記事一覧

2017/8/4 朝までの動き

米ドル/円 17/08/04 05:29 109.98


NYダウ

2017/8/7
22,026.10 +9.86 (+0.04%)
キャプチャ

3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら8日続伸
前日比9ドル86セント高の2万2026ドル10セントと7日連続で過去最高値を更新
電気自動車(EV)のテスラなど好決算を発表した銘柄に買いが入った
ただ、ダウ平均が前日に節目の2万2000ドルを超えたことで達成感から売りに押される場面も目立ち
方向感に乏しかった
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落
同22.304ポイント安の6340.341(同)で終えた。アップルやアマゾン・ドット・コムなど主力株の一角が売られ
指数を押し下げた

ニュース
タングステン(W)
国際価格が上昇している
指標となる中間原料パラタングステン酸アンモニウムスポット価格
7月下旬時点4月上旬に比べ約10%高い
背景にあるのが中国の環境規制だ
今年に入り中国政府は工場に対し排水処理などの環境基準について監査を実施
操業を停止する工場もあり、生産が滞っているという
主産地の湖南省や江西省は6月に洪水に見舞われた
鉱山の浸水などで生産量が減っているとの見方も出ており、品薄感につながった
工作機械向けを中心に、日本のタングステン需要は堅調
中国では一段の価格上昇を見込み、取引業者の売り惜しみもみられる
「8月いっぱいは上昇が続きそうだ」

南洋材丸太
国内卸価格が約1年2カ月ぶりに上昇
主産地マレーシア・サラワク州で環境保護を目的に7月から
伐採増税や輸出枠の削減を実施した影響が出た
原木の日本向け輸出価格は騰勢を強めており
商社が国内販売価格に転嫁した
指標のマレーシア東部、サラワク州産メランティ・レギュラーの商社卸価格
8月初旬現在
前月比150円(1%)高い
値上がりは昨年5月下旬以来

カセイソーダ輸出
1~6月
前年同期比1.5%増
中国などアジア地域でアルミ製錬向けの需要が伸びている

合金鉄のスポット価格が上昇している
代表品種は4月に比べ軒並み1割以上高い
中国での鋼材価格上昇が世界各地に波及
中国内や欧米の製鉄所が鋼材の増産に動き、品薄感が強まっている
スポット価格上昇を受け、日本の高炉や電炉は価格が固定の
長期契約を追加購入するなどコスト抑制に動いている
フェロシリコンはアジアでのスポット価格が1トン1250ドル前後まで上昇
4月に比べて15%高い
鉄の強度を上げるシリコマンガンも南アフリカでのマンガン鉱石の減産もあり
春に比べて1割超上がった
中国政府は違法に生産されてきた粗悪な鋼材の生産停止を推し進め
鋼材価格が急反発
環境基準を満たす高炉や電炉は利ざやが確保できるため
稼働率を引き上げている
こうした製鉄所は合金鉄の購入も大幅に増やしている
日本はフェロシリコンの調達で、生産でも世界トップにある中国への依存度を引き下げ
ロシア産の輸入を増やしてきた。ただ欧州の製鉄所も鋼材高で増産に転じ
「ロシアの生産業者はアジアよりも高値で欧州向けに販売している」


金上場投資信託保有残高が減っている
代表銘柄「SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア」残高は2日時点で約791.9トン
直近ピークの6月中旬から1割減った
6月末以降、欧州を中心に金融緩和の縮小観測が相次ぎ
金を長期で運用するファンドが資金を引き揚げているよう
残高が減るきっかけは、6月27日のドラギ欧州中央銀行総裁による
「デフレの力がインフレの力に置き換わった」発言だ
その後、英イングランド銀行のカーニー総裁が緩和縮小を
「数カ月以内に議論する」との方針を示したほか
7月上旬にはカナダが利上げに踏み切った

東証空売り比率
2017/8/7
39.7%

アルミニウム国際価格
上昇している
指標となるロンドン金属取引所3カ月先物価格
日本時間3日の時点で
6月下旬につけた安値に比べて3%高い
中国需要が堅調との見方が広がった
主要通貨に対するドル安が進みドル建てで取引するアルミ価格を下支えしている
中国ではサッシなどに使うアルミ加工材の生産が好調
2017年1~6月の加工材生産量は前年同期比1割増え
「交通や電力分野の需要が堅調」
中国のアルミ製錬大手が当局の環境規制の方針を受けて老朽化した設備を閉鎖し
供給が減るとの思惑も支援材料

外国為替市場でユーロ相場の上昇が続いている
3日には一時1ユーロ=1.19ドル台
2015年1月半ば以来およそ2年7カ月ぶりのドル安・ユーロ高水準をつけた
堅調な経済指標が相次ぎ、欧州中央銀行(ECB)が
金融緩和縮小に向けた動きを進めるとの市場の観測が強まっている

