記事一覧

2017/9/4 朝までの動き

米ドル/円 17/09/04 05:49 109.43
キャプチャ
日本時間4日早朝の外国為替市場で円には買いが先行
対ドルは4時すぎに1ドル=109円20銭台と前週末のニューヨーク市場の終値(17時時点の水準)
110円20~30銭よりも1円程度円高・ドル安方向に振れた
6時時点では109円台半ばで推移


ユーロ/円 17/09/04 05:49 130.05
キャプチャ


NYダウ
2017/9/1
キャプチャ




北朝鮮
3日午後北朝鮮で人口地震
「北朝鮮が6回目の核実験を実施した」と断定
河野太郎外相が会議後
首相官邸で記者団に明らかに
すでに北京の外交ルートを通じ
北朝鮮側に抗議したことも明らかに

(北朝鮮は水爆実験と主張
その場合技術力がもう一段上に行ってるよね)


経済産業省
2018年度予算概算要求
金属課関連は90億9000万円と17年度当初比12%増
環境調和型製鉄プロセス技術開発のうちフェロコークス開発が設備の建設段階に入るほか
革新鋼板など新構造材料技術開発で検査装置などの購入費が加わる
鉄鋼関連では10年を経て新たな段階に入る
水素還元活用製鉄プロセス技術開発(COURSE50)など
次世代の環境負荷軽減型プロセス開発
自動車軽量化など使用段階で省エネにつながる素材開発を両面で継続

化学プラント保守
IoTやビッグデータ解析などを活用する取り組みが広がっている
宇部興産はビッグデータ解析に基づく異常予知検知システムの試験運用を開始
三菱ガス化学もタブレット端末を使った作業履歴や品質情報の電子管理を導入

医薬品原薬・中間体メーカー
相次ぎ設備増強に動いている
背景
政府が普及を後押しするジェネリック医薬品の台頭
高付加価値な高薬理活性医薬品への対応など
原薬・中間体はインドや中国など新興国企業が低コストを武器に攻勢を強めており
競争は激化
日本の原薬・中間体メーカーは「国産」を前面に高品質で勝負をかけており
安定供給や高付加価値化ニーズに対応すべく体制整備を急ぐ

液化天然ガス(LNG)価格
下落を追い風にアジアを中心にLNGの輸入に乗り出す国が増えている
産出国と輸入国の力関係に変化の兆しもみえ
業界の取引慣行を見直す動きも出てきた
LNG需要の7割を占めるアジアが低価格で安定調達できる「勝ち組」シナリオも浮かぶが
需給が再び引き締まる「2023年問題」への懸念も

秋篠宮家の長女、眞子さま(25)
国際基督教大(ICU)在学時の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(25)の婚約が内定
宮内庁発表
結婚式は「来年夏を過ぎてからになる」
来年秋にも執り行う見通しを明らかに

秋の野菜や果物、魚の価格
2017年は高めでスタートしそう
北日本や東日本での夏の長雨で供給が不足
9月に漁が本格化した秋サケも漁獲はまだ伸び悩み
イクラは品薄で高値が続いている

ビットコイン価格
初めて5000ドルの大台を超えた
個人投資家に加え機関投資家も買いを入れているようだ
8月の分裂騒動を嫌気して7月半ばに2000ドルを下回る場面もあったが
2カ月足らずで価格が2.6倍に上昇

五輪建設資材
2020年の東京五輪開催や首都圏再開発工事の本格化を控え
鋼材や木材といった建設資材が値上がりしている
ビル建設に使うH形鋼は新日鉄住金が打ち出した値上げが半分近く浸透
内装用の合板は最大手セイホクグループが3%値上げ
建設コストの押し上げにつながりそう
新日鉄住金
原料価格上昇や需要増を受けて16年秋から段階的に値上げを発表
H形鋼の上げ幅のうち流通市場で半分弱の価格転嫁が進み
H形鋼の流通価格は約15%上昇
同社は自動車や家電に使う亜鉛めっき鋼板でも8月末に値上げを表明
国産針葉樹合板(ビルやマンションの内装材に使う)
セイホクが9月契約分から標準品の出荷価格を
7カ月ぶりに3%引き上げる
原木の調達価格上昇分を転嫁
流通市場では基礎工事に使う型枠用輸入合板が
7月から標準品で3%値上がり
首都圏では生コンクリートの需要が拡大
流通価格は6月に約1年半ぶりに1.5%上昇
原料となるセメント各社も東日本大震災の復興工事で
需要が増えた2013年以来の値上げを検討している


