記事一覧

2017年2/27~3/3までの動き 日経さんどっち行きたいねんΣ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ 

2017年2/27~3/3までの動き

指標関連

【WTI原油、金先物価格、日経、ダウ、CME日経先物複合】
2017年2/27~3/3
7D
キャプチャ



【日経平均、ドル円】
2017/3/3 19,469.17(先週金曜19,283.54 +185.63 先週比+0.96%) 
日足
キャプチャ

キャプチャ






【ダウ、米国国債10年】
2017/3/3  21,005.71(先週金曜20,821.76 +183.95 先週比+0.88%) 
日足
キャプチャ





2.482(先週金曜2.315 +0.17先週比+7.21%) 
キャプチャ


【上海総合指数】
2017/3/3 3,219.18(先週金曜3,253.03 -33.85先週比-1.04%) 
日足
キャプチャ








【日経外資系売買動向】
2017/3/3
キャプチャ

キャプチャ




【Gold、Copper、WTI原油先物】
日足
2017/3/3
キャプチャ

キャプチャ

キャプチャ


週間動きまとめ
OIL 54.03(月8:00)→53.23(土6:58)
GOLD 1,257(月8:00)→1,235(土6:58)
USDJPY 112.27(月8:00)→114.01(土6:58)

日経平均株価 19,107.47(月終値)→19,469.17(先週金曜19,283.54 +185.63 先週比+0.96%) 
日経平均先物CME 19,170(月8:00)→19,475(土6:55) (先週追えた最後値19,150 +325先週比+1.70%)
NYダウ 20,837.44(月終値)→21,005.71(先週金曜20,821.76 +183.95 先週比+0.88%) 


週間主なニュース
以下海外ニュースは国を表記それ以外は日本国ニュース

産業技術総合研究所
人工知能とロボットを駆使したコンビニエンスストア向けのシステムを開発する
AIが購買履歴から売れ筋商品を発注して管理し
商品の補充や陳列棚への配置などの作業をロボットが担う
コンビニ業界の人手不足の解消に

3メガバンクが2016年の大型事業向け融資で世界のトップ3を独占
マイナス金利の活路に
欧州勢が下落
しかし、3メガとも事業融資の金額が増えていない
上昇の要因はマイナス金利政策による「海外に頼らざるを得ない」という構図
17年以降は邦銀の事業融資が再び拡大に向かう可能性も
原油相場が1バレル50ドルを回復
50前半~60台を推移すればプロジェクトが出てくるとの話も


メキシコ株
持ち直し
米国の景気刺激策に期待した世界的な株高が波及
物価高や対米関係の懸念あり


EU離脱
英国に支払いを求める巨額の離婚費を巡ってEU側で強硬論が目立ってきた
EUの執行機関である欧州委員会
最大で600億ユーロ(約7兆1千億円)程度を英国に請求する方針
英国が支払いを保証しなければ通商交渉などには応じない強硬姿勢を示す
英国側からは反発の声も上がっており
3月にも始まる離脱交渉の先行きに暗雲

中国
【訪問関連】
外交担当トップ
楊潔篪国務委員
27日米国を訪問
北朝鮮の核・ミサイル開発など外交上の懸案に加え
通商問題でも米中両国の摩擦が予想されるなか
トランプ米大統領が28日に初めて議会演説に臨むのを前に中国側の立場を改めて説明

サウジアラビア
サウジアラムコ
マレーシア国営石油会社ペトロナス
同国南部ジョホール州で計画する原油製品などの生産設備の開発に70億ドル(約7850億円)を投資



厚労省
飲食店や職場に既に設置されている喫煙室は規制強化後も5年間使用を認める方針
喫煙室はたばこを吸うためだけの専用室
新設以外でも一定の基準を満たす既存の喫煙室を認めることでサービス業界の負担を軽減する

パソコンに使うメモリー価格の上昇が続いている
DRAMの2月の大口向け1年7カ月ぶり
NAND型フラッシュメモリーも3年ぶりの高値
中国のスマートフォンメーカーの新製品投入をにらみ
メモリー各社がスマホ向け生産を優先しパソコン用の供給が絞られているため
新モデルパソコンの製品価格にもメモリーの上昇がじわり波及している

