記事一覧

2017/6/26 動き

米ドル/円 17/06/26 06:09 111.23
米ドル/円 17/06/26 22:29 111.45

NYダウ
2017/6/23
21,394.76
キャプチャ


ニュース

OPECと非OPEC主要産油国が協調減産の延長に合意してから
20日間で原油価格は18%も下がった
原油市場では、21日に米週間在庫がようやく減少したことなど強気の材料は無視され
根強い世界的な供給過剰といったマイナス要素ばかりが注目されている
今年前半の原油価格は過去20年で最悪のパフォーマンスとなり
市場が協調減産の効果を否定していることがうかがえる

鉄鋼
中国の過剰生産の影響で
主力の鉄鋼事業が伸び悩んでいる大手鉄鋼メーカー各社
鉄よりも軽くて強度が強い「チタン」の需要の拡大が見込まれるとして事業の強化に乗り出す
新日鉄住金
観光名所として知られる東京の浅草寺の五重塔の瓦にも使われる
新しいチタンの製品を開発
自動車や家電製品などにもチタンの使い道を広げたい
新日鉄住金のチタン・特殊ステンレス事業部の知見徹摩室長
「機能面だけでなく、デザインの面でも工夫できる金属なので、今までにない需要を掘り起こしたい」
神戸製鋼所
軽量化が進む航空機の分野でチタン製の部品の需要の拡大が見込まれるとして
チタンの製造に欠かせない「溶解炉」設備を増強する方針

空家
人口減少を背景
今後、活用や解体が進まなければ
その数は16年後に2160万戸に達し
住宅のおよそ3割が空き家になるという予測を民間の研究所がまとめた

国際銅研究会
1~3月の世界銅地金需給バランスは
16万4千トンの供給過剰となった
前年同期は1万2千トンの供給不足
供給量は前年同期並みだったが最大消費国である中国の見掛け消費が
同比6.5%減と落ち込んだため余剰バランスとなった

山崎金属産業(非鉄流通大手)
2017年3月期連結業績
経常利益が前の期比約4.1倍
3期ぶりの増益
国内で液化天然ガス(LNG)船貯蔵用タンクや液晶・半導体製造装置などに使われる
アルミ板の取り扱いが前期より増加
伸銅品も日本やタイで販売が伸びた
(保有株式に対し約2億7000万円の特別配当も利益押し上げに寄与)
18年3月期売上高
前期比13.8%減
経常利益が83・4%減
減収減益になる見通し
前期から一転してLNG向け需要が落ち込むことなどが背景に

国内鉄鋼需給
「建材関係は住宅・非住宅ともに堅調。公共土木は夏場に向けて案件が出てくる
五輪関連需要もいよいよ本格化
薄板は在庫も適正化しておりタイト感が続いている」
2017年度第1四半期(4~6月)全国粗鋼
経済産業省まとめの生産計画2638万トンを上回る可能性を示唆

新日鉄住金
原料炭の値決め方式がスポット価格連動方式に切り替わったことについて
「交渉方式はなくなるが、透明度は上がる」
原料コストについて鋼材ユーザーに説明しやすくなるメリットを強調
また、鋼材の値決めについて半期方式を維持する考えを示した

4日まで約1カ月続いたイスラム教のラマダン(断食月)期間中
世界各地でテロが相次いだ
高まるイスラム教徒の信仰心を悪用
宗教・宗派間の対立をあおって社会の混乱を狙う過激派組織の意図が透けて見える
「イスラム国」(IS)が拠点とするイラク北部モスルの陥落が間近に迫る
逃れたIS戦闘員らによるテロ拡散の懸念も残る

政府
EUから離脱する英国と
2国間の自由貿易協定(FTA)の締結を検討する方針を固めた
EUとの間では7月中にも経済連携協定(EPA)締結へ大筋合意することを目指しており
同協定と同水準での関税引き下げなどを英国との間でも適用できるようにする
英国のEU離脱による日本企業への影響を小さくする狙い

遠隔診療
情報通信技術を使って医師が離れた場所の患者を診る「オンライン診療」
本格的に動き出す
遠隔診療を広く認める厚生労働省の方針を受け
福岡市の診療所が来月にもいくつかの疾患で試行
医療サービスの効率向上で年40兆円超の医療費の伸びを抑える効果への期待も
対面の診療に比べて低い医師への報酬が来年度改定で上がれば普及に弾みがつきそう

英国
英国会は24日
議員のメールアカウントを狙ったサイバー攻撃を受け
上下両院議員と職員のメール使用を制限したと明らかにした
情報流出など被害の有無は不明
23日に不正アクセスがあったことが判明


日経平均株価
20,153.35 +20.68 (+0.10%)
キャプチャ

東証2部指数 6,149.93 +46.13 +0.76%

マザーズ指数 1,202.40 +26.80 +2.28%


新日鉄住金ステンレス
6~8月契約線材価格
ニッケル系(SUS304前提)前期比トン2万円
クロム系(SUS430前提)同5000円それぞれ引き下げると発表
ステンレス原料であるニッケル・クロムの価格下落を映
値下げは4四半期

チタンスクラップ
一部品種に荷余り感
スポンジチタン価格の底離れとともに市況は回復
輸出向けを中心に荷動きも上向いてきたが
純チタン系の低品位スクラップでブレーキがかかっている様子
「中国の規制で需要が落ちている影響」

Fe-Cr
南アフリカFe-Cr大手
欧州向け7~9月積みFe-Cr価格交渉
4~6月比28・6%下げで決着
2四半期連続の下げでリーマン・ショック時以来の大幅な値下がり
中国のステンレス減産で中国向けのFe-Cr市況の大幅な下げを反映
日本向けも同様に値下がりする見通し
日本や欧米のステンレス需給が大きく悪化している状況ではないが
中国を発信地としたステンレスの必須原料の大幅な下げは今後製品にも影響

米国
5月シカゴ連銀全米活動指数:-0.26(予想:0.20、4月:0.57←0.49)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』