記事一覧

2017年7/10~07/14までの動き

2017年7/10~07/14までの動き

指標関連

【WTI原油、金先物価格、日経、ダウ、CME日経先物複合】
2017年7/10~07/14
7D
キャプチャ



【日経平均、ドル円】
2017/07/14 20,118.86(先週金曜 19,929.09 +189.77 先週比+0.95%) 
日足
キャプチャ
キャプチャ



CME日経平均先物円建て
キャプチャ



【ダウ、米国国債10年】
2017/07/14 21,637.74(先週金曜 21,414.34 +223.40 先週比+1.04%)
キャプチャ



2.332(先週比↓)
キャプチャ









【上海総合指数】
2017/07/14  3,222.31(先週金曜 3,217.61 +4.70 先週比+0.15%) 
日足
キャプチャ







【日経外資系売買動向】
2017/07/14
1Y
キャプチャ






騰落レシオ
2017/07/14
キャプチャ






日経空売り比率
2017/07/14
1Y
キャプチャ






日経外資動向-騰落レシオ-空売り比率比較
2017/07/14
キャプチャ





【Gold、Copper、WTI原油先物】
2017/07/14
日足
キャプチャ






週足
キャプチャ







日足
キャプチャ









週間動きまとめ
OIL 44.36(月確認最初値)→46.62(金確認終値)
GOLD 1,213(月確認最初値)→1,229(金確認終値)
USDJPY 113.91(月確認最初値)→112.50(土確認終値)

日経平均株価 21,408.52(月終値)→20,118.86(先週金曜 19,929.09 +189.77 先週比+0.95%) 
日経平均先物CME 20,045(月確認最初値)→20,030(先週確認終値20,030 ±0 先週比±0%)
NYダウ 21,479.27(月終値)→21,637.74(先週金曜 21,414.34 +223.40 先週比+1.04%)

バルチック海運指数
2017/07/14
900
キャプチャ

ニュース
G20
首脳会議
首脳宣言を採択して閉幕
宣言では「保護貿易主義との闘いを続ける」と明記
トランプ米政権に配慮し、不公正な貿易慣行に対し対抗措置を取ることを容認
トランプ米大統領
異質な存在感を放った
貿易や地球温暖化で独自の主張を貫き
周囲の説得にはほとんど耳を貸さない
多国間で一致点を見いだす国際会議への関心は薄く、代わりに個別の首脳会談を重んじる
個別交渉で不動産業界を渡り歩いてきたトランプ氏ならではとも言えるが
米国が主軸を担ってきた首脳会議や国際枠組みの多くは漂流の危機にさらされる

米国
トランプ米大統領
ドイツのハンブルクで中国の習近平国家主席と会談
北朝鮮の核・ミサイル問題
「思った以上に時間がかかるかもしれないが、最後はうまくいくだろう」
緊張が長期化するとの見通し
対中国の貿易赤字は「米国にとって非常に非常に大きな問題だ」とも語った

電気の市場取引が急速に伸びている
日本卸電力取引所
2017年1~6月取引量
前年同期比76%増
過去最高
16年4月の小売り全面自由化を追い風に
新電力の買い注文が膨らんだ
大手の電力会社も地域をまたぐ営業を強めるなか
同取引所が調整弁としての存在感を増しつつある
電気の売買は市場を経由しない直接契約がなお大半を占める
大手電力は小売りせずに余った分を
05年に開設した日本卸電力取引所を通じて市場に供給
新電力にシェアを奪われた結果として市場に出す量が増えた面もあるが
取引は着実に増えている


文部科学省
大学に企業との共同研究に専念する組織の設置を促す事業を2018年度から始める
学内の研究者を所属させて、大学が選んだ研究テーマを実施
従来の産学連携の支援組織は企業を紹介する程度
大学の管理のもと大型の共同研究を推進する

日銀大阪支店
7月の関西金融経済動向
近畿2府4県の景気判断を「緩やかな拡大基調」として2年4カ月ぶりに上方修正
前月まで「緩やかに回復」としていたが「拡大」に
訪日客効果もあって消費が持ち直し
生産に勢いが出ている点を反映
他地域に遅れていた近畿経済が復調していると判断

