記事一覧

2017/8/23 朝までの動き

米ドル/円 17/08/23 05:39 109.55
キャプチャ

NYダウ
21,899.89 +196.14 (+0.90%)
キャプチャ
22日米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸
前日比196ドル14セント(0.9%)高の2万1899ドル89セントで終えた
上げ幅は4月25日以来ほぼ4カ月ぶりの大きさ
取引終盤にかけて上げ幅を広げ、一時は200ドル超上げた
前日まで下げが続いたハイテク株などに値ごろ感に着目した買いが入った
税制改革への期待が再浮上したことも相場を押し上げた


大型ばら積み船
用船料が大幅に上がった
旺盛な輸入を続ける中国向けの輸送需要が堅調
指標となるケープサイズの平均用船料は1カ月で2倍を超えた
きっかけは中国の鋼材価格の上昇だ。建築向け需要の拡大に加えて
粗悪な違法鋼材の取り締まりが進み
中国の鉄鋼メーカーは増産を続けている
鉄分の含有量が多いブラジル産などの輸入鉄鉱石の需要が伸びている
キャプチャ

加工用菜種油
(主にマーガリン原料)
7~9月期大口価格が上がった
日清オイリオグループなど製油大手が
原料の値上がりを理由に求めていた値上げを食品会社が受け入れた
値上がりは3四半期連続
上昇が続けばマーガリンや菓子パンの価格に影響する可能性も
加工用菜種油の値上がりはマーガリンやパンの製造コストを押し上げる
マーガリンは中食人気の高まりでコンビニの菓子パンや
サンドイッチ向けの需要が堅調
これまで油脂会社は菜種油の値上がりを吸収してきたが「これ以上続けば耐えられない」

綿花国際価格
下がっている
ニューヨーク市場の先物(期近)
年初に比べ4%安く
約1年ぶりの安値圏で推移
米国産の豊作観測やインドの増産で世界的に過剰感が強い
安値が続けば国内綿糸価格の下げ要因に

コンクリート杭国内出荷量
7月
前年同月比3.5%減
関東1都6県の合計が26.4%増えたが
東北や北信越で3割超減るなど需要回復に地域差がみられる
需要別では倉庫向けが好調だった
工場や事務所・店舗向けの出荷が振るわなかった

内航貨物船
1~6月
前年同期比6%増
自動車の輸送量が9%伸び
鋼材も11%増
石灰石やセメントも前年を上回った
6月単月の輸送量は前年同月と比べて10%増え
6カ月連続で前年比プラス

航空貨物輸出量
7月
前年同月比で13%増
半導体などの電子部品や自動車部品の出荷が好調
12カ月連続で前年を上回った
国別で最も多い中国向けは半導体関連の輸出が伸びて31%増
自動車部品が多い米国向けも16%増

東証空売り比率
2017/8/22
41.2%
(日経新聞)

22日
東証1部の売買代金は1兆7142億円に
4月17日(1兆6337億円)以来約4カ月ぶりの低水準
米政権内部の混乱や北朝鮮を巡る地政学リスクに対する警戒感が強い
今週末に控えるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演内容を見極めるまで
投資家の様子見姿勢は続きそう

鉛国際価格
下落している
ロンドン金属取引所3カ月先物価格
直近高値をつけた17日終値に比べて7%安い
相場の過熱感が収まり、利益確定の売りが出た
8月中旬から急伸していた
15日中国は経済制裁強化の一環として北朝鮮の鉛と鉛鉱石の輸入を禁止
鉛生産に影響が出るとして
17日には約9カ月ぶりに2500ドルを突破していた

超長期債の利回りが低下
新発20年債利回りは22日
一時0.540%
4月21日に付けた今年の最低水準に並んだ
円高・株安を背景に、債券買いに追い風が吹いている
財務省が同日実施した20年債入札で
メガバンクなどを中心とする銀行勢が買いに動いたとの思惑も広がり、相場を下支えした

