記事一覧

2017/9/5 朝までの動き

米ドル/円 17/09/05 05:50 109.67
キャプチャ



ユーロ/円 17/09/05 05:50 130.44
キャプチャ








NYダウ
休み

北朝鮮
韓国国防省
北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の可能性に向けて
準備を続けている様子が見られることを明らかに
これまでで6回目となる最も威力の強い核実験を実施した直後だけに
一段と緊張を高めることになりそう

アルミ国内価格
上昇している
アルミ地金の国内卸価格
1カ月間で1割上昇
最大生産国中国の減産観測が強まり国際価格が一段と上昇
国内相場に波及

銅国際価格
急ピッチで上昇している
中国をはじめとする世界経済に対する見方が好転し
需要増観測が高まっているため
価格は7月から一気に上昇し約3年ぶりの高値圏にある
ただ急激な上昇は実需に伴っていないとして
今後急落のリスクを指摘する声も増えている
中国以外のアジアでもインフラ設備需要が高まっており銅の引き合いは強い
欧州では政治的な混乱が収まり
景気回復が続くとの期待が高まっている
ECBのドラギ総裁
「世界経済の回復は着実に進んでいる」
景気動向に自信をみせた
銅は電線から自動車まで用途が広く
世界経済の「体調」を示すとして「ドクター・コッパー」の異名を持つ
銅価格は世界経済の回復期待の高まりを映すようにこれまで上昇を続けていたが
急激な上昇にドクターの過信を指摘する声が市場で相次いでいる

外航タンカー
運賃が大幅に上昇
米国南部を襲ったハリケーンの被害を受けた製油所が操業を止め
不足が見込まれる石油製品の米国向け輸送需要が急増している
欧州を中心に船の不足感が強まり
日本など東アジアや中東から長距離輸送する動きも出始めている
現地の製油所の復旧の見通しが立たず
「日本でも北中米向けの輸出増加を見込んで船を仮押さえする例が出ている」

ドイツ
8月の国内新車販売台数(乗用車)
前年同月比3.5%増
2カ月連続のプラス
ガソリン車やハイブリッド車などへの乗り換え需要が
ディーゼルの落ち込みをカバー
ディーゼル車のシェアは37.7%と2015年9月の排ガス不正発覚以来
初の40%割れとなった

政府や東京都
国家戦略特区の東京圏区域会議
都心の再開発4件や
外国人医師による医療の特例1件などを新たに特区事業として了承
加計学園問題などの影響で停滞していた成長戦略の取り組みが再び動き出す
小池百合子知事
「待ちの状態だったが、また加速していきたい」

生コン出荷量
8月の生コン出荷量は前年同月比28%増
日本橋や虎ノ門などで進む都心の大型の再開発工事向けの出荷が堅調
6カ月連続で前年を上回った
東京都心は記録的な長雨が続き
悪天候による工事の延長が懸念されていた
都心ではオフィスビルや商業施設など再開発工事が多く「小雨程度なら工事を続ける現場が多かった」

南洋材丸太
マレーシア産丸太
国内卸価格が一段と上昇
7月の輸入量は主産地サラワク州の環境規制で前年同月比4割強減
国内流通量も細っている
7月輸入量は前年同月比44.8%減
1~7月の累計も
前年同期から46.8%減
森林保護を目的にマレーシアは7月からサラワク州の伐採税を一部引き上げた
太さが基準に満たない木の伐採規制の強化や原木輸出枠の削減も打ち出している
日本国内では輸入材の品不足で
製材工場でも国産材に切り替える動きが出ている

パラキシレン
9月のアジア大口需要家向け価格が上昇
JXTGエネルギーと合繊原料メーカーとの契約価格
前月比1%高
中国のポリエステル繊維の堅調な需要を反映

東証空売り比率
2017/9/4
44.4%
(日経新聞)


