記事一覧

2017/8/25 朝までの動き

米ドル/円 17/08/25 05:40 109.56
キャプチャ


ユーロ/円 17/08/25 05:50 129.26
キャプチャ

NYダウ
21,783.40 -28.69 (-0.13%)
キャプチャ
24日米株式市場ではダウ工業株30種平均が小幅に続落
前日比28ドル69セント安の2万1783ドル40セントで終えた
米連邦政府の債務上限問題や予算関連の審議が難航するとの見方が強まっており
米政権運営に対する不透明感が株式相場の重荷となった

警察庁
パチンコの出玉やパチスロのメダル獲得数の上限を
従来の約3分の2に規制する改正風営法規則を決定
ギャンブル依存症対策の一環
来年2月に施行される
新ルールではパチンコの標準的な遊技時間を4時間と想定
時間内の出玉が5万円分(1球4円換算)を下回るよう上限を定めた
従来の基準の約3分の2にあたる

民泊
東京都税制調査会
都が独自にホテルや旅館の宿泊客に課す「宿泊税」について意見交換
民泊サービスが都市部で広がるなか
民泊利用時の課税に関して「税の公平性の観点から対象にすべきだ」
池上会長が会合で「対象に含めるべきだとの意見が多かったのを踏まえて考えたい」

鉄スクラップ価格
一段と上昇
関東の電炉の買値
5月の直近安値に比べて3割高
中国産の粗鋼半製品(ビレット)の代替として
アジアの鉄鋼メーカーが日本産スクラップを高値で買っている
国内の電炉は入荷が進みにくく
購入価格を引き上げている

鋼材先物商品価格
中国
高騰していた価格が急落
政府当局が取引条件を変更し抑制に動き出したため
鉄鉱石の先物取引も規制を受けており
現物の鋼材や原料の価格に波及する可能性がある

中国
鉄スクラップ輸出量
急増していたが
7月に減少に
前月比15.5%減
5カ月ぶりに減少
国内の鉄スクラップ消費が急増する中
鉄スクラップの国内価格が上がり40%の輸出関税がかかる輸出は採算が低下している
新規の輸出契約は縮小し
輸出業者の受注残の消化が進んでいるとみられ
8月以降、輸出量は大きく減る見通し

鉄道総合技術研究所
古河電気工業などと共同で山梨県米倉山において取り組んできた
超電導フライホイール蓄電システムの研究開発をさらに推進
現在は超電導磁気軸受で10トンの荷重支持を確認してきたが
中核技術となる高温超電線材を担当する古河電工は
さらに特性の良い線材開発に注力
これによりさらに大型の15トンの荷重を支持できる磁気軸受開発を進める

中国産マグネシウム
急続伸
24日時点の日本向け輸出価格
前週比トン240~300ドル高の2850~2880ドル
2013年以来の高値水準を回復
前月からは540~590ドル値を伸ばしている
マグネ生産におけるコストの約半分を占めるフェロシリコン高の影響が大きい

ステンレススクラップ
関東地区のSUS304ステンレススクラップ市況が続騰
LMEニッケル相場の上昇を受け
一部の国内メーカーは8月21日から炉前購入建値を
1キログラム当たり5円(トン当たり5000円)引き上げ
同130円(同13万円)とした

アルミニウム国際価格
一段と上昇
ロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は23日に一時
約3年ぶりとなる1トン2100ドルに乗せ
現在も2100ドル前後で推移している
直近安値をつけた6月下旬からの上げ幅は13%程度に達した
世界生産の5割超を占める中国で減産観測が高まっている
中国政府は1月に河北省、山東省、河南省、山西省の4省の生産能力を
11月末までに30%削減すると発表
市場関係者の間では「秋にかけて大規模な生産削減が実施されるとの観測が高まっている」

技術者派遣料金
上昇している
自動車など大手メーカーやゼネコンといった派遣先で
派遣技術者を含めた残業抑制の動きが台頭
減った労働時間を補うため追加の派遣需要が広がっている
ただ派遣技術者も人手不足感が強く
料金水準を押し上げている

アルバイト・パートの募集時平均時給
7月
三大都市圏(首都圏、東海、関西)前年同月比2.4%高
49カ月連続で前年水準を上回った
事務職を中心に幅広い職種で時給が上昇している
職種別
「事務系」の上昇率が大きく3.9%高
金融機関のコールセンタースタッフの求人が増
「住宅ローン関連の問い合わせに対応するスタッフの募集が目立つ」

