記事一覧

2017/9/6 朝までの動き

米ドル/円 17/09/06 05:40 108.78
キャプチャ


ユーロ/円 17/09/06 05:49 129.58
キャプチャ


NYダウ
2017/9/5
21,753.31 -234.25 (-1.07%)
キャプチャ

3連休明け5日米株式市場でダウ工業株30種平均
5営業日ぶりに反落
終値は1日に比べ234ドル25セント(1.1%)安の2万1753ドル31セント
8月21日以来ほぼ2週ぶりの安値
北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりを受けて投資家心理が悪化し
株式を売る動きが優勢となった

パソコン用DRAM大口価格
上昇が続いている
スマホに用いるモバイル用DRAMにメーカーが生産をシフト
一方、データセンターのサーバー向け需要が拡大し、品不足に拍車がかかっている
指標品DDR3の4ギガビット品
8月の大口価格
前月比6%高
約2年ぶりの高値水準
値上がりは春に一服していたが
夏場から再び品不足感が強くなっている

ニッケル
国際価格が上昇
ロンドン金属取引所
3カ月先物価格
直近安値をつけた6月からの上げ幅は約4割に達し
約2年2か月ぶりの高値水準に
最大消費国である中国の7月のステンレス粗鋼生産量は
218万トンと前月に比べて約1割増加
「ここ数年の中でも比較的高い水準まで回復している」

原油調整金
サウジアラビア
サウジアラムコ
10月積みのアジア向け
全油種で引き上げた
「アラビアンライト」は指標価格に対し1バレルあたり0.30ドルの割り増し
9月積みに比べ0.55ドル上げた
割り増しになるのは7カ月ぶり
指標となるドバイ原油の現物需給が引き締まり

アルミ新地金
10~12月期対日プレミアム
交渉が始まった
生産者側は前四半期より約7~16%安い「トン110ドル、100ドル」提示してきたもよう
ただ、スポットプレミアムが安値圏にあるため
100ドル以上の四半期プレミアムを割高とみる国内需要家は多い
期先物との価格差が縮まったことが背景に
ハリケーンが襲った米南部で製油所が停止し
アジアで石油製品の精製マージンが拡大したことも影響

中国
本鋼集団
1日に爆発事故を起こした大型高炉の応急の修復作業を進めている
炉体設備の損傷が激しく
修復には半年以上かかる見通し

生コン原料
(太平洋セメント子会社のデイ・シイ)
10月1日出荷分から生コンクリートの原料となる骨材を値上げ
上げ幅は1トンあたり最大15~20%
輸送経費などコスト上昇分を製品価格に転嫁する
同社の値上げ表明は2014年春以来
約3年半ぶり

鶏卵
値上がりしている
指標となるJA全農たまご
取引価格は東京地区のMサイズ
現在1キロ192円
8月末と比べて3%高
9月に入って学校給食が再開し
落ち込んでいた需要が戻った
前年同期比でも7%高い

大型液晶パネル 生産能力
2017年シェア
国・地域別で中国が初の首位となった
世界シェアは前年を5.6ポイント上回る35.7%となる
大手メーカーによる工場の投資拡大が相次いでいる

日経平均株価を構成する35銘柄のみなし額面を変更
日本経済新聞社発表
各社が実施する株式併合に対し
それぞれの併合比率に応じてみなし額面を変更
35銘柄の現在のみなし額面はすべて50円
実施は27日の算出から
【変更後のみなし額面が100円】東ソー、住友金属鉱山、大日本印刷、三菱倉庫
【同250円】大成建設、トクヤマ、デンカ、三井化学、DOWAホールディングス、オークマ
住友重機械工業、東武鉄道、京王電鉄、東京ガス、大阪ガス
【同500円】東洋紡、ユニチカ、宇部興産、太平洋セメント、大平洋金属、三井金属、東邦亜鉛、古河機械金属、NEC、三井造船、三菱重工業、川崎重工業、IHI、新生銀行、あおぞら銀行、日本通運、日本郵船、商船三井、川崎汽船、ANAホールディングス



菜種国際価格
軟調
カナダ・ウィニペッグ市場先物価格
7月中旬につけた直近高値に比べ14%下落
カナダ産の作柄に対する懸念が薄れている
主産地のカナダ南部で春先に乾燥した気候が続き
作柄が悪化するとの観測が続いていた
7月中旬から8月にかけて天候が回復し
収量が増えるとの見方から売りが増えている