アンチモニー
合成樹脂に添加して燃えにくくするアンチモニーの国際価格が上昇
1トン8400ドル前後1年8カ月ぶりに8000ドルに乗せ
直近安値の昨年12月からの上げ幅は15%

異形棒鋼
マンションの鉄筋に使う異形棒鋼
3月契約分の販売価格を1トンあたり2千円(4%弱)引き上げると発表
値上げは4カ月連続
世界的に原料の鉄スクラップなどの原料高が要因(共英製鋼)

国産針葉樹合板
農林水産省
住宅の壁や床に使う国産針葉樹合板の在庫が減少
1月末時点の在庫は前月比8%減
木造住宅向けの引き合いが強かったうえ工場の稼働日数が少なかった


車8社の1月輸出台数
10カ月ぶり減
海外生産比率高まる


米国
イーロン・マスク氏
米テスラ
スペースXを経営する同氏がトランプ米政権への接近を続ける
宇宙開発推進など事業に追い風となる政策を引き出しつつ
リスクとなる再生エネルギーに後ろ向きな方針には影響が最小限となるよう働きかけている

ビットコイン
価格(ドル建て)が年初の急落から一転して過去最高値を更新
米国でビットコインのETFが初めて認可されるかもしれないとの思惑から急速に値上がり
(その後以下ニュース流れる
ビットコインの価値が初めて金1オンスの価格を上回る
ビットコインは2日に1268ドル(約14万5000円)を付けた一方、金1トロイオンスの価格は1233ドル)


ドローン墜落で初のけが人
ドローンが墜落しぶつかった作業員がけがをした
国がトラブルの連絡を求めるようになった2015年12月以降、墜落など約50件のトラブルが報告されている
人身事故は初めて

インドネシア
通貨ルピアが対ドルで上値が重くなっている
中央銀行がルピア上昇を警戒しているとの見方が市場で広がってきたため
経済や財政の改善期待が高まり
大手格付け会社が2月に同国の格付け見通しを引き上げたばかり
※インドネシアの2016年のインフレ率は2~4%台
2015年は7%台に達したこともあっただけに大幅な低下
16年の断続的な利上げを可能にし経済を下支えしていた


米国国防費
6兆円増へ
各・国境防備を増強へ

米国
ロス商務長官
米上院承認
通商政策の主導役を担う予定
まずNAFTAの再交渉へ

日本
小売業販売額
17年1月
前年同月比1.0%増
原油価格の持ち直しで燃料小売業の販売が伸びた

6753 シャープ
2018年度中を目指してきた東証1部への復帰時期を前倒ししたいとの意向を示した

経済産業省
1月鉱工業生産指数速報値
前月に比べ0.8%低下
前月の水準を下回るのは6月ぶり
モデルチェンジに伴う増産が一段落し
自動車の生産が3カ月ぶりに減ったことが響いた
12月に伸びた化粧品関連や機械も、反動減で前月の水準を割り込んだ

2678 アスクル
埼玉県三芳町
物流倉庫で発生した火災で損害を受けた建物や在庫など資産の額が最大で121億円になると発表
倉庫の建物やソフトウエア、商品在庫などの帳簿価格の合計額にあたる
火災保険や運送保険から保険金が支払われた場合
損失額は最大で46億円程度減る見通し
2017年5月期連結業績への影響は判明し次第公表

電子マネー
利用が右肩上がりで伸びている
(日銀統計)
2016年1~12月の累計の決済金額は初めて5兆円の大台を突破
07年の調査開始以降増え続けており日本の電子マネーの決済金額は主要国の平均を大きく上回る



建設機械出荷額
17年1月
前年同月比6.7%増
3カ月連続のプラス
国内外でともに前年実績を超え

政府
地方での先端分野への投資を支援する地域未来投資促進法案を閣議決定
税制優遇や規制緩和などを通じ
人工知能やIoT技術などに、地域の中核企業が投資するのを後押しする