セメント国内販売量
7月
前年比0.6%増
3カ月連続で前年実績を上回った
東北や近畿、東海などで前年割れとなったが
東京を中心にした五輪関連施設や都市部の再開発工事向けの堅調な需要が下支えした
輸出は同15.0%増
4カ月連続のプラス
大規模な空港拡張工事が進む香港やオーストラリア向けなどが伸びた

シカゴ豚先物
下落している
指標となる期近10月物
日本時間24日夕時点で100ポンド63ドル台で推移
直近高値の7月上旬から12%下落
10月物として4カ月ぶり安値をつけた
生牛も下げており堅調だった畜産先物の下落傾向が目立ってきた
養豚場の在庫水準を考慮すると「豚の出荷は向こう数カ月間増える方向にあり、相場の重荷になるだろう」

コンテナ輸送量
1~6月のアジア発欧州向けコンテナ輸送量
前年同期比5.2%増
過去最高を更新
景気の底堅さを映して機械類や家具、鉄鋼製品の出荷が伸びた
全体の7割を占める中国発の貨物が7.4%増
自動車部品などが多い日本発は8.5%のマイナスだった

東証空売り比率
2017/8/24
41.6%
(日経新聞)

日本国債
買いが強まっている
24日の国内債券市場で新発10年物国債は断続的に買われ
利回りは4カ月ぶりの水準まで低下した
米政権への期待を失い地政学リスクを警戒する投資家が
安全資産とされる国債を買った
ただ、今年最低水準の利回りになり
日銀が25日に予定している国債買い入れで減額に動くと予想する声も

ドローン
コマツ
産業機械レンタルのオリックス・レンテックと業務提携
10月からドローン(の貸し出しなどで測量会社を支援するサービスに共同で乗り出す
機材やデータ処理のノウハウを持たない中小企業などでも
手軽にドローンを用いて地形の3次元データを計測できるようにする
2018年春までに300社の利用を目指す

中国
米国が通商法301条に基づいて中国による知的財産侵害などの調査を始めたことを受け
中国が揺さぶりをかけ始めた
対中貿易赤字の圧縮へ関税引き上げなどの制裁措置も視野に入れる米国に対し
中国政府は「貿易黒字の50%超は外資企業の輸出によるもの」と反論
一方、米国が過剰生産を批判してきたアルミニウムの減産方針を公表
硬軟織り交ぜた対応で
米国との貿易摩擦の回避を探っている

ジャクソンホール会議
2008年の金融危機後の大規模緩和策からの「出口」に注目が集まり
政策転換にどこまで言及するかが焦点となる
ただ、各国とも低インフレという課題を抱え、慎重なかじ取りが続きそう
今回の課題は大規模緩和からの出口戦略
日米欧は金融危機後にそろって量的緩和に踏み切り
3中銀の資産規模は日本円換算で計1500兆円と
危機前の4倍に膨れあがった
拙速に出口を探れば中銀頼みの相場が崩れかねないだけに

米国
7月
中古住宅販売件数
前月比1.3%減少
2カ月連続の減少
昨年8月以来11カ月ぶりの低水準
ダウ・ジョーンズがまとめた市場予測(555万戸程度)を下回った
前年同月比では2.1%増加
販売価格(中央値)は25万8300ドル(約2820万円)で
前年同月比で6.2%値上がり

米国
ベネズエラ国債や国営石油会社PDVSA社債の
取引禁止を含む新たな経済制裁を検討していることが明らかに
従来の制裁から一歩踏み込んだ形で
PDVSAの債務不履行につながる可能性もある

IoT
総務省
地方自治体向けにIoTの導入を指南する事業を2018年度から始める
IoTを使って地場産業の育成に成功した事例をもとに研修を実施
導入の仕方が分からない自治体にきめ細かくアドバイスする
補助金も用意し、医療や農業や観光など幅広い地場産業でのIoT導入を促す
市場は今回の各首脳の発言を注目している
イエレンFRB議長は25日に講演
危機の震源地だった米国は15年末に利上げを開始
危機対応からの完全脱却となる資産圧縮にも真っ先に着手できそう
米経済は拡大局面が9年目に突入
失業率も一時は16年ぶりの水準に改善
FRBは9月の次回米連邦公開市場委員会(FOMC)で資産縮小を決定する考えを示唆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』