公正取引委員会
急速に広がるオンラインサービス市場について
「新たな分野での独占禁止法の適用が課題だ」とデジタル市場の
寡占問題などに積極的に取り組む考えを示した
分析能力の強化も進める

安倍晋三首相
スウェーデンのロベーン首相とストックホルムの首相府で会談
大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に踏み切るなど
核・ミサイル開発を強める北朝鮮への対応で協力を確認
日本とEUが大枠合意した経済連携協定(EPA)の
早期締結に向けた連携でも一致

安倍晋三首相
訪問先のスウェーデン・ストックホルムで同行記者団と懇談
衆院解散・総選挙について
「全く考えていない。安倍内閣に求められているのは結果を出していくことだ」

日新製鋼
「事業戦略会議」を立ち上げ、新日鉄住金との連携施策
中長期事業戦略などのグループ横断的な検討を本格化
新日鉄住金による子会社化を受けて新日鉄住金との連携シナジーを最大化しつつ
日新製鋼グループの強みをさらに伸ばす具体的施策について集中的に協議
その結果を次期中期経営計画に盛り込み
新日鉄住金グループ企業としての新たな持続的成長軌道構築の歩みをスタートする

中国
ビレットの国内価格が切り上がり
本年最高の2月の水準にほぼ並んだ
違法鋼材「地条鋼」が6月末までに全廃されたことでビレットの需要が増え
値上がりに拍車がかかっている
鉄鋼需要は堅調で輸入鉄鉱石価格が上がっており
ビレット価格はなお強含み
鋼材や鉄スクラップの価格上昇を後押ししそう

東京製鉄
2017年4~9月期および18年3月期の業績予想(非連結)を上方修正したと
発表
4~6月で国内鋼材需要が想定を上回り
同社の製品販売数量は店売りや建材向け鋼板類が堅調に推移するなど
4~9月で115万トンと期初計画比で5万トン増える見通し

「休み方改革」
従業員が休みやすい環境をつくる「休み方改革」に企業が動き始めた
セブン&アイ・ホールディングス
主要8社の約2万5千人を対象に
部署ごとに有給休暇を一斉に取得する仕組みを導入
住友林業も今年から顧客への営業をしない「定休日」を年4日増やす
人手不足が深刻化するなか、優秀な人材の確保へ環境整備が必要と判断
世界的に低い日本の有休消化率の改善につながりそう

ギャンブル依存症の対策を巡り
警察庁はパチンコの出玉の上限を現在の約3分の2に規制する方針を固めた
パチスロも同じ水準に規制強化する
ギャンブル性を抑える狙い
11日からのパブリックコメンを踏まえ
風営法の規則などを改正
来年2月1日の施行を目指す

中途採用求人数
6月
前月比1.9%増加で過去最多
最多更新は31カ月連続
新卒採用で採用予定人数に達しなかった企業が
中途採用で補おうとする動きも求人数を押し上げた
業種別
インターネット系の企画提案ができる営業の募集が多く
広告代理店など「メディア」が前月より4.9%増
「IT・通信」は3.6%増
マーケティングの企画・運用など技術系コンサルタントの募集が目立つ

外航コンテナ船
アジアから米国へ運ぶ
今年1~6月輸送量
4年連続で過去最高を更新した
輸送量前年同期比で4.8%増
米国の堅調な個人消費を映して家具やプラスチック製品などの出荷が伸びた
出荷国別
全体の6割を占める中国が6.4%増
自動車部品や電子機器が主体の日本も6.4%増
6月単月の輸送量は前年同月比3.7%増

ビジネスホテル平均客室稼働率
6月
前年同月より1.4ポイント高い80.2%
上昇は8カ月連続
6月としては比較可能な2007年以降で最も高い
地域別では関東が2.7ポイント上昇の87.4%
北海道は2.0ポイント上がり83.6%

生コン販売価格
3年半ぶりに値上げ
販売価格を12月1日契約分から7%程度引き上げる
2020年の東京五輪・パラリンピック関連施設工事の本格化や
都内中心部の大規模再開発などで出荷量は回復基調にある
深刻な人手不足を背景にした物流費や原材料費の上昇分を転嫁

ジャガイモの品不足が解消している
昨年夏の台風被害で全国生産の8割を占める北海道産は不作だったが
春先から九州や本州産の出荷が本格化し出回りが増えている
ポテトチップスに使われる加工用の生育も順調
卸値や店頭価格も値下がりしている