国交省
新設住宅着工戸数
2017年1月
前年同月比12.8%増
プラスは7カ月連続
2020年の東京五輪・パラリンピックの選手村として使う住宅の建設が始まり
総戸数を押し上げた

国内主要自動車メーカー8社
自動ブレーキとブレーキ・アクセルの踏み間違いによる急発進の防止装置について
2020年までにほぼ全ての新車に装備が可能になるとの見通し
高齢者が運転する車の事故の続発を受け、国交省が対策を要請していた
同省によると
15年に国内で生産された車の自動ブレーキ搭載率(オプションを含む)は約45%
急発進防止装置(同)は約36%にとどまっている

段ボール古紙
輸出価格が過去最高
3月積み入札平均落札価格は
前月に比べ8%高
有力輸入国である中国の段ボール需要増と円安が影響した
ドル建ても1トン264ドルと2008年3月以来の高値
中国の段ボール原紙需要はインターネット通販の拡大で伸びており、古紙の引き合いは強い

生コンクリート出荷量
17年1月
前年比3%増
前年実績を上回るのは2カ月ぶり
首都圏でオフィスビルなどの工事に動きが出てきたとの話


日本メーカー電子部品の世界出荷額
16年12月
前年同月比4.7%増
前年実績を上回るのは15年11月以来13カ月ぶり
中国メーカーや米アップルのスマートフォン向けが堅調だったのに加えて
為替相場が円安・ドル高で推移したことでプラスに転じた
アップルがiPhone6sの減産に踏み切ってからマイナス成長が続いてきた
過度なアップル依存を避けるために開拓してきた中国スマホメーカーの
勢いが増したことがプラス成長の原動力
アップルの最新機種向けが堅調で円安・ドル高基調が続いたこともプラス成長を後押し


国内車生産台数
17年1月国内生産・輸出実績は乗用車にトラックやバスをあわせた
国内の四輪車生産が前年同月に比べ3.8%増
3カ月連続で前年実績を上回った
商用車の苦戦が響き輸出台数が減少に転じたが小型車の生産が好調で全体をけん引


食品・日用品
17年1月スーパーでの店頭販売価格
7割弱の52品目が前年同月に比べ下落
機能商品は上昇
節約志向は一段と強く

インド
2016年10~12月期のGDP成長率を発表
物価の影響を差し引いた実質で前年同期に比べ7%伸び
財務省は1月末公表の経済白書で
16年11月に実施した高額2紙幣廃止に伴う悪影響を加味すると
同年10月から今年3月までの2四半期の平均成長率は6.5~6.75%に沈む
統計局の公表値は白書と矛盾する結果

1月鉱工業生産
前月比0.8%減
工場設備などに使う機械の在庫調整が進む
経済産業省
設備機械など資本財の在庫指数は前月から4.7%低下
全体の在庫指数は横ばいだが
電気機械などの出荷が進み、在庫が圧縮
世界経済の回復で需要が伸び、在庫は今後も緩やかに減るとみられる

GPIF
運用する公的年金の2016年10~12月期の運用成績が
10兆円規模の黒字
プラスとなるのは2四半期連続
四半期ベースの運用益としては過去最高
トランプ米大統領の就任をにらんだ株高や円安による外貨建て資産の価格の上昇が背景

9064 ヤマトホールディングス
ヤマト運輸が宅配便の配達で昼の時間帯指定サービスの廃止を検討
荷物の増加と人手不足で配達員が昼食休憩を取りにくくなっているため
配達員の長時間労働の原因になっている夜の時間帯指定も廃止を含めて見直す
商品配送に宅配便を使う企業は多く、影響が出そうだ


財務省
2016年10~12月期
全産業(一部条件化で除く)設備投資
前年同期比3.8%増
2四半期ぶりに増加
新型車を増産した輸送用機械などがけん引
原油など資源価格の上昇で卸売業の採算が改善



日銀
金融政策の一環で実施している国債購入を一部減額
同日の国債買い入れオペ
「残存期間1年超5年以下」の購入額を従来の合計8200億円から7200億円に減
減額で需給を緩めて過度な金利低下を抑制し
日銀が目標に掲げる長期金利のゼロ%程度への誘導の実現につなげる狙い

