記事一覧

2017年1/30~2/3までの動き~大統領令でみんな激オコプンプンだかんね (つД`)ノ・°。°.

2017年1/30~2/3までの動き

【WTI原油、金先物価格、日経、ダウ、CME日経先物複合】
2017年1/30~2/3
7D
キャプチャ





【日経平均、ドル円】
2017/2/3 18,918.20(先週金曜19,467.40 先週比-2.90%) 
日足
キャプチャ


キャプチャ






【ダウ、米国国債10年】
2017/2/3  20,071.46(先週金曜20,093.78 先週比-0.11%) 
一時20,000㌦割るが 20,000㌦金曜に再度アタックからの突破
日足
キャプチャ


2.467(先週金曜2.486 先週比-0.76%) 

キャプチャ


【上海総合指数】
2017/2/3 3,140.65(先週金曜3,159.16 先週比-0.59%) 旧正月を考慮すること
日足
キャプチャ




【日経外資系売買動向】
2017/2/3
キャプチャ

キャプチャ



【Gold、Copper先物】
2017/2/3
キャプチャ

キャプチャ


週間主なニュース

和歌山県御坊市給食センター
下痢嘔吐発症者
ノロウイルス検出

米国
トランプ大統領
難民受け入れ停止や
イスラム教国を念頭にした「テロ懸念国」への一般市民の入国禁止を
指示する大統領令に署名

(その後内外での大きな反発あり
下記に重複記事あり)

メキシコ
米国間首脳会談の中止で危機的状況に陥った
2国間の改善に向けて27日両国首脳が電話会談
壁問題棚上げ
共通課題である武器・麻薬問題などから交渉を始めることで
対話継続に活路を見出した
(その後NAFTA再交渉に
時期商務長官ウィルバー・ロス氏を司令塔に
もっとも頼りにする側近に式を執らせメキシコ、カナダと有利に交渉を進める考えとのニュースが出る)

2017年度
国有地売却額
前年度見込み比16.8%減

4年ぶりの減少
財源確保で積極的に売却してきており
民間が購入したい大型物件が少なくなっていることが背景に

米英2国間
貿易協定協議へ
トランプ氏
「米英は特別な関係だ」
相互利益を模索
※貿易不均衡がない英国とは米国第一とは異なる姿勢


「インバウンドビジネス総合展」
海外向けウェブサイト、動画・越境EC作成支援、海外メディアプロモーション
ICT活用多言語対応ソリューション、翻訳サービス、旅行企画等、観光プロモーション、訪日客向け土産物等
2/1~2/3
東京ビッグサイト
「フランチャイズ・ショー」
フードサービス、小売り業、教育事業、シニアサポート・デイサービス
ハウスクリーニング、結婚相談所、葬儀会館等
2/1~2/3
東京ビッグサイト
(婚活関連や他に動きはあったが、特に大きなセクター上げは無かった 決算シーズンならではか
あまりにも広範囲な為と思う)

中国経済
金融と不動産への依存度深める
GDPに占める金融と不動産の比率は15%と過去最高に達した

米国
トランプ大統領米政権
科学技術政策に研究者らの懸念広がる
現実味薄くワクチンへの懐疑を表明するなど科学的根拠を無視した
発言を続ける
地球温暖化にも否定的で関連する研究成果の公表は停止

水素
燃料電池用水素の製造・供給
様々な方法について原料調達から供給までに発生する温暖化ガスの量
都市ガスから取り出す一般的な方法の1/5に
(みずほ情報総研調べ)


米国
トランプ大統領
イスラム国が多い中東・アフリカ7か国の市民を一時的に入国禁止
(90日)大統領令
内外で反発


米国
トランプ大統領
「イスラム国」掃討へ
大統領令署名
30日以内に計画

ウェアラブル
大学入試警戒
通信機器を備えた腕時計やメガネ型
ウエアラブル端末使用禁止を告知する大学も

SNS普及でネットストーカーのトラブル増
ネット監視関連銘柄
6050 イーガーディアン
3680 ホットリンク
3657 ポールトゥウィンピットクルーHD
3042 セキュアヴェイル
3905 データセクション
2389 オプトホールディング
3775 ガイアックス
(6050 イーガーディアンは特に大きく前から動くこれは新聞関係ない)

シンガポール株
年明けから上昇基調強める
米国株上昇などに伴う投資家心理改善の恩恵
期待先行、急落の恐れも
シンガポールGDP前年比1.8%増と09年以降もっとも低い伸び
17年も急回復を予測する向きは少ない