日経平均株価の構成銘柄から東芝を除外
セイコーエプソンを補充すると発表
東芝が東京証券取引所の第2部に指定替えになるため
入れ替えは8月1日に実施
セイコーエプソンのみなし額面は25円

産業機械受注
5月
前年同月比12.9%増
5カ月ぶりに前年実績を上回った
物流現場の人手不足を背景に運搬機械が伸びたほか
化学機械が国内の官公需や海外の工場向けに増えた

住友商事と鉄鋼商社のメタルワン
国内の鋼管販売事業を統合する検討を始めたと発表
早ければ2018年度の前半に新会社を設立し事業を移管
建材や石油化学プラントなどに使われる鋼管は
国内では需要拡大が見込めない
統合でコストを削減し競争力を高める狙い

アマゾンジャパン
ネット通販で一部に配送の遅れが出ている問題に関連し
「遅延の問題は解消された」と述べた
記者団の質問に対し「遅延の問題があったのは事実だが配送業者と調整した」と答えた

海運
日本郵船、商船三井、川崎汽船によるコンテナ船事業統合新会社の発足を受け
3社が東京都内で記者会見
新会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」(ONE)は
輸送能力で世界シェアの約7%を占め、6位につける
9日には中国大手が香港企業との統合を決めるなど
メガキャリアとの差はなかなか縮まらない

太陽光発電事業
関連企業の倒産が急増
2017年1~6月
倒産件数は前年同期比2.2倍の50件となった
買い取り価格の引き下げが続いており
事業環境の悪化が止まらない
キャプチャ
キャプチャ

東南アジア経済に強気な見方が増えている
主要5カ国の2017年の実質成長率予測は平均4.6%
3月の前回より0.1ポイント高まった
外需の堅調さを受け
経済の輸出依存度が高いマレーシアやタイなどで見通しが引き上げられた

旅行黒字
5月
国際収支統計
訪日外国人客数の増加を受けて訪日外国人のお金の出入りを示す旅行収支は
1272億円の黒字
5月として過去最高
海外とのモノやサービス
投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は
前年同月比5.9%減の1兆6539億円で4カ月ぶりに減少

ホットコイルを中心に海外薄板市況に先高観が広がってきた
底値を形成していた中国勢が価格立て直しを目指してオファー価格を引き上げており
9月積みではCFR520―530ドルなどのケースも出てきた
3―4月積み以来の500ドル越えで
比較的に高値を維持してきた日本勢も
9月積みでは現行値に比べ50ドル程度の値上げオファーを実施する方針を固めた


仮想通貨
国民生活センターへのトラブル相談
2014年の80件から16年は616件と急増
17年は7月9日時点で780件を超え
前年を上回った
仮想通貨はビットコインのほか、イーサリアム、リップルなど700種以上存在し
時価総額は8兆円超ともいわれる
取引価格の変動が大きく、投機目的に購入する人も多い
「必ず値上がりする」と勧誘され購入し、実際には売却できず業者と連絡が取れなくなることも
高齢者の被害が目立つ

フランス
「2025年までに原発約17基を閉鎖するつもりだ」
仏国内にある原子炉58基の約3割に当たる
原発依存度を現状の7割超から5割にまで下げる政府の目標を達成するため
ただ電力需要を満たせるのかなど、実現性は不明

米国
サウジアラビアなどのアラブ諸国がカタールとの国交を断絶した問題
ティラーソン米国務長官は10日、事態の収拾に向け動き出した
国交回復の仲介役となるクウェートに入り同国のサバハ首長らと会談
クウェート国営通信は「対話を通じた解決策を可能な限り早く見つける」よう
当事国に求める米英クウェート3カ国の外相らによる共同声明を報じた
米国務省によるとティラーソン氏は11日にカタール、12日にはサウジを訪問する

政府
地方創生交付金
先進的な事業に取り組む地方自治体に配る
地方創生推進交付金の支給対象を広げる
AIやロボットを生かしたものづくり
医療・介護サービスなど新たな需要が見込まれる分野を想定
競争力の高い事業に従来の上限額を超えた支給を認め
地方創生と東京一極集中の是正を後押しする
新規事業はAIやロボットを活用した生産性の高いものづくりや
個人の健康状態や遺伝情報に適した医療・介護サービスが念頭に
交付金の使い道を少子高齢化の進展に合わせ、需要と供給のズレの解消も狙う