米国
トランプ米大統領演説
施政方針演説
「米経済の再起動」を訴え
30年ぶりの税制改革と1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資を表明
財政主導で高成長を導く構えだが、減税規模など具体策は先送り
中間層へ巨額減税
本来ならルピアの買い需要が高まるはず
しかし先高観は形成されにくい



大手百貨店5社
17年2月
売上高5社中3社が増収
前年がうるう年だった影響で営業日が1日減ったが
バレンタインでにぎわった食料品や国内外の需要を取り込んだ化粧品が増
中国の旧正月にあたる春節が1月にずれたものの、インバウンド向け免税売り上げも増


新車総販売台数
17年2月
前年同月比7.4%増
各社の新型車の販売好調が寄与した

財務省
2016年10~12月期
設備投資は季節調整済みの前期比で3.5%増
3期ぶりに前期比で増加
自動車や化学で生産能力の増強投資があったため
内閣府が公表する10~12月期のGDP改定値に反映される
GDPは速報値より上ぶれする公算が大きくなった

中国
製造業購買担当者景気指数(PMI)
17年2月51.6
景気判断の節目となる50を7カ月連続で上回った
前月より0.3ポイント上昇
昨年11月以来の高水準
公共事業拡大で内需が堅調な上、輸出も回復したことが寄与


東南アジア諸国連合製造業
購買担当者景気指数(PMI)
17年2月
50.3と前月の50.0から改善
景気判断の節目となる50を2カ月連続で上回った
新興国通貨安でも新規輸出受注が低迷する一方
国内需要が持ち直している

NEDO
「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム」
2017年度から2年間
葛巻清吾プログラムディレクターのもと(任期2年)
自動走行システムの大規模実証実験を管理法人として推進
実証実験において技術開発や社会受容性の醸成を通じて自動走行システムの実用化を加速


人物
NEDO関連
葛巻清吾
トヨタ自動車で安全技術を担当する
CSTO(Chief Safety Technology Officer)補佐
SIP-adus発足時同氏はサブプログラムディレクターPDの故・渡邉浩之氏を支えた渡邉氏が入院中は代行としてSIP-adusをけん引

厚労省
五輪に向けた受動喫煙対策の新たな規制強化案を公表
飲食店は原則禁煙
例外として喫煙できるのは小規模なスナック、バーなどに限定
違反した喫煙者が行政指導に従わない場合
30万円以下の過料を科す
飲食業界のほか自民党内でも分煙を推進すべきだとの意見が根強く調整は難航する可能性

鉄鉱石
調達価格大幅に上昇
4~6月期前期に比べ約4割値上がり
約2年ぶりの高値
高炉各社は鋼材価格の引き上げを急ぐが
別の製鋼原料である原料炭は急落
中国の鉄鉱石需要の先行きも見通しにくく値上げ浸透は微妙


薄鋼板在庫
5カ月ぶりに増加
主要3品種(熱延、冷延、表面処理)
17年1月在庫は前月比2%増の
5カ月連続で適正とされる400万トンを下回っており流通市場では在庫不足

ベンゼン(合成樹脂や合成ゴムなどの基礎原料)
アジア向け大口価格が5カ月ぶりに下落
中国ではベンゼンを原料にするスチレンモノマーで余剰が発生メーカーがベンゼンの調達を抑えた

民泊
自民党
民泊を解禁するための住宅宿泊事業法案を了承
営業日数について年間180日を上限とし
自治体が条例で日数を制限できる
法案の見直し規定も施行後5年から3年に短縮
自民党を支持する旅館・ホテル業界に配慮


米国
ペンス米副大統領
イスラム圏7カ国からの入国制限の内容を修正した新たな大統領令
「数日以内に出てくる」との見通しを示す
「米国民の安全を確保するためできることをやるというトランプ大統領の決意は固い」

