記事一覧

2017/7/12 動き

米ドル/円 17/07/12 05:39 113.90
米ドル/円 17/07/12 19:09 113.43

NYダウ
2017/7/11
21,409.07 +0.55 (0.00%)
キャプチャ

11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反発
終値は前日比55セント(0.0%)高の2万1409ドル07セント
重要日程を控え、相場の方向感は乏しかった
このところ下げていたIT株を中心に持ち高調整を目的とした買いが広がったほか
原油相場の上げでエネルギー株が買われたのが相場を支えた

ニュース

各地で発見が相次ぐ南米原産の強毒アリ「ヒアリ」対策について
環境省や国土交通省などの担当者
生息している中国やオーストラリアなどから定期的にコンテナ船が到着する全国の68港に
計数万~数十万個の毒入りの餌を設置すると決めた

地方税収
2016年度
前年度比0.1兆円減の40.3兆円になる見通し
前年度を下回るのは7年ぶり
国と地方の租税総額も97.5兆円程度と
7年ぶりに減少
国、地方ともに税収が伸び悩む中
地方交付税や、自治体が積み上げている基金を巡り
財務省と地方の駆け引きが激しくなりそう

特定サービス産業動態統計速報
経済産業省
5月
遊園地・テーマパークの売上高は前年同月比7.2%増の556億円
増加は7カ月連続
5月として過去最高を記録
大手テーマパークでの新アトラクションの開業などが奏功し
入場者数が伸びた
2月に一部施設が実施した入場料の値上げ効果も続いた

クレジットカードの取扱高は9.3%増
4兆5077億円26カ月連続で増加
通信販売や宅配料金の支払いなどを中心に利用が伸びた

エンジニアリング業は4.2%増
3カ月ぶりに増加
国内向けの石油プラント関連工事
半導体製造工場の水処理設備の受注などが寄与

ワンルームマンションをはじめ投資用不動産の価格上昇が続いている
マンション1室の価格
4~6月
全国平均で1550万円
1~3月比3.8%高
2006年1~3月以来約11年ぶりの高値
個人や海外投資家の根強い需要が背景にある

インド
単月の国内線旅客数が5月に初めて1000万人を突破したと公表
航空会社の新規参入と運賃下落がビジネス客らの利用を促し
旅客数が3年で倍増するという急速な伸びをみせた

米国
昨年の米大統領選へのロシア政府の干渉問題に関し
ロシア人弁護士と会っていたトランプ氏の長男
トランプ・ジュニア氏が11日に仲介者との一連のメールを公表
メールではロシア側からクリントン元国務長官に
不利となる情報の提供が持ちかけられていたことが明らかになった

耐火れんがの原料や電極など製鉄用の資材価格が急騰
主要生産地の中国で環境規制が強化され
原料や製品の供給が落ち込んでいる
国内の資材メーカーは原料の手当てや販価の引き上げを急いでおり
鉄鋼各社の製造コストを押し上げそう
高炉や電炉は追加の鋼材値上げの材料とする方針
キャプチャ

H形鋼在庫量
6月末時点
前月末比2%減
鉄鋼メーカーが慎重な生産を続けているうえ
出庫の減少に歯止めがかかった
新日鉄住金は流通市場でこれまで表明した値上げの浸透を優先し
7月契約の販価を据え置いた

鉄スクラップ
輸出価格が上昇
7月契約の輸出入札
平均の落札価格
前月比1割高
4カ月ぶりの高値
中国からの鋼材輸出が減ったことで
増産に動くベトナムなどの引き合いが強まった
日本の市中価格も上昇し、電炉メーカーのコスト増要因となる

生コン
12月1日契約分から生コンを1立方メートル7%程度値上げすると発表
2020年開催の東京五輪・パラリンピック関連を中心に需要が伸びるなか
輸送費や原材料費の上昇分を転嫁する

東証空売り比率
2017/7/11
35.8

ソフトバンクグループ傘下
ヒト型ロボット「ペッパー」を開発・販売するソフトバンクロボティクス
今年3月末時点で債務超過だったことが分かった
開発費などの負担が先行し、赤字が続くため
非上場企業であるロボティクスには
ソフトバンクグループが販売支援や資金を援助している

工作機械受注額
6月
前年同月比31.1%増
7カ月連続で前年実績を上回った
中国でスマホ製造向けの需要が好調に推移したよう
好不況の目安とされる1000億円を8カ月連続で上回った
国内需要も同7.8%増の546億9900万円と好調

2016年度の「専門店調査」
全体の売上高と営業利益がともに2年連続でプラス
小売業全体では足踏み傾向
100円ショップや低価格衣料品など「デフレ銘柄」は好調で
消費者の節約志向が根強いことを反映した結果となった
高齢者の需要をうまく取り込むドラッグストアも伸びた

