記事一覧

2017/8/8 朝までの動き

米ドル/円 17/08/08 05:30 110.75


NYダウ
2017/8/7
キャプチャ


ニュース

京都市
観光客らを対象とする宿泊税が早ければ2018年度にも導入される見通しとなった
20年の東京五輪・パラリンピックに向け
訪日外国人の一段の増加が予想されるため
全宿泊施設を課税対象とし公共交通機関の改善などの財源に充てる
宿泊税は東京都や大阪府が導入しているほか北海道や金沢市でも議論が進んでいる

東京急行電鉄・フィル・カンパニー
川崎市のコインパーキングの上に認可保育所を開設
同駅周辺は大型マンションの分譲で子育て世帯が増え、保育需要も伸びている
保育所建設用地が不足するなか、東急子会社が運営する駐車場の上部空間を提供した

生コン出荷量
7月
前年同月比25.7%増
5カ月連続で前年実績を上回った
新国立競技場や選手村といった東京五輪施設向けの出荷が本格化
都内中心部で進む大規模な再開発工事向けの出荷増もけん引
「都心の生コン出荷量は回復に向かっている」
8月の出荷量前年同月比31.3%増を見込む

ティッシュ紙
7月の家庭紙店頭価格
大手メーカーの低価格帯のティッシュペーパー
前月比下値の水準が10円上がった
上昇は1年半ぶり
トイレット紙はパルプ製の高価格帯商品(60メートル12ロール入り)が388~498円
下値は前月比10円上昇
「家庭紙大手が打ち出した値上げの動きが小売店頭価格にも一部波及し始めている」

中途採用求人倍率
7月
前月比0.12ポイント低い2.31倍
転職希望者が6.1%増え倍率を押し下げた
求人数は1.2%増え過去最多を更新
新卒採用が一服する7月は自動車や電機大手の募集が増える
IoT関連の技術開発を見据え、IT・通信技術者の求人は3.4%
電機・機械技術者は2.1%増加
夏休みのある8月は転職希望者が減る傾向にあり「求人倍率は上昇する見込みだ」

LED電球
価格が下がっている
台湾の調査会社トレンドフォースによると
7月の世界市場における平均出荷価格
40ワット品が前月比0.9%安い
60ワット品は同2.8%安
7月は日本や欧米市場で安価な新製品が投入され
流通業者の値下げがあったため平均価格が押し下げられた
中国市場はメーカーが値上げに動き、平均価格が上昇

バター国際相場
上昇している
現在の指標価格は前年同期の2倍
健康志向の高まりを背景に欧米でマーガリンからバターに需要がシフトしている
原料の生乳生産が伸び悩み、需要に供給が追いつかない
日本の輸入価格も5割高
食品メーカーには原料費の上昇要因となりそう

鋼材需要
鋼材の内需は回復するか
「関東では7月から引き合いが増えた。東京五輪関連の再開発も動き始めている
4~6月の鋼材出荷は前年同期を2割上回った
納期短縮のため鉄筋コンクリート造りから鉄骨造りへのシフトも続くのも
H形鋼を主力とする当社にはプラス
今年こそ秋からの需要が期待できそう」
「ただ鉄骨加工業者は投資に慎重
加工能力は500万トン強にとどまり、需要の増加には限度がある
原料の鉄スクラップ高を受けてユーザーが早めに注文を出していた可能性もある。もう少し見極めが必要だ」

中国では鋼材価格が上がっている
「中国政府が『地条鋼』と呼ばれる粗悪な鋼材の生産停止を進めた
環境基準を満たさない製鉄所の増産は難しくなる
一方、青島や上海では地下鉄や空港の増設があり、沿岸部もインフラ投資が続く
代表的な鋼材の熱延コイルは1トン500ドルまで上昇した」
「環境基準を満たす高炉や電炉の増産が始まり、鋼材価格も峠を越えつつある
ただ長い目でみれば地条鋼が消えて中国の鋼材市場は健全になる。熱延コイルは450ドルが下値のメドとなる」

米国は鉄鋼の輸入制限を検討
「ベトナムを迂回した中国鋼材の輸出などを止める狙いだろう
ただ高級鋼材など輸入しないと困る製品も多い。全製品に一律で高関税がかかることはないとみる」

国内の鋼材販売価格を据え置いています。下期は値上げするか
「高炉の販売価格が焦点だ。高炉が原料に使う鉄鉱石などは一時よりも安い
原料高を理由とする値上げは難しくなる。買い手が値下げを望むなか
利ざや改善を狙った値上げを続けられるか
新日鉄住金とトヨタ自動車による自動車用鋼板の下期の値決め交渉の行方に注目している」
「懸念材料は中国の鋼材輸出
6月までは好調な内需を受けて11カ月連続で減っていた
秋の共産党大会まで情勢は変わらないだろう。その後政府が引き締めに動けば
鋼材市況も調整に入る可能性はある
中国の輸出が再び増えれば、玉突きで(割安な)韓国品が日本に流入しかねない」
(東京製鉄社長 西本利一氏)