米国
米新車販売台数
17年2月
前年同月比1.1%減
多目的スポーツ車など「小型トラック」の好調を受けゼネラル・モーターズ(GM)が販売を伸ばした

NY株初の2万1000㌦超え
前日のトランプ大統領の演説が無難に終わったうえ
3/14~15のFOMCでの利上げ観測が強まり金融株が急伸

米国
米通商代表部
トランプ政権の通商政策報告書を議会に提出
WTO(世界貿易機関)の紛争解決手続きが不利益になる場合は「従うことはない」と表明
国際協議よりも国内法を優先すると強調


日本
携帯電話の契約数
16年12月時点
前年同月比4%増
スマートフォンの普及により1人で2台持つ人が増えているほか
高齢者への普及も進み、右肩上がりの成長が続いている

アルミニウム価格
上昇
17/2/1には一時年初から16%高く
米国や中国で需要拡大の観測が高まった
海外高を受け、国内の地金卸値も上昇
トランプ米大統領が現地時間28日に行われた米議会の演説で
約1兆ドルのインフラ投資を行うと発表
米国で建材向けなどのアルミ消費が増えるとの思惑が膨らんだ



塩化ビニール樹脂
輸出価格
2カ月連続で上昇
国内大手の3月積み契約価格前月比4~7%高
インドを中心に需要が好調な一方、中国の塩ビメーカーの稼働が振るわず供給が細っている

首都圏居住用賃貸物件成約数
17年1月
前年同月比2.7%減
減少は11カ月連続
東京23区の減少が続いている
「賃料が高い23区から需要が移っている」との話

ランサムウエア
被害報告件数
16年
前年の3倍以上増
過去最多を記録
要求に屈して金銭を支払ってしまう企業が多く
味をしめた犯行者が新たな犯行に走る悪循環に陥っている

ランサムウェア
関連銘柄
3393スターティア
3040ソリトンシス
3857ラック
3692FFRI
3927アークン
4288アズジェント
4704トレンドマイクロ
4709インフォメーション・ディベロプメント


フランス
4~5月フランス大統領選
中道系の独立候補マクロン元経済産業デジタル相政権公約を発表
外交・安全保障で親EUを鮮明に
経済では財政規律を守りつつ成長を追求する姿勢を表明
EU離脱や財政拡大というポピュリズム的な政策を掲げ
支持を集める極右の国民戦線(FN)との差別化を意識した内容

ユーロ圏消費者物価指数
前年同月比2.0%上昇
伸び率は原油価格の持ち直しなどで前月の1.8%から拡大

世界株価
トランプ米大統領の演説を受けて米国株は過去最高値を更新
日経平均株価も2日年初の高値に接近
新興国株にも資金が還流し世界の株式時価総額は過去最大まであと一歩


総務省
17年1月
完全失業率3.0%
前月から0.1ポイント改善
改善は横ばいをはさんで4カ月ぶり
有効求人倍率1.43倍と前月と同じ
雇用情勢は1990年代半ば並みの水準でサービス業を中心に人手不足が深刻

米国
「スナップチャット」運営米スナップ2日米ニューヨーク証券取引所に上場
終値は前日決まった公募・売り出し価格の17ドルと比べ7.48ドル(44%)高い24.48ドル

フランス
EU欧州議会フランス大統領選に出馬する
極右国民戦線のルペン党首の欧州議員としての不逮捕などの免責特権を停止
対象はルペン氏が2015年に過激派組織「イスラム国」の残虐画像をツイッターに投稿した問題
仏捜査当局が残虐画像流布の容疑で調査

フランス
ランス大統領選に出馬する中道・右派候補フィヨン元首相
妻らが議員秘書の給与などとして不明朗な金銭を受給したとされる疑惑を巡り捜査当局
パリの夫妻自宅を家宅捜索

総務省
全国消費者物価指数
17年1月
値動きの激しい生鮮食品を除く総合指数が前年同月比で0.1%上昇99.6
1年1カ月ぶりに前年同月を上回る
原油価格の上昇によるガソリンの値上がりが主因
消費はさえない動きが続いており物価が一本調子で上がっていく気配は乏しい

以上で~す☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

からあげ

Author:からあげ
嫁ちゃんと音楽と投資好きです 『刃心 あせらない おかげさまで いいとうしはたいくつ』