G20首脳会合
鉄鋼過剰能力問題で踏み込んだ首脳宣言を採択
鉄鋼、アルミを念頭に、産業部門の過剰生産能力について
政府および関連主体による市場歪曲的な補助金
およびその他の支援措置の撤廃を緊急に求めるとした

各地で発見が相次ぐ南米原産の強毒アリ「ヒアリ」対策について
環境省や国土交通省などの担当者
生息している中国やオーストラリアなどから定期的にコンテナ船が到着する全国の68港に
計数万~数十万個の毒入りの餌を設置すると決めた

地方税収
2016年度
前年度比0.1兆円減の40.3兆円になる見通し
前年度を下回るのは7年ぶり
国と地方の租税総額も97.5兆円程度と
7年ぶりに減少
国、地方ともに税収が伸び悩む中
地方交付税や、自治体が積み上げている基金を巡り
財務省と地方の駆け引きが激しくなりそう

特定サービス産業動態統計速報
経済産業省
5月
遊園地・テーマパークの売上高は前年同月比7.2%増の556億円
増加は7カ月連続
5月として過去最高を記録
大手テーマパークでの新アトラクションの開業などが奏功し
入場者数が伸びた
2月に一部施設が実施した入場料の値上げ効果も続いた

クレジットカードの取扱高は9.3%増
4兆5077億円26カ月連続で増加
通信販売や宅配料金の支払いなどを中心に利用が伸びた

エンジニアリング業は4.2%増
3カ月ぶりに増加
国内向けの石油プラント関連工事
半導体製造工場の水処理設備の受注などが寄与

ワンルームマンションをはじめ投資用不動産の価格上昇が続いている
マンション1室の価格
4~6月
全国平均で1550万円
1~3月比3.8%高
2006年1~3月以来約11年ぶりの高値
個人や海外投資家の根強い需要が背景にある

インド
単月の国内線旅客数が5月に初めて1000万人を突破したと公表
航空会社の新規参入と運賃下落がビジネス客らの利用を促し
旅客数が3年で倍増するという急速な伸びをみせた

米国
昨年の米大統領選へのロシア政府の干渉問題に関し
ロシア人弁護士と会っていたトランプ氏の長男
トランプ・ジュニア氏が11日に仲介者との一連のメールを公表
メールではロシア側からクリントン元国務長官に
不利となる情報の提供が持ちかけられていたことが明らかになった

耐火れんがの原料や電極など製鉄用の資材価格が急騰
主要生産地の中国で環境規制が強化され
原料や製品の供給が落ち込んでいる
国内の資材メーカーは原料の手当てや販価の引き上げを急いでおり
鉄鋼各社の製造コストを押し上げそう
高炉や電炉は追加の鋼材値上げの材料とする方針
キャプチャ

H形鋼在庫量
6月末時点
前月末比2%減
鉄鋼メーカーが慎重な生産を続けているうえ
出庫の減少に歯止めがかかった
新日鉄住金は流通市場でこれまで表明した値上げの浸透を優先し
7月契約の販価を据え置いた

鉄スクラップ
輸出価格が上昇
7月契約の輸出入札
平均の落札価格
前月比1割高
4カ月ぶりの高値
中国からの鋼材輸出が減ったことで
増産に動くベトナムなどの引き合いが強まった
日本の市中価格も上昇し、電炉メーカーのコスト増要因となる

生コン
12月1日契約分から生コンを1立方メートル7%程度値上げすると発表
2020年開催の東京五輪・パラリンピック関連を中心に需要が伸びるなか
輸送費や原材料費の上昇分を転嫁する

工作機械受注額
6月
前年同月比31.1%増
7カ月連続で前年実績を上回った
中国でスマホ製造向けの需要が好調に推移したよう
好不況の目安とされる1000億円を8カ月連続で上回った
国内需要も同7.8%増の546億9900万円と好調