北朝鮮リスクの高まりを背景に
長期金利が約10カ月ぶりのマイナス圏に沈んでいる
ただ足元の金利低下は持ち高が売りに傾いていた証券会社などの買い戻しによるものが主で
投資家などの実需は乏しいとの見方も少なくない
金利がマイナス圏に定着すれば日銀が
国債買い入れの減額に動くとの観測も根強く
市場には高値警戒感も漂う

中国
鉄鋼企業のビレット販売量が急増している
全国粗鋼生産量の8割近くを占める中国鋼鉄工業協会会員企業
7月の半製品販売量
前年同月比
前月比ともに2割前後増
月間の最高を記録
インフラ工事やマンション建築など建設需要は好調を持続する中
違法鋼材「地条鋼」が6月末までに排除され
国内のビレット需要が増えている
秋の需要期を迎え、ビレットの需要増と価格上昇
輸出の減少が続く公算が大きく
アジアの半製品や鉄スクラップの価格上昇をけん引しそう

無電柱化
国土交通省は2018年度概算要求に関し
道路関係の主要施策の一つとして
無電柱化推進を盛り込んだ
無電柱化推進に関する法律が昨年12月16日に公布・施行されたことを受け
無電柱化推進計画を18年内に策定
無電柱化の取り組みを加速させる方針

中国
国有鉄鋼大手
本渓鋼鉄集団の大型高炉が1日に爆発事故を起こしたことで
鋼材市況の先高観が強まってきた
事故当日に急騰した上海の鋼材先物価格は週明けさらに活気づき
熱延コイル価格
過去3年半の最高値を更新
事故の詳細は明らかにされていないが
同社主力の熱延の供給に当面の間、支障を来すとみられる

米国
北朝鮮が6回目の核実験に踏み切ったことを受け
米トランプ政権は脅威が新たな段階に入ったとみて
北朝鮮への圧力を一段と強める
北朝鮮と経済関係のある国との貿易停止をちらつかせ
軍事行動の可能性にも従来以上に踏み込んだ
北朝鮮と関係国への威嚇を強め
局面の打開を図る先に待ち受けるシナリオを展望

金価格
北朝鮮による6回目の核実験を受けて
4日の東京市場では有事の際の安全資産とされる金に資金が流入
東京商品取引所の金先物は
約2年2カ月ぶりの高値を付けた
外国為替市場でも安全資産とされる円が買われて円高が進んだ
株式市場では地政学リスクへの警戒から幅広い銘柄が売られ
日経平均株価は4営業日ぶりに反落

IoT
総務省
ウイルス防御の仕組みがある機器への公的な認証制度を設けるほか
情報を守るための高度な暗号を開発する方針
IoTでネットにつながる機器が増えると
脆弱な機器からウイルスが侵入しやすくなる
政府は社会の基盤を守る仕組みを整える
キャプチャ

7月の国内総生産(GDP)
物価変動の影響を除いた実質で前月比0.4%増
米国向けの自動車輸出などが大幅に増え
輸出が1.7%増
(日本経済研究センター)
個人消費は0.2%減
4~6月に空梅雨で外出が増
飲食料品や衣料が伸びていたことの反動が出た
設備投資も0.2%減と内需はさえなかった

ドイツ
24日のドイツ連邦議会(下院)選挙を前に
メルケル首相とライバルのシュルツ・ドイツ社会民主党(SPD)党首
テレビ討論会で対決
難民問題などで攻勢をかけたシュルツ氏よりも
現実的な解決策を説いたメルケル氏に軍配が上がった
12年間の実績を背景に外交や経済政策で安定感をみせるメルケル氏が
首相4選にまた一歩近づいた

台湾・ドバイ
台湾のパソコン大手
宏碁は関連会社を通じ
ドバイに建設される世界最大級のVRテーマパーク向けに
頭部装着型VR端末「スターVR」を供給する
契約期間は5年間
本業のPC市場の低迷が長引くなか
VR端末など新規分野に成長源を求める
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』