記事一覧

2017/7/14 朝までの動き

米ドル/円 17/07/14 07:40113.32

NYダウ
2017/7/13
21,553.09 +20.95 (+0.10%)
キャプチャ
13日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が小幅に続伸
前日比20ドル95セント(0.1%)高の2万1553ドル09セントで取引を終え
連日で過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)の
利上げペースが緩やかになり、米株式市場に資金が
流入しやすい環境が続くとの期待から大型ハイテク株に買いが入った
ただ割高感も意識され利益確定売りで上値は重かった


ニュース

オフィス空室率
東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)
6月末時点
3.26%
5月比0.15ポイント低下
下落は2カ月ぶり
9年2カ月ぶりの低水準
竣工1年以内の大型ビルでまとまった空室が埋まる事例が複数あった
業績拡大を背景とする事務所移転や増床の需要が根強いため
当面は低い空室率が続きそう

パソコン用DRAMのスポッ価格
上昇している
指標品のDDR3の4ギガ
ビット品は現在、1個あたり3.21ドル前後
月初比2%高
5月の直近安値比で9%高い
米半導体大手、マイクロン・テクノロジーの台湾工場の事故を現地メディアが報じ
供給不安が強まった
「同社製DRAMの見積もりが一時ストップした」との声も出ている

派遣時給
6月
募集時平均時給
三大都市圏(関東、東海、関西)
前年同月より1.9%(30円)低い1524円
前年同月を下回るのは9カ月連続
時給が低めの医療・介護の分野で求人案件が増加した
人手不足を背景にITを中心に未経験者の募集が活発になっている。
業種別
IT系が2038円
前年同月より2%下がった
ビッグデータを扱うエンジニア職などで未経験者を採用し
データ抽出といった下流業務を分業するケースが増えている
医療・介護系
0.8%下がり1264円
医療・介護現場で食事の介助など資格がなくてもできる仕事の募集が目立つ
物流センターでの荷分け作業など軽作業の時給も下がった
「ネット通販の物流センター新設で作業員の求人は多い。立地が郊外で時給は低めになっている」

内航貨物船
5月の内航貨物船の輸送量
前年同月比9%増
前年比プラスは5カ月連続
自動車向け需要が好調な鋼材の輸送量が19%増と大幅に伸びた
セメント原料の石灰石や雑貨、自動車の荷動きも堅調

コンテナ輸送
5月のアジア発欧州向けコンテナ輸送量
前年同月比7.5%増
機械類などの荷動きが好調
5月としては過去最高の輸送量

分譲マンション
6月の分譲マンションの平均賃
5月比べて0.5%下がった
下落は3カ月連続
東京都の平均賃料は3128円と0.4%低下し、都区部に限っても0.2%下がった
千葉県も0.5%下落した。神奈川県は横浜市などの主要エリアの賃料が強含み、2166円と2.8%上昇した

東証空売り比率
2017/7/13
37.1%

20年物国債
応札倍率が前回から上昇し
堅調な需要を示す結果となった
流通利回りが前回入札時から上昇して値ごろ感が出ていたほか
日銀が金利上昇を抑制する姿勢を改めて示していることが投資家の買い安心感につながっている

越境EC
中国IT大手の方正集団は7月下旬
日本国内のメーカーなど中小企業向けに越境ECの支援サービスを始める
サイトの構築から商品の発送まで一括して請け負う
越境ECは市場が伸びているものの
既存の大手サイトへの出店は会費などハードルが高い
方正は料金を抑えたほか販促なども請け負い中小企業の需要を開拓する

アジア勢による日本のベンチャー企業への投資も活発になっている
最近目立つのは、半導体や自動車など先端技術を持つ企業への投資
半導体メモリーを開発するフローディアは6月までに
台湾の半導体受託生産大手の聯華電子(UMC)グループや
官民ファンドの産業革新機構などから総額16億円を調達した

大黒屋ホールディングス
AIを使ったブランド品の鑑定を始める
「ルイ・ヴィトン」などのバッグを対象に電子顕微鏡で図柄や材質を読み取り
過去に蓄積したデータと照らし合わせて本物かどうか判定する
AIの現在の鑑定精度は95%超だという。国内外の全店に導入し
熟練を要する鑑定作業をサポートする
(ワトソン)

マレーシア
中央銀行
金融政策委員会で
政策金利を現行の3%に据え置くことを決めた
旺盛な国内消費によって年内は高い経済成長率が期待できるものの
物価上昇率は落ち着いており利上げする状況には至っていないと判断

米国
6月
卸売物価指数(2009年11月=100)
季節調整済み前月比で0.1%上昇
2カ月ぶりの上昇
横ばいを見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測平均をわずかに上回った
前年同月比は2.0%上昇

アジアインフラ投資銀行(AIIB)
英格付け会社フィッチ・レーティングスから
最上位の格付け「AAA」を取得したと発表
見通しは安定的
「高品質の企業統治と包括的な対策がリスクを和らげる」と説明
AIIBは6月に米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスからも最上位の格付けを取得済み

スマホ利用率
総務省
2016年の情報通信メディアの利用状況
スマホの利用率は71.3%
前年より2.6ポイント上昇
12年の調査開始以来7割を超えたのは初めて
動画など幅広いコンテンツが増えていることに加え
SNSの普及がスマホ利用を後押ししたよう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』