2016年度の「専門店調査」
全体の売上高と営業利益がともに2年連続でプラス
小売業全体では足踏み傾向
100円ショップや低価格衣料品など「デフレ銘柄」は好調で
消費者の節約志向が根強いことを反映した結果となった
高齢者の需要をうまく取り込むドラッグストアも伸びた

中国新車販売
急減速
2017年上半期(1~6月)
新車販売台数が前年同期比3.8%増
上半期の伸び率が1ケタ台前半の低水準にとどまるのは2年ぶり
15年秋からの小型車減税により
16年通年で前年比13.7%増となったのに比べて急減速した
減税が続いているにもかかわらず
需要を先食いした反動が世界最大の市場に表れ始めた

米LNG輸出拡大のカギを握るのが最大市場アジアでの展開
シェールガスは割安とはいえ輸送費用もかかり
コストが輸出拡大の壁になる可能性がある
政府が輸出認可を出しても二の足を踏む企業も出かねない

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
運用する公的年金の運用成績は2017年4~6月期
5兆円規模の黒字になったもよう
資産の5割弱を国内外の株式で運用しており
株高傾向が主な要因
日経平均株価は2万円台を回復しており
足元でも好調に推移しているとみられる

総務省
2016年の個人企業経済調査
調査対象の個人経営の事業所のうち「宿泊業、飲食サービス業」の
1事業所当たり売上高は前年比9.8%減少
2年ぶりのマイナス
訪日外国人の増加などを背景に国内の宿泊・飲食業は好調
個人経営店には恩恵が及んでいないようだ

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国は12日から
神奈川県箱根町で事務方トップの首席交渉官会合を開く
11カ国での発効に向け
米国を含む12カ国で合意した協定内容をどこまで修正するか協議
日本などはごく一部の修正にとどめるよう各国の理解を求める
11月の首脳会合での大筋合意をめざし議論を詰められるかが焦点になる

ベトナム
株が堅調に推移
5月以降はほぼ一貫して上昇基調にあり
7月6日にはVN指数が年初来高値を付けた
しかし、足元では財政赤字と貿易赤字の拡大が投資家の心理を冷やし始めており
今後の株価には不透明感も漂っている

企業物価
6月国内企業物価指数(2015年=100)は98.4となり
前年同月と比べ2.1%上昇
上昇は6カ月連続で上昇率は3カ月続けて同じ
前年比での原油相場の持ち直しが製造業向けの大口電力料金などを押し上げる一方
電気機器やプラスチック製品などが下落
物価上昇の勢いは頭打ちになっている

米国
米議会上院は夏の休会の開始日を予定してい太7月29日より遅らせ
8月の第3週とすることを決めた
オバマケアの代替法案の審議時間をとり
成立を目指すため

日銀
定例の国債買い入れオペ
買い入れ金額を増額
対象は満期までの期間が「3~5年」国債
米欧市場に連動した長期金利の上昇を抑える狙い
3~5年の国債買い入れ増額は長期金利をゼロ%程度に誘導する
金融緩和の枠組みを導入した2016年9月以降で初めて

水素
クリーンエネルギーとして自動車などへの活用が期待される水素を
二酸化炭素を出さない風力発電の電気を使って
水から取り出す究極のエネルギーづくりの実験が神奈川県で始まった
この実験は、神奈川県やトヨタ自動車などが実施
横浜市にある風力発電所に整備された水素の製造施設が12日初めて公開

中国
6月
中国の新規人民元建て融資は1兆5400億元(2269億ドル)と
5月の1兆1100億元から増加
アナリスト予想の1兆2000億元を上回った

病院での入院や治療にかかった費用
スマホで即時決済できる新しい仕組みが動き出す
横浜銀行など地方銀行や決済代行会社が2018年度に提供を開始
25年度にも全国750カ所の医療機関に導入する
急なけがや病気の場合にも手持ちの現金の心配をしなくて済む
赤字の病院が増えるなか病院側の手数料削減など経営効率化にもつながる

