記事一覧

ベストなエントリーポイントとは?上位足合致時におけるトレンド発生時(初期) エントリーの流れ~ユーロドル~ テケトーだお♬

皆さまこんにちわmd.jpg

んでもって
note騒ぎがひと段落したので
テクニカルブログはストップしようと思ったのですけど
エントリーの一例はやらないとなぁと


ユーロドルが下降トレンドが上位足と合致しての(フラクタル構造)
下降3波が始まりました
こういう時の増し(もしくは気づくのが遅れて新規エントリー)ポイントはびびってしまうものでどこで流れに乗って
含み損を作らずエントリーできるかって
とても大切なんですよね

極論で言えばドル円も長期観測論では今ならどこでロングしても
大きく種は増えるんですが一時的にでも含み損ができると
やはり
心穏やかな日常が送れないものですよね。。。。
最悪種とLotによってはロスカっとも

ベストなエントリーは大切です!
ということで
今回は
「上位足合致時における同時トレンド発生時のベストエントリーポイント」を
説明します

始める前に

今回ユーロドルは下降トレンド
前にも書きましたがネットに書いてあるのは上昇での数え方が多数です
なのでエリオット波動初心者の方は下降トレンドは大変見ずらいと思います
丁寧に書いたつもりですが
混乱して数えられない事もあると思います
逆に見るだけなのですが
見慣れているものは簡単に逆に見れないんですよね
常に見やすさ伝わりやすさ考えてますが
わかりにくかったら申し訳ないです



今回はめっちゃはやく終わりますw

始める前におさらい
修正波の鉄則

4波の修正適正値は戻りの0.382というのが
フィボナッチでのお約束なのですが
実際の大きなトレンドではそれは反故にされることも多くあります
なので4波終点は副次波のカウントが大切になります
4h
キャプチャ
(上記画像はばっちりな戻り)

そして2波の終点は0.5~全戻し
これは比較的わかりやすいのですけど

大きなトレンドが始まってしまって乗り遅れた場合(初期)は変わってきます
この基本通りではありません

(そうなる時もあるのですが。。。)


本題
今回は大きなトレンドが発生した初期時のエントリーポイントに限っての話しになります
(上位足を読めているのが前提の話しになります)
トレンド発生初期(上位足との合致時)は
「?!!なんでこんなに動くんや!!!」

な状態でどこでエントリーするの?になりやすいです

トレンド初期のすでに動いてしまったトレンドに乗る副次波でのエントリーポイント
答えは
0.236











以上ですw
売買








終わると
怒られそうなので
時系列でどのように今回増しを行ったかを書いていきます


ユーロドルは現在上位足では上昇5波が終わり
下降1波~
現在下降3波副次波がスタートしているものと思われます
キャプチャ2

その副次波3-3での途中でのエントリーを説明していきます
キャプチャ1

キャプチャ7

数え方は暫定です


第一エントリー
ここからは15分足
3波の内部波動(1)を超えて3-3-3がスタート
反転をしっかり見定めて反転ポイントと3-3-3始点(3-2)からの戻り0.236でエントリー
キャプチャ3



そのまま
始点は動かさず
反転をしっかり確かめて
第二エントリーポイント
キャプチャ4

そのまま
始点は動かさず
反転をしっかり確かめて
第三エントリーポイント
(下降トレンドライン付近の為慎重に)

キャプチャ8

※気づかれたと思うのですが
始点は動かさず反転ポイントに
フィボナッチで追いかけて0.236でエントリーするのがポイントです


ここからは
大きな上位足での下降トレンドラインが待ってます

この抵抗線は抜け切るまでかなり攻防が激しくなります
ここでのスキャルはド鉄板もド鉄板ですので
ここでしっかりロングとショートでお小遣いをいただくのも忘れずに

そして慎重に売り増しします
なんならここはもう足さなくていいとは思います

足すのは抵抗線を抜けて
必ずまた戻ろうとするので
その戻りで増すのがベスト

ここまでで十分に安全増しができたはずです
後は0-2チャネルを抜けて大きな上位足での0-1「1.618」を超えて
3波であるのを高みの見物で見守るということになります
詳しくは↓リンク
からあげのエリオット波動理論 誰も見てない時間にテケトーだお~~

何故なら
下降トレンド3-1終点である1.22146を超えているからです
ここより上にある建玉はエリオット波動理論上絶対にトレンド終了まで超えられない
「完全に安全な建玉」になるからです

4波が始まり(上昇の修正)修正してこようとも
ルール
4波は1波の終点を超えない
があるからです


ここからはどんどん伸びていく含み益を見ながら至福の時間を過ごしましょうヽ(´∀`)ノ

ロストカットはこの1.22146ラインに戻ってしまうところです

損をしてないでしょ?


今回のベストなエントリーポイントは一例になります
いわゆる鉄板型「追いかけエントリー」です

エリオット波動としてはまた別の解釈でのベストエントリーポイントがありますが
結局は似たような感じになります
それは
またの機会にでも



それでは
皆さま
ご武運を!!

We Rock!!



追記
言葉の意味


副次波:大きな波の中の小さな波
3-3-3:下降トレンド3波目副次波3波目さらにその細かい3波目
修正波:トレンドに対しての逆向きの波(上昇トレンドなら下降、下降トレンドなら上昇)



では
あらためて!

We Rock!!

日本ラッド
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』