国内債券市場
5日
新発10年物国債利回りは上昇
前日比0.005%高いマイナス0.005%で取引を終えた
財務省が実施した10年債入札の結果が「やや不調」との見方から売りが出た
半面、北朝鮮を巡る地政学リスクが意識され
利回りの上昇幅は限られた

円相場
続伸
午後5時時点は1ドル=109円45~46銭
前日同時点に比べ2銭の小幅な円高・ドル安だ
北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射する可能性が意識され
円買い・ドル売りが優勢
日経平均株価の下落や時間外取引の米金利の低下も円買いを誘った
対ユーロでドルが買われると、円は上げ幅を縮めた
「欧州株が堅調に始まったことも円売りにつながった」との指摘

産業用ロボ
ハーモニック・ドライブ・システムズ
産業用ロボット向け減速機の国内生産を2.5倍に増やす
ロボット需要急増に対応する
新工場を建設し
2020年をメドに日本の月産台数を現在の8万台から20万台に引き上げる
海外生産も増やす
ロボ向け以外の減速機も新工場を計画しており
投資額は国内だけで最大300億円に達する見込み

ビットコイン
LPガス販売の三ツ輪産業
年内をメドにビットコインでのガス料金や宅配水の支払いの受け付けを始める
同社は家庭向け新電力サービスのビットコインでの支払いを昨年11月より始めており
扱う商材を拡大
電気・ガスをセットでビットコインで支払えるサービスは業界でも初

大阪ガス
首都圏のガス事業に参入する
東京電力ホールディングスとJXTGホールディングスの都市ガス製造事業に参画
将来は首都圏で都市ガスの卸・小売り販売も検討
4月のガス小売りの全面自由化以降
都市ガス会社が従来のエリアを越えて事業拡大するのは初めて
地域や業種を越えた競争が進みそう

タイ
日本の漫画が愛好されてきたタイで
配信アプリを通じた現地漫画ビジネスが拡大している
電子書籍配信大手のウークビーは現地漫画家を育成し
インドネシアなどへの作品輸出に乗り出した
現地漫画の実写化による新たなファン層の開拓も進む
海賊版対策など課題は残るが
親近感のある現地作品が台頭することで市場拡大が期待できる
日本の漫画・アニメ輸出にとっても追い風となりそう

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉
参加する16カ国
2017年内としてきた合意目標を18年以降に先送りする方針を固めた
関税を撤廃する品目の割合を示す自由化率などで溝が埋まらなかった
米国を除く11カ国で進めるTPP交渉も年内の合意を実現できるかは予断を許さず
自由貿易推進の流れが停滞する懸念がある

中印
習近平国家主席
BRICS首脳会議に合わせてインドのモディ首相と会談
両首脳はインド北東部の国境付近で約2カ月続いた両軍の対峙について
国境地帯の平和と安定を双方が維持すべきだとの認識で一致
両国関係を「正常な軌道に乗せて発展させる」ことを確認

訪問関連
インド
モディ首相
訪問先の中国からミャンマーの首都ネピドーに到着
同日はティン・チョー大統領との夕食会に出席
アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談する
経済協力のほか
イスラム少数民族ロヒンギャを巡る衝突についても話し合う見通し

英国問題
日本の大手損害保険各社が欧州の中核拠点を移転する
英国のEU離脱に備え
ルクセンブルクやベルギーといったユーロ圏に新たな拠点を設ける
収益に占める海外事業の割合が高まっている損保にとって
英国からEU市場に自由に営業できなくなれば打撃は大きいため
対応を急ぐ

ビットコイン
中国の金融当局によるICOの禁止措置で仮想通貨の相場は大きく揺れた
ビットコインの価格は一時、4037ドルまで下げた
8月の分裂騒動が収束してから価格は一貫して上昇基調にあり
中国の規制をきっかけに投資家が利益確定に動いた側面も

北朝鮮問題
ロシアのプーチン大統領
核実験を強行した北朝鮮に対する制裁の強化について
「無益で効果的ではない」と主張
北朝鮮への軍事的な圧力は「世界に大惨事をもたらしかねない」とも述べ
米国をけん制
中国も追加制裁に慎重な姿勢を崩しておらず
石油の禁輸を含む制裁強化をめざす日米などと中ロの溝が埋まるかは不透明
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』