半導体製造装置5社
2017年4~6月期決算
5社のうち東京エレクトロン、ディスコ、日立国際電気の純利益がそろって過去最高
動画の視聴ニーズやオンラインゲームの普及により
同装置の需要がスマホなどの端末から業務用データセンターにも拡大
業績見通しを上方修正する企業も相次いだ
ディスコが3日発表した4~6月期の連結純利益
106億円と前年同期に比べて84%増えた
54%増の89億円だった従来予想を上回り
同期間としては2年ぶりに過去最高
取引先の半導体メーカー向けに半導体の切断に使う装置の需要が伸びている
ディスコに続き、日立ハイテクノロジーズも上期の業績見通しを引き上げ
通期予想を引きあげたのは日立国際にとどまったが
受注高は4~6月期が8割減益だったアドバンテストでも13%増えている
各社とも通期業績が一段と上振れる可能性がありそう
各社の業績のけん引役はデータセンター向けの半導体需要
「自動車の自動運転が本格化すれば、データ需要は現在とは比べものにならいくらい増える」

住友商事
2017年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は
純利益が前年同期の3.5倍の782億円
堅調な世界景気を背景に原料炭や鉄鉱石など資源価格が持ち直し
資源関連事業の採算が改善
20年の東京五輪に向けて国内で再開発が活発になっているのも追い風で
不動産や建設機械のリースなど非資源事業の収益も伸びた
鉄鉱石や亜鉛の価格が持ち直している(住友商がボリビアで権益を持つ鉱山)
資源・化学品の最終損益は151億円の黒字
前年同期の129億円の赤字から急回復
資源関連に限ると200億円近く損益が改善
鉄鋼生産に使用する原料炭は、産地であるオーストラリアをサイクロンが直撃し
生産量が落ち込んだことで価格が急騰。鉄鉱石や亜鉛の価格も上昇
期中の原料炭の価格は1トン当たり190ドル台と、前年同期の2倍以上に上昇
鉄鉱石も1トン当たりの価格が80ドル台後半
前年の2倍近くに上昇
資源以外
国内の再開発需要を受けて不動産開発事業が好調だったほか
建設機械のリース事業も伸びた
不動産と生活関連事業の純利益は37%増の212億円
建機リースなどの輸送機・建機部門は65%増の122億円
中東とアフリカの自動車販売は振るわなかったものの
全体では2年ぶりの増益を確保

住友林業
共働き世帯に特化した内装設計プランを増やし
新規顧客獲得に乗り出す
家で夫婦そろって留守にする時間が長く、子どもを1人にしておいても
安心できる住まいづくりを提案する
住友林業は2018年3月までに
新設販売住宅の20%に当たる1600棟で新プランを採用してもらうことを目指す

トヨタ自動車が提携戦略を加速
昨年のダイハツ工業の完全子会社化に続き
マツダとも株式を持ち合う
背景にあるのは米グーグルなど車の産業構造を
一変させる技術革新を仕掛ける異業種の参入と
環境規制などルールの変更だ。「規模」の争いに加え
競争の「質」の変化にも対応しなければならない焦りがトヨタを突き動かしている

人事
鉄人化計画
岡崎 太輔氏
94年日大法卒
東京都民銀行入行
00年カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社
13年エスクリ取締役
15年ファースト・パシフィック・キャピタルマネージングディレクター社長室長。神奈川県出身
46歳

日本の不動産への投資が回復基調に転じつつある
2017年1~6月の取引額は前年同期比で8%増
2兆1235億円と、上半期としては2年ぶりの高い水準となった
世界的な低金利を背景に、安定した利回りが期待できる
投資先として国内や海外の年金基金などの資金が流入している
オフィスなどの賃料上昇で、日本の不動産に魅力を感じた海外投資家の需要が増加

ドイツ
独BMW
3日発表した2017年4~6月期決算
純利益が前年同期比13%増の21億9400万ユーロ(約2870億円)
売上高は3%増の257億9900万ユーロで4~6月期として過去最高を記録した

ドイツ
独シーメンス
3日発表した2017年4~6月期決算
純利益が前年同期比6%増
14億1300万ユーロ(約1850億円)となった
工場のデジタル化関連部門や医療機器部門が好調だった
売上高は8%増の214億1300万ユーロ。金融を除く産業部門の営業利益は3%増

お盆休み期間(10~20日)の予約状況を発表
国内線の予約者数は前年同期比8%増
2016年4月に起きた熊本地震の影響が薄れた九州方面に客足が戻った
国際線はアジア方面がけん引し、7.1%増の74万6千人だった

フォルクスワーゲンやダイムラーなど独自動車大手
530万台のディーゼル車を無償改修して排ガス除去能力を高め
環境対応を強化することでドイツ政府と合意
これと引き換えに、大都市が検討していたディーゼル車の走行禁止の議論に歯止めをかけた
世界で進む電気自動車(EV)シフトに後れを取りながらも、ドイツの官民はディーゼル車を延命させる意向

中国
中国国有石炭大手の神華集団と、国有発電大手の中国国電集団は合併で基本合意
石炭火力が発電の柱である中国で、石炭採掘から発電までを一貫して手掛ける
巨大な発電会社が誕生する
中国政府は国内競争でエネルギー価格を抑制するよりも
規模の大きいエネルギー企業を作り出して海外進出を後押しする方針
エネルギー業界の合従連衡が加速しそう



 国内線は九州のほか東北・北陸方面も1~2割程度予約が増えた。東北・北陸は鉄道などと競合しやすいが、全日本空輸や日本航空が繁閑に合わせて割安な運賃を投入、新たな需要を掘り起こした。結果、国内線の予約率は76.8%と前年から4.1ポイント改善
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』