米国10年国債
デービッド・エイダー氏
雇用拡大の一方で物価上昇率の伸び悩みが続いているため
FRBは年内の追加利上げを見送るだろう
資産縮小は9月のFOMCで決定し
10月から始めるとの予想を維持する
米10年債利回りは年末にかけて1.92%程度まで低下する可能性が
年内の利上げ観測の後退に加え
トランプ米大統領による政策運営の不透明感や北朝鮮問題への警戒感が根強いため
ハリケーン「ハービー」による経済への影響が今後明らかになることも
資産運用リスクを取りにくくなる一因に

中古スマホの売買が拡大
全国の店舗で取り扱うゲオホールディングスHD
15年度に買い取り・販売台数がともに100万台を突破
17年度は130万台を見込む
ブックオフ 16年度に加盟店を含め約50万台を買い取った
機種変更後に使わずに保管されている機種変更前の「埋蔵携帯」
1兆7013億円にのぼる
各社はデータ消去の徹底などの施策で
こうした端末の持ち込みを促す

マンション価格
野村不HD
沓掛英二社長
新築マンション市況をどう評価するか
 「地価や施工費の上昇を反映して価格が上がり
昨年夏から販売は調整局面に入っていた
2020年の東京オリンピックまで堅調との見方もあったが、少し早い」
「一部でいわれる『崖』が来た実感はない
当社は19年3月期までは戸建てを含め年間6千戸の住宅を供給できる
それ以降もこの水準から大きく変わらないだろう」

マンション価格は今後どうなるか
「住宅の価格は地価、建設費、購入者の資金の3要素から成り立つ
地価は上昇が続くが、天井知らずで上がる局面ではない
五輪を見据えた再開発も一巡し、建設費上昇も落ち着いた
販売価格上昇はピークを過ぎた印象
日本経済が堅調で所得水準は少しずつ上昇する状況。価格は横ばいで推移するだろう」

米国
ロシアに対し国内の3公館を閉鎖するよう要請
ロシアが7月に在ロシア米大使館・領事館での職員減員を命じたことへの対抗措置
ただ米国は外交官の退去は求めていない

米国
トランプ大統領を支持すると答えた割合は34%に低下
これまでの最低となった
また、不支持の割合は61%で「支持する」から「支持しない」を差し引いた数値は-27ポイント
過去最低を記録
(米ギャラップ社世論調査)


今後のFRB、ECBの流れ
31日発表のFRBの物価目標の基準とするPCEデフレーター
前年比1.4%の上昇と前月と同水準
市場が注目している食品とエネルギーを除く
コアPCEデフレーターは前年比では1.4%の上昇
(FRBが目標とする2%の上昇率を大きく下回っており
利上げペースの鈍化が意識される展開)
9/19~20FOMCでのバランスシート縮小は市場が織り込んでおり
無い方がサプライズという展開か


8月ユーロ圏消費者物価指数
前年同期比1.5%上昇
コア指数は前月変わらず1.2%上昇
(量的緩和は2017年末期限)
ECB資産買い入れ縮小方針について方向を示す時期に来ている
国債買入そのものに対しても限界が見え始めている

中国
パソコン最大手レノボ・グループを傘下に保有する聯想控股
欧州の老舗金融機関であるルクセンブルク国際銀行(BIL)の買収で合意した
経営多角化の一環だが
中国政府が進めるシルクロード経済圏構想「一帯一路」に呼応する狙いも