北米産丸太
日本向け輸出価格6カ月ぶりに上昇
指標となる米松丸太(IS級、直径30センチ以上)
8月積み輸出価格は7月成約価格に比べ1.2%上がった
カナダ西部の森林地帯、ブリティッシュコロンビア州で大規模な山火事が発生
カナダ産製材工場の一部が操業停止に追い込まれ
米国産丸太や製材品の国内価格が急伸した

東証空売り比率
2017/8/7
38.9%

JPX400入れ替え


【JPX日経400】

 【除外】日揮、クックパッド、ぐるなび、伊藤園、ゲオHD、グリー、電通、キョーリン、大正薬HD、富士フイルム、神戸鋼、三協立山、不二越、OKI、エンプラス、IHI、名村造、VTHD、ニコン、トプコン、ふくおかFG、八十二、北洋銀、岡三、大京、タカラレーベ、郵船、HIS

 【採用】前田建、戸田建、五洋建、NSSOL、サントリBF、アダストリア、神戸物産、ビックカメラ、トヨタ紡織、オープンH、帝人、三井化学、DNC、大日本住友、ライオン、東京製鉄、日軽金HD、アマダHD、ハーモニック、アルバック、ソニー、クラリオン、アドテスト、OBARAG、めぶきFG、西武HD、日立物流、関西電、スクエニHD、メイテック、コナミHD

1ドル=110円台前半で膠着する円相場
ちょっとしたきっかけで円高・ドル安へ大きく振れるとの見方が出てきた
投機筋による円買いマグマがたまり続けているため
世界の金融市場は空前のカネ余りで
株・債券・為替のいずれも相場が振れやすくなっている
自国内の取引材料が限られる円は現在身動きが取りにくいが
世界市場の動向次第で一気に動くかもしれない

景気敏感株
強気
キャプチャ


5Gが世界で導入される2020年が迫り
関連企業に商機が広がっている
通信データを伝送する光ファイバー大手の古河電気工業は
18年度までに生産能力を2割増やす
富士通やNECなども通信設備やソフトウエアの開発に力を注ぐ
通信インフラ技術は欧米勢に加え中国勢が台頭している
5G向けの体制づくりを急ぎ成長市場での競争に備える
光ファイバー世界3位の古河電工は光ファイバー製造拠点を増強する検討に入った
デンマークか米国の工場でガラス母材の製造装置などを導入し
世界全体の生産能力を18年度までに現在から約2割引き上げる
投資額は最大で100億円規模
5Gはデータの伝送速度が現行の第4世代(4G)の100倍以上と高いのが特徴
5Gを活用したサービスの伸長も見込まれ
通信データ量は世界的に大きく伸びる見込み
米シスコシステムズは世界のデータ通信量は21年には16年比3倍になると予測


中国
ゲーム市場が膨張
市場規模は2017年に275億ドル(3兆円)に達する見込み
昨年に米国を抜いて世界のトップになってからも市場拡大が続いている
けん引するのは騰訊控股(テンセント)と網易(ネットイース)の2強
子供などが過度にゲームに没頭するのを嫌う政府の規制などの懸念もあるが
ゲームへの熱狂は高まりつつある
7月末、上海市で開かれたアジア最大のゲームショー、「チャイナジョイ」
15のホールを使い、17万平方メートルに及ぶ展示会場には4日間で34万人ものゲームファンが押しかけた
27万人あまりだった16年の東京ゲームショウを上回る数字
チャイナジョイで1番人気だったのがテンセントのブース
キャプチャ

普通鋼電炉メーカー上場11社
2017年4―6月期決算が7日に出そろった
4~6月
条鋼、鋼板ともにマーケットの回復が遅れたものの
高炉を含めた鉄鋼メーカーがマージン確保に動いた影響で
鋼板類や形鋼類の販売価格が堅調に推移
ただ、異形棒鋼に関しては鉄スクラップ価格上昇に比べて販価改善が追い付かず
メタルスプレッドが縮小し
収益悪化を余儀なくされたメーカーが大勢を占めた
その結果、売上高は出荷数量増や販価改善などによって
前年同期比で11社全社が増収
経常利益は7社が増益、4社が減益
異形棒鋼メーカーの収益悪化が目立つ

経済産業省
高度なIT人材を育てる講座の認定制度を設けると発表
2018年度以降に開く社会人向け講座が対象で
受講費の一部を助成する
需要が拡大しているAIやサイバーセキュリティーなどの専門人材を育てる

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』