記事一覧

2017/9/12 朝までの動き

米ドル/円 17/09/12 06:00109.36
キャプチャ


ユーロ/円 17/09/12 05:59 130.73
キャプチャ


NYダウ
2017/9/11
22,057.37 +259.58 (+1.19%)
キャプチャ
11日米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続伸
終値は前週末比259ドル58セント(1.2%)高の2万2057ドル37セント
8月7日に付けた過去最高値に60ドルあまりに迫った
上げ幅は3月1日以来ほぼ半年ぶりの大きさ
北朝鮮の軍事挑発に対する警戒感が後退したうえ
大型ハリケーン「イルマ」の被害が警戒したほど大きくないとの見方から損害保険株が上昇し全体をけん引


中国
ガソリン車やディーゼル車の製造・販売を禁止する方針
英仏が7月に2040年までの禁止を表明したことに追随
導入時期の検討に入った
EVを中心とする新エネルギー車(NEV)に自動車産業の軸足を移す
世界最大の自動車市場である中国の動きは
大手自動車メーカーの成長戦略や世界のEV市場に影響を与えるのが確実

軽油
国内需要が堅調
7月の販売量
前年同月から4%の高い伸びを示した
東京五輪に向けた建設ブームやネット通信販売の拡大で
軽油を使うトラックの荷動きが活発化しているのが背景
ガソリンなどほかの石油製品市場が縮小する中で
異例の伸びを示している

コンテナ船運
アジアから欧米へ向かうスポット運賃がじりじりと下がっている
欧米の堅調な個人消費を映して荷動きは好調だが
一部の船会社の積載スペースに余裕があるため
需要期入りで各社が打ち出した値上げが不発に終わっている

タングステン
国際価格が上昇
中間原料パラタングステン酸アンモニウムスポット価格
9月上旬時点
1カ月前と比べ3割程度高くなっている
タングステンは世界生産の約8割を中国が占める
中国政府は今年に入り環境規制を強めており
工場の操業停止が相次いでいる
現在も完全に操業を再開させている工場は少なく
供給が絞られて高騰につながった

米材丸太
国内価格
9カ月ぶりに1.5%上昇
7月にカナダ西部の森林地帯
ブリティッシュコロンビア州で起きた山火事による影響で供給が減っており
北米産丸太の日本向け輸出価格が上昇
商社が価格の上昇分を国内に転嫁した

中途採用求人
8月求人倍率
前月比0.13ポイント高い2.44倍
サービスや小売・外食といった業種で求人数が伸び
5カ月ぶりに前月を上回った
求人数は前月より0.5%増え
33カ月連続で過去最高を更新

パソコン用ビデオカー
仮想通貨ブームを背景に
パソコンパーツ店でビデオカードの人気が続いている
仮想通貨のマイニングに計算能力が高いビデオカードを求める個人が購入しているため
売れ筋商品は品切れか
5月と比べ1割値上がりしている

欧米で通貨安競争再来の兆しが出ている
欧米の中央銀行はこれまで緩和の縮小を模索してきたが
物価の停滞が続き、姿勢を軟化させ始めた
ECB
ドラギ総裁は先週
ユーロ高をけん制
FRBは利上げに慎重なトーンに傾いてきた
日銀は静観姿勢で、消去法的に円が買われる可能性も
キャプチャ


訪日関連
11日の東京株式市場で資生堂株が一時
前日比2%(90円)高の4672円を付け
約3週間ぶりに上場来高値を更新
中国人への高級化粧品の販売増加などを背景に
2017年12月期の連結営業利益は前期比52%増の560億円を見込む
インバウンド需要などの想定が保守的との見方が市場には根強く
業績の一段の拡大期待から上値を追う展開が続いている
 資生堂は中国人客に対して(1)訪日時(2)中国現地(3)アジア各国の免税店や機内販売
様々な接点で高級化粧品を販売していく戦略を取っており
業績拡大につながっている