8586 日立キャピタル
英国の子会社を通じてオランダのアムステルダムに営業所を設けた
建設機械などの販売金融を手がける
これまで販売金融は英子会社が欧州事業を統括してきたが
英国のEU離脱に備え
オランダにも拠点を設けて円滑に事業を進められるようにする
将来的には法人化も検討

米国
債務不履行・政府機関閉鎖問題
第4四半期初めに政府が閉鎖されれば
実質国内総生産(GDP)はその後毎週0.2%押し下げられる
デフォルトを起こすとGDPの約4%相当の支出削減につながり
米国は景気後退に陥りそうだ
(S&P推計)
「債務上限の引き上げに失敗すれば
2008年のリーマン・ブラザーズの破綻時以上に
経済は壊滅的な打撃を受け
08年以降の景気回復による恩恵の多くが帳消しになりそうだ」

燃料電池自動車・水素
埼玉県
埼玉大で水素で走行する燃料電池バスの無料試乗会を開催する
県民やバス会社に燃料電池自動車や水素ステーションへの理解を深めてもらうのが狙い

3401 帝人
硬くて加工しにくい炭化ケイ素などの半導体材料を高速で研磨できる技術を開発
従来に比べて研磨の速さが2.8倍に高まった
半導体基板の加工にかかるコストを抑えられるとみている
3年以内の実用化を目指す

東京電力や関西電力
三菱重工業など8社と共同
高効率火力発電プラントの配管などに使われる耐熱鋼部材の耐久性試験を始めた
約11年にわたり部材を高温で熱し
引っ張り続けて劣化状況を調べる
寿命を診断する技術を開発し
配管の交換時期を正確に見極められるようにする

米国
トランプ米大統領が韓国とのFTAの破棄を検討していることが分かった
複数の米メディアは5日にも手続き開始を決める可能性があると報じた
米政権は韓国との貿易赤字を削減するため、米韓FTAの再交渉を求めているが
韓国側は拒否
米政権は協定破棄をちらつかせて再交渉入りへ圧力をかける狙い

米国
大型ハリケーン「ハービー」が襲ってから1週間
ヒューストン周辺では10万軒以上の家屋が損壊
被害総額は過去最大規模の自然災害とされる2005年の「カトリーナ」を上回り
最大1900億ドル(約21兆円)に達するとの予測も
トランプ米大統領は議会に当面の復旧への予算執行を議会に要請
洪水被害などを受けて米債務の上限到達が早まる可能性があり影響は米の財政運営にも及びそう

為替
北朝鮮の核実験を受け、市場では週明けに円高・株安が進むことへの警戒感が出ている
北朝鮮の挑発について「ある程度は織り込み済み」との声も
地政学リスクの高まりを意識して積極的に円売りを仕掛けにくい展開になりそう
東アジアの安全保障環境が一段と緊迫すれば
国内景気のけん引役の一つでもある輸出に悪影響を及ぼす恐れも

労働分配率
下げ止まらない
財務省
4~6月
資本金10億円以上の大企業の分配率は43.5%
高度経済成長期だった1971年1~3月以来
約46年ぶりの低水準を記録
人件費は増えているものの
四半期ベースで最高益を記録した収益環境と比べると賃上げの勢いは鈍い

薄板国内店売り向け引き受け量
高炉メーカーは削減を拡大する方向で検討に入った
昨年11月から対策を実施しているが
自動車、建材などの国内需要、海外需要ともに想定を上回る水準で推移
需給タイトな状況が続いているため
納期圧縮などの対策では十分でないと判断しているもよう

雑電線(被覆銅線)
中国向け輸出
8月下旬から止まっている
多くの輸入業者が輸入許可を停止されたため
中国政府は環境対策が不十分なスクラップ業者の取り締まりを強化している
足元は「値段が付けられない」との声が聞かれ
国内で行き場をなくした雑電線の処理が今後問題に

薄板3品在庫
7月末
国内向け薄板3品在庫
前月比1.3%
5万3000トン減の395万5000トン
3カ月ぶりに400万トンを割り込んだ
例年の季節パターン
自動車、建材などの需要が堅調なためで
2カ月連続の減少となり需給タイト感が再び強まった
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』