増の6兆547億円
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』