ドンキホーテホールディングス
2020年6月期をめどに、売上高に占めるインバウンド
訪日外国人の比率を10%まで引き上げる
16年6月期は約6%だった。訪日外国人の購買行動をきめ細かく把握し
品ぞろえに反映
中国で普及するスマホの決済システムも早期に日本の全店舗での導入を目指す

工作機械の好況が続いている
8月
工作機械受注総額(速報値)
前年同月比36.3%増
前年実績を上回るのは9カ月連続
8月単月として過去最高を更新
中国市場の需要が強いのが主因だが
業界ではいつまで継続するのか
先行きへの懸念は根強い
主力の中国では今年の2月ごろから今秋発売見込みの新型「iPhone」
製造向けに設備投資が本格化したとみられる
受託製造サービス向けの需要が全体を押し上げた
「自動車や鉄道、ロボット向けも増えている」との指摘も
「中国の先行きは9月の受注が出てようやくわかる」腰折れを警戒する声も残る
中国では秋の共産党大会後に景気が減速するとの見方も

中国
地方政府が冬場の鉄鋼減産を相次ぎ発表している
足元タイトな鉄鋼需給がさらに引き締まり
鋼材価格が高騰する可能性が高まっている

メタルワン
米穀物メジャーのカーギル社から米国の熱延鋼板加工事業を買収すると発表
年内に買収を完了する
メタルワンは自動車中心に薄物鋼板加工を展開してきた
米国の7カ所で建材や建設機械向けなどに厚物の加工を手掛ける事業の買収によって事業を多様化する

中国産
マグネシウムの上伸が一服
8日時点の日本向け輸出価格
2週間前よりトン150~310ドル安の2570~2700ドルと値を下げた
マグネ生産におけるコストの約半分を占めるフェロシリコンの生産が増加に転じ
価格が下落したことが大きい
先高への思惑買いで積み上がっていたマグネ在庫が投げ売りされている

中国
8月
新車販売台数が前年同月比5.3%増
3カ月連続で前年実績を上回ったが
小幅な伸びにとどまった
特に市場の8割以上を占める乗用車が4%増止まり
韓国の現代自動車が大きく前年実績を割り込んだほか
米フォード・モーターも減少
小型の乗用車に対する減税措置は続いている
「実質的な効果はすでに薄れ、値引きを増やして販売台数を稼げるよう対応している」


インド
8月
新車販売台数
前年同月に比べ15%増
内訳
全体の8割強を占める乗用車が14%増
商用車が23%増
インドの新車販売は新税導入前の6月に9%減と大きく落ち込んだが
7月以降は回復に力強さが増

サムスン電子
スマホなどの頭脳の役割を果たす半導体について
回路線幅11ナノメートルの新製品の量産を2018年上半期に始めると発表
現行の同14ナノメートル品に比べて
面積が最大1割小さくなる
米アップルなどの高級スマホを巡り
サムスンと台湾の同業の間で受注競争が激化しそう

トルコ
4~6月期の実質国内総生産(GDP)
前年同期に比べ5.1%増
信用保証基金の拡充による融資の拡大など政府の景気刺激策が奏功した
輸出の伸びも寄与
昨夏のクーデター未遂事件で冷え込んだ景気の持ち直しが鮮明となった
民間投資は依然として力強さに欠け
官主導の回復は危うさもはらむ

仮想通貨
SBIホールディングス傘下のSBIリップルアジアは2017年度内をめどに
日本と韓国の銀行間で仮想通貨を使った送金実験を始める
「ブロックチェーン」の活用により、いつでも低コストで送れるのが特長
日本で先行する仮想通貨技術による銀行間送金を韓国でも導入し
日韓間の海外送金にまで広げる

ビットコインをはじめとする仮想通貨をめぐり
取引で生じる利益が「雑所得」にあたるとの見解をまとめた
上場株式や公社債など他の金融所得とは損益を差し引きできず
所得に応じた累進税率を適用すると明らかにした。仮想通貨の急速な市場拡大に伴い
巨額の利益を手にした個人投資家も多い
税務上の扱いを明確にして課税逃れを防ぐ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』