FRB
イエレン議長
下院金融サービス委員会で証言する
冒頭発言原稿によるとイエレン議長は経済成長と物価安定に向け
「今後数年、緩やかな利上げが適切」との認識を示した
資産圧縮は「年内」に着手する方針を改めて明らかに
議会証言は半期ごとに実施
イエレン議長は米景気について、年初に減速した成長は「4~6月期に持ち直したようだ」と分析
弱さが目立つ物価動向を注視する考えを示しつつ
労働市場や設備投資、消費は堅調だと評価。「米景気は今後2、3年緩やかに拡大する」と予想
その後
NY外為市場でドルは下落
イエレンFRB議長の下院金融サービス委員会での証言原稿の中で
議長が最近の低インフレに関して懸念を表明したため
年内の利上げ観測が後退
米金利先物市場での12月までの利上げ確率は43%と、50%を下回った

大型ばら積み船用船料
一段と下落
指標となるケープサイズの平均用船料は1日あたり6500ドル前後
1カ月前に比べて4割安
新造船の完成が相次いでおり
船の過剰感が強まっている中型船を下回る逆転現象も起きている
3月下旬につけた直近高値からの下落幅は約7割に達する
世界の鉄鉱石需要の7割を占める中国は旺盛な輸入を続けている
一方、春先までの用船料上昇で老朽船の廃船の動きが鈍っており
大型船の供給過剰感は強い

ガソリン店頭価格(レギュラー、全国平均)
10日時点
1リットル130.4円
前週比0.1円高
下がり続けていた原油価格が上昇に転じたのを映し
12週ぶりに値上がりした
需要期のガソリン価格上昇は消費者の負担増につながりそう


半導体の主要部材、ボンディングワイヤの素材が金から銅に切り替わっている
5年前に8割だった金ワイヤの採用比率は3割台に縮小
1割だった銅ワイヤの採用比率は6割まで拡大した
金相場が高水準にあることや半導体製造装置の高機能化が背景にある

日銀
欧米の中央銀行の間で大規模緩和策を終えようとする動きが出る中
市場が日銀による金融の引き締めを意識し始めた
エコノミストの4割は
日銀が長期金利をゼロ%程度に誘導する目標を来年末までに引き上げると予想している
物価への影響を心配する日銀は国債買い入れ増などで引き締め観測を消そうとする
市場の意識が強まるほど日銀が動いて内外金利差拡大につながり
円安を呼ぶ局面が出てきそう

VR
視線検知システムで世界最大手のスウェーデンのトビー・テクノロジーはVR体験者の
視線の動きを検知する機器の販売を始める
台湾の宏達国際電子と開発
視線誘導を考慮した商品配置といった店舗作りや企業の社員研修
精神疾患の治療で活用を見込む

米国
テスラ
2017年中に移動式修理サービス車両350台を導入すると発表
修理費以外は追加料金なしで自宅や職場に呼んで修理できるようにする
世界でサービス拠点を従来の約7割増の250拠点まで増やすのと合わせて
修理能力を大幅に高める
整備士も今年だけで1400人を新たに雇用する

日本の半導体製造装置メーカーは2018年3月期におおむね好業績を見込むが
技術開発の遅れで国際競争力を落とす例も出ている
東京エレクトロンは「新しい成長フェーズに入った」
5月に中期経営計画を上方修正
20年3月期までに売上高で現在の5割増の1兆2000億円を目指す
同社は好況を受け、半導体材料のシリコンウエハーに溝や穴を掘るエッチング装置を
手掛ける宮城県の拠点で増産準備を進める
ウエハーの切断装置を手掛けるディスコ
17年度上期に過去最高の売上高と営業利益を予想するなど好調が続く
ただ、ウエハーに半導体回路を焼きつける露光装置大手のニコンは
オランダのASMLとの技術競争に敗れ
1000人規模の人員削減が柱の構造改革に追い込まれた

世界の半導体製造装置の販売額は2017年
ITバブル時の00年を超え過去最高になる見通し
半導体製造装置の米業界団体SEMIが明らかに
サムスン電子など韓国メモリー大手の設備投資が装置需要をけん引する
さらに中国市場が18年、国・地域別で首位を競ってきた韓国、台湾に並ぶ規模に拡大する見込み
半導体投資は「韓台中」が三つどもえで競う構図に移りそうだ

アジアの二輪車市場でフィリピンやパキスタンなどの新興国が存在感を増している
所得水準の向上や治安の安定に加え、ホンダやヤマハ発動機が
スクーターなどのAT付きモデルを投入したのが契機となった
アジアではインドと中国の二大国にインドネシア、ベトナム、タイが続く構図だったが
新興国市場の急成長で勢力図が変わる可能性もある
キャプチャ