東南アジア
各国貿易促進に向け税関改革に取り組む
流通に自由度

6502 東芝
不適切会計処理
信託銀行も東芝提訴へ
株価下落で損失
数十億円請求へ

米国
トランプ大統領入国制限措置に対し
反発拡大
州司法長官ら「違憲」と非難
トランプ氏
「安全保ため」
(その後違憲成立 来週以降の混乱予想される)

ビットコイン
資金洗浄する目的で他人名義の口座に振り込んだとして
ようぎの2人追送検した
ビットコインの資金洗浄立件は全国で初

次世代自動料金収受システム「ETC2.0」
対応した車載装置じわりと広がっている
高速道路の料金支払いだけでなく
急カーブの事前注意喚起や渋滞情報を知らせたりする

LNG
スポット価格がアジア市場で下落
1月上旬に比べ2割安い
オーストラリアの設備トラブルが収束、2017年に新設備が相次ぎ立ち上がる為供給の増加が意識される


国産ナフサ
国産基準価格が6四半期ぶりに上昇に転じた
ナフサは内需の半分以上を輸入品が占め国産価格も貿易統計をもとに四半期ごとに後決めするのが慣例
キャプチャ

ITOターゲット材(液晶パネルの透明電極材に使う)
1~3月分の国内出荷価格下落
大口需要家向けは2016年10~12月に比べ2%安い
値下げは2四半期ぶ連続
原料のインジウムの国際価格下落を反映

カセイソーダ
3月1日出荷分から
25%値上げ
4043 トクヤマ
市況の低迷で悪化した採算を改善する

中古マンション
2016年
首都圏マンション平均売り出し希望価格
前年比13%増
新築に比べ割安な中古に買いが集まり1994年以来の高水準に

建設受注額
2016年12月国内建設受注額
前年同月比6.4%増
5か月連続で前年同月を上回った

ガス小売り
2016年自由化された電気と購入先を一緒にしたいと
考える消費者が7割弱いることが電通の調査でわかった
ガスの小売り化を知らない消費者も1/3いる

鉄鋼輸出量
2016年
前年比1.0%減
中国の過剰生産で海外市況が低迷年後半国内向け供給を優先したため

タイ
主要銀行5行
3%増益
減益だった前縁から改善
しかし
輸出回復遅れに懸念

インフルエンザ各地で警報レベルに達している
関連銘柄
4595 ミズホメディー
2929 ファーマフーズ
4519 中外製薬
4061 デンカ
2395 新日本科学
4556 カイノス
3107  ダイワボウ
3109  シキボウ
4465 ニイタカ
(その後全国平均で【警報】レベルへ)

カナダドル
先安観根強い
原油価格の上昇で持ち直しているが
FRBは2017年に3回の利上げを想定しており米国との金利差拡大に
伴うカナダドルの売りが避けられないとの見方が強い

金先物
2月争点は
米国とイスラエル首脳会談
「エルサレムへの大使館移転」をトランプ氏は表明しており
入国規制とともにイスラム教国の反発は必至
中東情勢の緊迫は政治的混乱を懸念するリスク回避の金買いを誘う

経産省
2016年12月
鉱工業生産指数(速報値)
100.4
前月比0.5%増
前月水準を上回るのは2か月連続
自動車本体・部品の生産が好調だったほか
アジアで組み立てるスマホ向けの電子部品の生産も伸びた

メキシコ
経済相
NAFTA見直し交渉は5月以降に開始になる
見通しと明らかにした

米国
大統領令
規制緩和を義務付ける
新たな規制を1件導入なら2件以上撤廃しコスト増も認めないという内容


1/29時点での
大統領令まとめ
・TPPからの離脱
・メキシコ国境に壁を建設
  建設計画を下院に提出
・シリア難の受け入れ120日凍結
 テロリスト・リスクの高い7か国の国民入国を90日間凍結
・米国内パイプライン建設をできるだけ自国製品でまかなうこと
・ダコタ・アクセス・パイプラインの承認
キーストンXLパイプラインの承認
・オバマケア経済的負担軽減を目指す
・米軍関連 国防相2019年までに改善案を提出し長期戦略の策定、核ならびに弾道ミサイルによる防衛網の見直しを
・製造業関係の法規制の簡略化
・優先順位をつけインフラストラクチャ・プロジェクトの環境影響調査を
・不法入国者を国外退去
犯罪歴のある不法入国者から順次国外退去
新たに1万人の入国管理官を雇用し警察に入国管理官の代理として活動を
従わない都市への連邦政府からの財政支援を断絶
・連邦政府機関の新規雇用の凍結。
・堕胎手術をしている医療機関への連邦予算の割当の禁止
・新規規制の導入の凍結(新たな規制を1件導入なら2件以上撤廃しコスト増も認めない)

