記事一覧

2017/6/21 朝までの動き

米ドル/円 17/06/21 05:50 111.44


NYダウ

21,467.14 -61.85 (-0.29%)
キャプチャ


ニュース

製鉄原料
一段と値下がりしている
主原料である鉄鉱石は節目の1トン50ドル割れが迫り
1年ぶりの安値をつけた
原料炭も4~6月期の新日鉄住金の購入価格が前期に比べ3割強下げた
鉱山の増産を受けて供給過剰が再燃し下値を探る展開が続いている

サイバーセキュリティー
政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け
サイバーセキュリティーの人材育成を強化
サイバー攻撃と防御に分かれて対戦する演習を年度内に実施する
16年のリオデジャネイロ大会など、五輪の開催地でサイバー攻撃が多発する傾向がある
人材育成を急ぎ、サイバー空間での守りを固める

熱中症
全国で12~18日の1週間に
697人が熱中症で搬送された
静岡、岡山で各1人が死亡
前週の596人から101人増えた

 
カジノ
政府
カジノを中心とする統合型リゾート(IR)に関する
政府の有識者会議にカジノの依存症対策案を示した
日本人利用客には入場時にマイナンバーカードの提示を求め
入場回数に上限も設ける
入場料の徴収とあわせてギャンブルにのめり込まないような仕組みを整える
カジノに広がるギャンブル依存への懸念払拭をめざす

東証空売り比率
2017/6/20
34.9%

お店の支払いでケータイやスマートフォンを使うのは40代が中心
日銀
モバイル決済の現状をまとめた分析リポートでこんな結果を発表
決済機能付き端末を持つ人の16%が年数回以上利用しているという
逆に若年層では特に女性の利用が少ない
スマホ決済のアリペイが普及した中国などと異なる「現金社会」の実情が明らかになった

安倍晋三首相
経済最優先に再び回帰する考えを強調
新たな看板は「人づくり革命」
学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る
問題などで生じた負のイメージを払拭し、政権浮揚につなげる
ただ内閣支持率が下がったところで「経済最優先」を強調する姿には既視感も漂う
人材投資は新味が乏しく、財源の確保も大きな課題

粗鋼生産量
5月
前年同月比0.1%増
3カ月連続で前年同月実績を上回った
建設や自動車向けの需要は回復しており
高炉の定期修理で「伸びが一時的に鈍化した」

全国百貨店売上高
5月
既存店ベースで前年同月比0.04%減
2カ月ぶりに前年実績を下回った
日曜日が1日少なかった影響もあり前年より減った
免税売上高は約193億5千万円と前年同月比42.8%増え
6カ月連続で前年を上回った
1人あたりの購買単価9.7%増

コンビニエンスストア売上高
5月の売上高
前年同月比1.0%増
前年同月を上回るのは3カ月連続
客数は0.4%減と15カ月連続でマイナスだった
客単価が1.4%増と26カ月連続のプラスで補った
大型連休や週末で行楽需要が伸び揚げ物や調理パンなど単価の高い商品が売れた

白物家電
5月
国内出荷額
前年同月比8.1%増
9カ月連続のプラスだった
ルームエアコンが16.2%増
5カ月続けて伸びた

民生用電子機器
5月
国内出荷額
前年同月比3.6%減
7カ月ぶりにマイナスに転じたと発表
映像機器が11.4%減で不調だった
パナソニックやソニーが有機ELテレビ発売を前に出荷を抑えた可能性があるという

アルバイト・パート募集時平均時給
5月
三大都市圏(首都圏、東海、関西)
前年同月比2.3%(22円)高い1006円
昨年12月の過去最高額に並んだ
人手不足を受け、夏休み時期のバイト募集が前倒し傾向にある

米国
テスラが中国・上海市に電気自動車(EV)の巨大工場を建設する方向で
最終調整に入っている
認可の前提条件として現地企業と合弁会社を設立する見通し
大気汚染問題が深刻化する中国ではEVの普及が進んでいる
テスラの現地販売も急拡大していることから、一気に巨額投資に踏み切る方針とみられる

JTB
3年内に全国約2千軒の観光施設に中国アリババグループの電子決済サービス
「支付宝(アリペイ)」を導入する
アリペイは中国で最も利用される決済サービスのひとつ
日本でも都市部で普及し始めているが、地方の観光地では導入がまだ少ない
JTBは地方で特色あるサービスをそろえる提携先のホテルや飲食店のアリペイ対応を進め
訪日外国人観光客の消費取り込みを目指す

英国
EU離脱を巡る交渉会合が19日にようやく始まったが
英政局がなお混迷するなか、EU主導が鮮明なスタートとなった
英国に支払いを求める「清算金」など離脱条件の協議を最優先させることで合意
離脱後の通商協議は後回しするとのEU方針に英側が譲歩
毎月1回のハイペースで交渉を続けるが英側の交渉姿勢は
依然として定まっておらず
2019年3月の交渉期限までに合意できるかは不透明

景気判断
政府
6月月例経済報告で景気の基調判断を引き上げる
個人消費が堅調に推移していることを受け
基調判断から「一部に改善の遅れもみられる」との表現を削除する
政府が判断を上げるのは2016年12月以来
6カ月ぶり
雇用環境の改善が消費の拡大につながる好循環が回り始めていると判断する

次世代エネルギー
経済産業省
次世代の国産エネルギー資源として期待されるメタンハイドレートの
商業化に向けた戦略を見直す
新たな工程表に2018年にも米国、インドと共同で
産出試験をする方針を明記
自前での開発方針を転換し国際的な協業で多額の試験コストを抑制する
ただ商業化には10年以上かかる見通し
23~27年ごろをめざしていた従来目標から後退する可能性を示す

東芝
半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却で、官民ファンドの産業革新機構や
投資ファンドの米ベインキャピタルなどが結成する
日米韓連合と優先的に交渉する方向で検討に入った
21日に開く東芝の取締役会で協議する
東芝と対立する米ウエスタンデジタル(WD)による訴訟リスクはなお残り
交渉は流動的
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』