カナダ
カナダ銀行(中央銀行)
金融政策決定会合で
約7年ぶりの利上げを決めた
政策金利である翌日物金利の誘導目標を0.25%引き上げ
年0.75%とした
バンクーバーなどの都市部で住宅価格が高騰しており
金融引き締めの必要性が高まっていた
FRBに続き、金融危機後の超低金利政策からの脱却を目指す

主要投資銀行各社が原油相場の見通しを相次ぎ引き下げている
北海ブレント原油先物の期近物は
1バレル50ドル前後での低迷が続くとの見方が大勢を占める
OPECによる原油市場の需給調整が難航していることに加え
米国のシェールオイルの増産も続いているため

EUからの離脱交渉を巡り
EU側のバルニエ首席交渉官
英国で暮らすEU市民の権利保護に関する英国の提案に対して不満を表明

世界の運用残高
2016年末時点
前年比7%増の69.1兆ドル(7808兆円)だったと発表
世界的な株高が残高を押し上げた面が大きく
全体の資金流入は限定的だった
地域別でみると、欧米や日本など先進国に比べて中国をはじめ新興国の伸び率が大きかった

内閣府
2017年度の経済財政報告
賃金が上がらない要因は「企業の投資不足にある」との見方を示す
日本のバブル期や海外と比べても現状での設備投資は見劣りし
賃金上昇の足を引っ張っていると分析
持続的な経済の好循環には賃上げが欠かせず
特に介護をはじめ非製造業での改革と投資増を呼びかける
キャプチャ

国内鉄スクラップ市況
上昇局面を迎えている
国内では電炉メーカー各社が定期炉休などを計画する夏期減産期に入り
鉄スクラップ需要が落ち込んでいるものの
国際市況が堅調に推移する中、アジア市場で競合する
米国鉄スクラップ価格が上昇したことに加えて
為替が対ドルで円安に振れるなど日本からの輸出環境が好転

国土交通省
宅配用の荷物と旅客を同時に運べるようにするため規制を緩和
路線バスがこれまで以上に多くの荷物を運べるよう重量制限を撤廃
地域限定で、タクシーが荷物だけでも配送できるように
運送・物流業で担い手不足の深刻さが増すなか
「貨客混載」と代替輸送によってサービスの効率化を進め、人手不足に対応

ペット保険
ペット保険市場が拡大してきた
各社は、補償内容だけでなくSNSを使うなどして「プラスα」を競う
補償対象の動物も爬虫(はちゅう)類まで拡大中
ペットはいまや子どもの数より多いとされ
医療の高度化が進む
小回りが利き、手軽で手厚い支援で「家族の一員」を守る取り組みは
市場の一層の底上げを促しそう
キャプチャ

マレーシア木材
値上がりしている
コンクリートの型枠用合板の対日輸出価格は3カ月連続で上昇
主産地のサラワク州政府が環境保護を理由に伐採税を引き上げたため増税分を転嫁
環境規制の強化で丸太の伐採量も減っており
住宅の内装材などに使う原木丸太の対日価格も上昇

電力卸売市場でスポット価格
上昇
気温の上昇で冷房向けの需要が膨らみ
7月上旬の全国平均価格は6月と比べて1割強高
関東や中国・四国などで降雨不足からダムの貯水量が下がり
水力発電が伸び悩むとの懸念も一部に出ている
高値が続けば、取引所で電気を調達する新電力の収益を圧迫する可能性がある

米国
原油が年初来安値圏でもみ合っている
在庫は徐々に減り下値を支える
米シェールオイルの増産が上値を抑えている材料難のなか
FRBの保有資産縮小が緩やかに原油に波及するシナリオが市場でささやかれ始めた
高利回りの社債発行でシェール企業に流入していたマネーが細れば
増産の勢いが止まるとの観測

戸建て住宅メーカー大手7社
6月受注状況
5社が前年実績を下回った
昨年の消費増税の延期で商談が長期化しており
受注件数が減少している
平均単価の高い住宅商品の売り出しもあったが各社とも受注金額は増えなかった
前年同月比マイナス幅
ミサワホーム10%、大和ハウス工業9%、
積水ハウス、パナホーム8%
住友林業3%
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』