円相場は4営業日ぶりに反落
午後5時時点は1ドル=109円35~36銭
前日同時点に比べ42銭の円安・ドル高
米長期金利が時間外取引で上昇
日本の長期金利の上昇幅は相対的に小さかったために日米の金利差が拡大し
国内投資家の円売り・ドル買いを促した
国内輸入企業による円売り・ドル買い注文が膨らんだのも円相場を押し下げた

電気自動車(EV)を中心とした電動化の流れが加速するなか
車載電池で世界首位のパナソニックが昨年末に比べて23%高となったのをはじめ
高い技術力を持つ部材メーカーの上昇が目立つ
英仏政府が7月に相次ぎ
将来のガソリン車の販売禁止を打ち出したことなどが影響しているもよう
一方、ガソリン車向けが主力の部材メーカーは売りが先行している
(昨年末からの株価騰落率)
キャプチャ

新興市場に上場する企業の業績が上向いている
2017年4~6月期の純利益の合計は前年同期比11%増
純利益の改善額をランキング
上位には一般消費者向けの商品でヒットを飛ばした企業が目立った
人手不足など景気動向をとらえたサービスで利益を伸ばす企業もあった

賃貸住宅の契約
ネット上で完結させることを目指した取り組みが広がっている
東急不動産HDなどはまず契約書類をネット上で作成できるようにする
今秋にも賃貸住宅を契約する際の有資格者による入居者への説明が
対面だけではなくネット上でも解禁される見通し
規制緩和後はネット上で契約に関する一連の手続きが済むようにして利便性を高める

米国
住宅価格の上昇が続いている
ニューヨークやサンフランシスコなど主要20都市の住宅価格を集計した指数
金融危機前の最高水準に迫ってきた
低所得者向けの「サブプライムローン」の膨張のような投機的な動きはない
むしろ建設現場の人手不足から供給を増やせず
国内総生産(GDP)の下押し要因になるとの懸念も出ている

米政府
北朝鮮の核・ミサイル開発に関与したとして
中国やロシアの企業10社と関係者6人に追加制裁を科したと発表
米国内の資産凍結や、米企業・個人との取引を禁止する
グアム沖へのミサイル発射計画などで挑発を続ける北朝鮮の資金源を断つ狙い
中ロが水面下で北朝鮮への支援を続けているとして圧力を強める

中国
シェア自転車大手、摩拝単車(モバイク)
札幌市でサービスを始める。競合のofo(オッフォ)も日本進出を決めている
両社は新サービスが受け入れられやすい中国で急拡大
ネット大手の出資を受けて海外進出を果たした
中国企業の成長が日本でのシェアリングエコノミーを変える可能性がある

国内鉄スクラップ市況が続伸
先週18日新規鉄スクラップ輸出商談で韓国・現代製鉄が日本側に対して
今年最高値となるFOBトン当たり3万2500円(H2)を提示するなど輸出高が国内相場を押し上げた
国内市場は「再び『東高西低』の様相となっている」

中国
ビレット価格が急騰
河北省唐山地区の市場価格は先週末にトン1200円弱
週明けに800円強上昇
足元トン約6万3000円と年初から3割強上がり騰勢を強めている
堅調な鋼材需要を背景とした半製品・鋼材在庫の減少や
鉄鉱石など原料価格上昇が要因。政府の環境規制によって
鉄鋼生産が制限されるとみられ
鉄鋼関連価格は下期も高値を維持しそう

高炉大手
10~12月の鉄鉱石調達価格
7~9月比10%程度下がりそう
2四半期連続の下げ。業界筋によると
8月までのスポット価格の3カ月平均が下がる見込みのため
直近では鉄鉱石のスポット価格は上昇しているという
中国の鋼材価格上昇が鉄鉱石相場を支えている
中国の建設需要を背景に鋼材は堅調に推移するとみられているが
過剰能力体質で供給余力があるため、継続性には見極めが要る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』