イタリア
最大手銀行
ウニクレディト
2016年12月期最終損益118億ユーロ(約1.4兆円)の赤字になる見通し
同行は経営健全化に向けて近く130億ユーロの増資を行う予定

厚労省
2016年
有効求人倍率1.36倍
前年比0.16ポイント上昇
25年ぶり高水準
人手不足感強まる
失業率は3.1%
0.3ポイント改善


日銀
金融政策決定会合
経済成長見通し
上方修正
2016年度を従来の1.0%から1.4%
2017年度を1.3%から1.5%にそれぞれ修正

米国入国制限
産業界反発広がる
州政府大統領を提訴へ
(ワシントン州政府)


北米産
パルプ
対日価格上昇
指標となる針葉樹さらしクラフトパルプの1月積み価格は前月積み比
3%高
2016年9月積みから横ばい続くが7か月ぶりに値上がり

塩化ビニール樹脂
輸出価格が2か月ぶりに上昇
2月積み契約価格は
先月比2%高い
水道管向けなど需要が堅調に推移するなかインド政府による
高額紙幣廃止の影響も早期に収まった
需要増などを背景に先高観も出ている

国内広告費
2017年度
前年比2.2%増になるとの予測(日経広告研究)
輸出企業を中心に業績が堅調に推移し雇用や所得環境の改善も
広告活動の活発化につながるとみている
媒体別
インターネット14.9%増
新聞4.2%減
雑誌5.7%減
TV1.6%増ラジオ1.6%増


キャノン社長
東芝への出資
「大変難しいというのが現状の見通しだ」

インドネシア
ニッケル鉱石
政府がこのほど全面禁止していた未加工鉱石の輸出を条件付きで
認めると発表
同国はステンレス原料のNi世界最大の産地だった
不可かk地の高い製錬事業育成の為に2014年から未加工鉱石の一律禁輸を
実施
輸出再開で歳入増や雇用増を目指す方針に

英国EU離脱通知
3/9か


ユーロ圏
2016年10~12月期GDP
前期比0.5%増
年間さんではどう2%増
小幅加速へ

米国
難民やイスラム圏の市民の入国制限を命じた大統領令をめぐり
政権幹部は対応に追われる
しかし
入国審査では電話番号やネットの書き込みの情報んsどの提出を求める
可能性も

米国
民主党
ムニューチン氏(財務長官候補)
プライス氏(厚生長官候補)の承認採決への参加を拒否
重要閣僚の承認が遅れれば経済対策の始動に支障が生じる可能性も
(その後共和党メンバーは民主党のボイコットが続くなか委員会の規則を停止した上で
トム・プライス下院議員の厚生長官指名、およびスティーブン・ムニューチン氏の財務長官指名を承認
今後上院で指名承認の採決が行われるが、共和党が過半数を握っているため承認は確実)

メキシコ
2016年10~12月期GDP
2.2%増
農業が堅調
2次産業は資源価格の低迷で鉱業が低調

米国
トランプ大統領
「日本は何年も円安誘導」
2/10の日米首脳会談でも取り上げられる可能性あり

薄鋼板在庫
2016年12月末在庫
前月比0.6%減
約3年半ぶりの低水準
自動車や建築向けなどの需要の伸びが主因
新日鐵住金が一般向け流通の受注を減らすなど流通各社の調達にも
影響が出ている

サウジ産原油
1月積み
1年6か月ぶりの高値に上昇

ベンゼン
アジア向け大口価格
4か月連続で上昇
中国では最終製品の発砲スチロールの用途が通販の包装材向けに広がるなど
ベンゼンの需要が高まっている

国内中古マンション
陰りが見えてきた
価格上昇ピッチの早さに需要が追い付かず都内では
値下がりに転じた地域もある

百貨店
大手5社
1月の売上高(既存店ベース 速報値)
3社増収
コートやダウンジャケットなど冬物衣料が好調
円安・株高を映し高額品販売に客足が戻ってきた

新車自動車販売台数
17年1月
前年同月比4.9%増
3か月連続で前年実績を上回った
軽は2か月ぶり減

欧州国債
利回り上昇加速
フランス、南欧
政治不安で売り圧力が
ECBの量的緩和の終了が前倒しになるとの警戒感が背景

米国
トランプ氏
最高裁判事に保守派
政権運営を後押し
判断にリベラル色薄まる可能性

ビットコイン
世界取引高
1月
2016年12月比4割減
中国の政策に揺れる

財務省
税収
4~12月一般会計ベース
7年ぶり前年割れ
今年度前半の円高や企業が納め過ぎた税金を払い戻す還付金の発生が要因

日米首脳会談
2月10日でワシントンで予定
翌11日も開催
両政府調整


ポリエスレン
値上げ前倒し(PSジャパン)
原料コストの負担が予想を上回る
他社も(東洋スチレン、DIC)も同様の値上げを検討

東京証券取引所
1月第4週
海外勢現物2066億円売り越し
売り越し金額は約4か月ぶりの大きさ
同時期に先物市場は買い越し

バイオマス発電
業界団体設立

天候に左右されない再生可能エネルギーとして発電所の建設が相次ぐ中
課題となっている燃料を安定調達できるよう調達ノウハウなどを共有する
立ち上げに10社の他、大手商社、金融系などの他系50~60社が参加表明