NEC
交通系電子マネーでの料金収受などといったバス運用システムを
インド4都市で受注
同社はJR東日本の「スイカ」や地方鉄道など国内で同様のシステムの実績を重ねてきた
電子マネーの活用が進んでいない新興国でも需要があるとみて
バスを皮切りに鉄道や小売業界でも受注拡大を狙う

中国新車販売
急減速
2017年上半期(1~6月)
新車販売台数が前年同期比3.8%増
上半期の伸び率が1ケタ台前半の低水準にとどまるのは2年ぶり
15年秋からの小型車減税により
16年通年で前年比13.7%増となったのに比べて急減速した
減税が続いているにもかかわらず
需要を先食いした反動が世界最大の市場に表れ始めた

米LNG輸出拡大のカギを握るのが最大市場アジアでの展開
シェールガスは割安とはいえ輸送費用もかかり
コストが輸出拡大の壁になる可能性がある
政府が輸出認可を出しても二の足を踏む企業も出かねない

損害保険ジャパン日本興亜
世界の有力ベンチャーに投資するファンドを新設
出資総額は4千万ドル(約44億円)
自動運転やIoTなど最先端の技術を持つベンチャーに出資して技術情報を得ることで
自動運転に対応した保険商品やフィンテック関連の新商品の開発を加速する

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
運用する公的年金の運用成績は2017年4~6月期
5兆円規模の黒字になったもよう
資産の5割弱を国内外の株式で運用しており
株高傾向が主な要因
日経平均株価は2万円台を回復しており
足元でも好調に推移しているとみられる

総務省
2016年の個人企業経済調査
調査対象の個人経営の事業所のうち「宿泊業、飲食サービス業」の
1事業所当たり売上高は前年比9.8%減少
2年ぶりのマイナス
訪日外国人の増加などを背景に国内の宿泊・飲食業は好調
個人経営店には恩恵が及んでいないようだ

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国は12日から
神奈川県箱根町で事務方トップの首席交渉官会合を開く
11カ国での発効に向け
米国を含む12カ国で合意した協定内容をどこまで修正するか協議
日本などはごく一部の修正にとどめるよう各国の理解を求める
11月の首脳会合での大筋合意をめざし議論を詰められるかが焦点になる


日経平均株価

20,098.38 -97.10 (-0.48%)

東証二部指数
6,193.95 +8.23 (+0.13%)

マザーズ指数
1,183.60 -2.17 (-0.18%)

ベトナム
株が堅調に推移
5月以降はほぼ一貫して上昇基調にあり
7月6日にはVN指数が年初来高値を付けた
しかし、足元では財政赤字と貿易赤字の拡大が投資家の心理を冷やし始めており
今後の株価には不透明感も漂っている

長期国債
新発10年物国債の利回
前日に比べ0.005%低い0.090%で推移
前日の米長期金利が低下した流れを受け
国内債に買いが先行
日銀の国債買い入れ増額に伴う需給の引き締まりを見込んだ買いも入った

企業物価
6月国内企業物価指数(2015年=100)は98.4となり
前年同月と比べ2.1%上昇
上昇は6カ月連続で上昇率は3カ月続けて同じ
前年比での原油相場の持ち直しが製造業向けの大口電力料金などを押し上げる一方
電気機器やプラスチック製品などが下落
物価上昇の勢いは頭打ちになっている

米国
米議会上院は夏の休会の開始日を予定してい太7月29日より遅らせ
8月の第3週とすることを決めた
オバマケアの代替法案の審議時間をとり
成立を目指すため

日銀
定例の国債買い入れオペ
買い入れ金額を増額
対象は満期までの期間が「3~5年」国債
米欧市場に連動した長期金利の上昇を抑える狙い
3~5年の国債買い入れ増額は長期金利をゼロ%程度に誘導する
金融緩和の枠組みを導入した2016年9月以降で初めて

水素
クリーンエネルギーとして自動車などへの活用が期待される水素を
二酸化炭素を出さない風力発電の電気を使って
水から取り出す究極のエネルギーづくりの実験が神奈川県で始まった
この実験は、神奈川県やトヨタ自動車などが実施
横浜市にある風力発電所に整備された水素の製造施設が12日初めて公開

中国
6月
中国の新規人民元建て融資は1兆5400億元(2269億ドル)と
5月の1兆1100億元から増加
アナリスト予想の1兆2000億元を上回った

米国
トランプ米大統領
長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏について
「息子は高潔な人物であり、彼の透明性を称賛する」との声明を発表
ジュニア氏はクリントン元国務長官に不利な情報提供を受けるために
ロシア人弁護士と会った疑惑が報じられ
11日に仲介者とのメールのやりとりをツイッターで公表していた

病院での入院や治療にかかった費用
スマホで即時決済できる新しい仕組みが動き出す
横浜銀行など地方銀行や決済代行会社が2018年度に提供を開始
25年度にも全国750カ所の医療機関に導入する
急なけがや病気の場合にも手持ちの現金の心配をしなくて済む
赤字の病院が増えるなか病院側の手数料削減など経営効率化にもつながる


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』