韓進海運
精算へ
再生手続きを打ち切り
市況回復には時間を要すると判断
優良資産は売り切りされた

米新車販売台数
8年ぶりの減速懸念
2017年1月
前年同月比1.8%減
米政権は増産要請

ガス自由化
4月自由化控え
新規参入に向けて登録した事業者は10社
(だいぶ前に懸念記事はあった)

中堅・中小企業
設備投資
6年ぶりの高水準
特に建設・不動産関連の資金需要が強い

国交省
自動ブレーキ
国際的な統一基準の作成に乗り出す
国連に先月末に安全技術を議論する作業部会に
基準の策定を提出
国内での義務化も検討へ

外航ばら積み船
用船料
大型中心に一段安となった

中国の春節連休で
同国に石炭や鉄鉱石を運ぶ船の調達が減ったため
ただ底堅い鋼材需要で原料の手当ては衰えてないと見られ
来週以降は徐々に水準が切り上がるとの見方が多い
(バルチック海運指数は12日連続下落)

水道管メーカー
老朽化が進む水道管の「保守・運営事業」に商機を見出す
4204 積水化学工業
水道管 管内点検速度を3倍にできる技術を開発
6326 クボタ
老朽化水道管 自治体に代わって水道管の更新計画づくりを請け負う
財政難の自治体の対策は遅れている

インド
2017年度予算
鉄道分野8%増額
これまで別に組まれていた同予算を一般予算と一体化

トランプさん
サムスン
米国に新工場新設発表前に
Twitterで「ありがとう、サムスン」



中国
「一帯一路」国際会議
5/14~5/15北京にて
アジア、欧州、アフリカなどすでに20か国近くの首脳が出席を約束


米国
トランプ大統領
金融規制緩和大統領令へ署名
ドッド・フランク法のもとで強化した金融規制緩和を抜本的に見直す
関連省庁が120日で問題のある規制を洗い出す


米国
入国制限大統領令
連邦地裁「差止め」
全米に適用
混乱が予想される
(大統領令でビザ取り消し6万人弱に)

米国
イランに追加措置
大幅な戦略見直しを
イランは報復措置を表明

週間感想
OIL 53.16(月8:00)→53.85(土6:58)
GOLD 1,195(月8:00)→1,221(土6:58)
USDJPY 114.89(月8:00)→112.64(土6:58)

日経平均株価 19,368.85(月終値)→18,918.20(金終値) (先週金曜19,467.40 先週比-2.90%) 
日経平均先物CME 19,435(月8:00)→19,035(土6:55) (先週追えた最後値19,475 先週比-2.26%)
ダウ19,971.13(月終値)→20,071.46(金終値) (先週金曜20,093.78 先週比-0.11%) 


とにかく
大統領令の話題が尽きない1週間でした。
世界各国の首脳を巻き込み
まるで
トランプ大統領は
「戦争」をして軍需産業で潤したいのでは?
とさえ思えます。

さすがに打つ手や具体的な実行日を立て続けに出すのは
敏腕経営者ならでは
そこに関してはさすがとしか言いようがないほど
あっぱれです

米国ダウも20,000㌦を回復
無理やり感たっぷりで先行きが文字通り不透明ですが
冷静に各指標を見ると「死んでる」わけではないのですよね

やっていることも極端ですが
そこまで悪いことしてるとは思えない私は冷めた目でみてます。

前から言ってたことですし
それを大統領に決めたのは「あなたたちだよね?」と言わんばかりのトランプさんの
剛腕ぶりに惚れ惚れしますけどね
投資家としては
荒れてくれた方が面白いですもん

実際の投資に関しては
ここをしっかり見極めるか
それともCP比率を限りなく高めるか
選択が難しいのと
混乱の毎日で株価の乱高下が激しいです

それに決算時期と2月という
ダブルパンチ。。。

そこをある程度飲まないと無駄な損切を連発という事になりかねません
CP比率多めがいいと思いますけどね

それでは皆様
来週も
御武運を☆


からあげ
Twitter ID
@karaage_metal
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』